ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

61:デフレは日銀のせい?

2009/11/25 (Wed) 00:41

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788





当ブログのランキング状況は→ こちらです

いつも、ありがとうございますm(_ _)m





すでに見られている方が多いと思われますが、
先日出演させて頂きましたチャンネル桜は以下のリンクにてご覧いただけます(三橋さんのブログからコピペです^^;):

---
◇ニコ動
 ★【経済討論第8弾!】民主党政権と経済問題(1/3) http://www.nicovideo.jp/watch/sm8873625
 ★【経済討論第8弾!】民主党政権と経済問題(2/3) http://www.nicovideo.jp/watch/sm8874213
 ★【経済討論第8弾!】民主党政権と経済問題(3/3) http://www.nicovideo.jp/watch/sm8879750
◇Youtube
 ★1/4【経済討論!】民主党政権と経済問題[桜H21/11/21] http://www.youtube.com/watch?v=VMMA0oA10Do
 ★2/4【経済討論!】民主党政権と経済問題[桜H21/11/21] http://www.youtube.com/watch?v=Kqbz5rhe7TI
 ★3/4【経済討論!】民主党政権と経済問題[桜H21/11/21] http://www.youtube.com/watch?v=zvJcV-n9R6M
 ★4/4【経済討論!】民主党政権と経済問題[桜H21/11/21] http://www.youtube.com/watch?v=h1mwo8SBbac

 Youtube版は二時間目まで。ニコ動は全部掲載されています。
---

自分でしゃべっているのを見てみますと…

それにしても私、えらいしゃべるのがゆっくり過ぎまして、すみませんです。

焦って聞き取れないくらい速口になってしまわないようにと、意識してゆっくり目にしゃべろうと思ってたら、ゆっくり過ぎました…^^;


#ちなみに、交通費はアシ出ていますし、移動には往復6時間以上かかってます。なんか、ニコ動ではえっらいどぎついコメントを書かれている方がいらっしゃいますが、その辺りの事情を斟酌していただけると大変ありがたいところであります。


#一方、今回の放送のお陰さまで「国債を刷れ!」のアマゾンの順位が久方ぶりに一瞬ですが300位台にまで上昇していました。お買い上げ頂きました皆様、まことにありがとうございますm(_ _)m





こないだ、政府が

デフレ宣言

しましたが…


デフレは日銀のせいでしょうか?

つまり、

日銀はマネー供給を怠っているや否や?

(指数)


出典:内閣府、日銀、IMF


(金額)






97年以前であれば、政府支出が伸びに対して、日銀のベースマネー(日銀の負債)や日銀の保有国債残高(日銀の資産)の伸びが劣っています。



つまり、97年以前については、

日銀はマネー供給を怠っている

という批判があれば、否定はできないでしょう。



逆に、

97年以降であれば、日銀のベースマネー(日銀の負債)や日銀の保有国債残高(日銀の資産)が爆発的(?)に伸びているのに対し、政府支出が全く伸びていません。

つまり、97年以降については、

日銀はマネー供給を怠っている

という批判は的外れです。


政府が支出を伸ばさないということは、需要が増えないということです。

日銀はマネーを供給しました。97年から05年にかけて、わずか8年の間にベースマネーは倍近く増えました。そして、金利は極めて低かったのです。

それでも、消費者物価指数は横ばいです。






金利も低く、そして、

04年後半から08年前半にかけては、銀行の貸し出し態度が良かったにもかかわらず、企業の借入れは伸びませんでした。


・金利が低く、銀行の貸し出し態度が良くても企業の借入れは伸びない

そんな中で、日銀だけがどれだけ頑張ってベースマネーを増やし、国債の買い入れを増やしてもインフレになんてなりっこありません。


足りないのは需要です。

需要とは

民間消費+民間投資+政府支出+純輸出

ですから、これらを伸ばさん限りはどげんしようもなかとです。

そして、常に能動的に伸ばせるのは政府支出のみです。



以前も

【恐れず増やそう政府支出![1]】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/22343111.html

で見ましたように、


政府支出が伸びれば、

名目GDPは素直に伸び、

実質もそれなりに伸びます

(名目=需要が伸びれば、それに追随して企業等が頑張って供給を増やします。そんな状況ならば供給を増やせば確実に儲かるのですから!だからこそ、実質GDPも伸びるのです)






ついでに、政府支出が伸びれば、インフレ率も伸びます。需要が増えるのだからそりゃそうです。






さて、

日本の預金総額+現金は約1200兆円でGDPは約500兆円です。

米国の預金総額+現金も約1200兆円ですが、GDPは約1400兆円です。


日本のお金の量は、GDP規模が3倍近い米国と同じくらいあるわけですから、
お金が足りないというのでは決してありません!

「足りないのはマネーではなくて、需要!!! 需要が足りないから、お金が動かないんだー!!!!!」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 1ドル=84円
≫次の記事 意外と大きいアメリカの輸出

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。