ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

610:#TPP 「共和党議員団がTPA前の合意認めず」⇔「TPP協議『頂上が見えてきた』」:2つの矛盾する見出しの産経記事から導き出せる仮説→「TPP、終了(?)」

2014/07/22 (Tue) 13:44
政治ブログランキング、いつもクリックありがとうございます! 

 
人気ブログランキングへ





今回は更新の予定がなかったのですが、TPPに関して、産経で興味深い記事が出ていたので、おもむろに更新することとしました。

#なお、前回コメントを頂きました皆様、ありがとうございます!!!



-----

TPP協議「頂上が見えてきた」 進展には不透明感も
2014.7.16 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140716/fnc14071619050012-n1.htm


【ワシントン=小雲規生】環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の日米協議で、訪米中の大江博首席交渉官代理は15日の記者会見で「霧が晴れてきて、頂上が見えてきた」と述べ、日米の相互理解が進んでいるとの見方を示した。ただし、日米間の溝が大きい分野が残されていることも事実で、協議の進展に不透明感も残されている。

・・・

-----


いろいろ難しい課題も残っているが、

頂上が見えてきた、と。

さて、その頂上から見える絶景とはいかなるものでしょうか?

アメリカ共和党議員団がそれはもう、なかなかの「絶景」を見せて下さりそうな気配です:


-----

米下院歳入委員会 共和党議員団がTPA前の合意認めず TPP交渉で
2014.7.18 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140718/fnc14071810580004-n1.htm

【ワシントン=小雲規生】米国の通商交渉に強い影響力を持つ下院歳入委員会の共和党議員全23人は17日、米通商代表部(USTR)のフロマン代表に対し、通商交渉に際して大統領に強い権限を与える「貿易促進権限(TPA)」法の成立前に環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)についていかなる合意もしないよう要望した。

 議員団はフロマン代表あての書簡で、TPAは交渉相手に対して米国が一枚岩であることを示すものだとして、「TPAがなければ、米政府は強い立場をとれない」と主張。またオバマ大統領が6月にTPA法案成立のめどがないまま、11月までの合意を目指す方針を示唆したことを批判し、TPA成立前に他の交渉国と合意に至った場合は、合意が原則に絞った限定的なものであったとしても、「TPPを支持しない」としている。

 1月に上下両院に提出されたTPA法案は、大統領に他国と関税削減交渉を行う権限を与えるなどする一方、議会が交渉中の協定文書案に対して要望を出せるなどの条項も盛り込まれている。TPA法案は民主党のリード院内総務が反対するなどして、審議が進まない状況が続いている。

-----

共和党はどちらかというとTPP推進、と思われます。
例えば、そもそもTPPをアジア太平洋地域の安全保障政策の一環として構想し始めたのは、民主党オバマ政権ではなく、共和党ブッシュ政権であったことにもそれが現れているようにも、思えます。


その共和党が多数を握る下院の、貿易交渉を担当する歳入委員会の議員らが、

-----
オバマ大統領が6月にTPA法案成立のめどがないまま、11月までの合意を目指す方針を示唆したことを批判し、TPA成立前に他の交渉国と合意に至った場合は、合意が原則に絞った限定的なものであったとしても、「TPPを支持しない」
-----

としているわけです。

ここで興味深いのは、
どうやらオバマ大統領は、そもそも共和党によって発案されたTPPを、共和党が望むような形では、進めていないようだ
という点にあります。

次の中間選挙(今年の11月、ちょうどオバマさんがそれまでにTPP合意したいとしている時期に行われる上下院の選挙)で、共和党が下院のみならず、仮に上院でも過半数を取れば、TPAが成立し、TPPがそのTPAで定められた方針に沿って再交渉される、という運びになるかもしれません。
というのは、再交渉させるつもりがなければ、下院歳入委員会の共和党議員らが、TPA成立前のTPPの交渉妥結などするな、とクレームを入れることは、無さそうに思えるからです。

共和党が上下院ともに過半数を取った場合には、共和党の望む形のTPPとは違う形でTPPを進めて来たオバマ大統領がどのような行動を取るか、非常に興味深いところです。
そのオバマ大統領の任期は2017年初まで続きます。

また、そのような再交渉となった場合、「ちゃぶ台」をひっくり返される形になるであろう、日本を始めとする米国以外のほかの10か国がどのような反応をするか、という点も興味深いところです。


そうなると、安倍政権としては、TPP交渉を抜けるのによい口実ができることになるでしょう(もし、その意思があれば、ですが)。

「いままでの合意事項を一旦チャラにするってんなら、次の選挙勝てませんので、勘弁して下さいな。ワシらが政権を
失ったら、お宅ら(共和党の皆さん)もやりにくいんとちゃいまっか?」

安倍首相の本音がどこにあるか、私には知る由もありません(そもそも会ったこともない人物の本心など分かるはずもありません)が、いまのところ、上記のようなアメリカの情勢を踏まえると、「好ましい」方向に進んでいるように見えないこともありません。

-----
【THE改造】
「論功行賞」の意味変化 実績あげた実力者は当確?
2014.7.21 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140721/plc14072114220008-n1.htm



「日本は今、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉で最大限の譲歩をしている。だから難しいことを言わず、共同で前進しましょうよ」

 訪米した自民党の西川公也TPP対策委員長は15日(日本時間16日)、ワシントンで米通商代表部(USTR)のフロマン代表と会談し、難航する日米間の関税交渉で米側の譲歩を促した。

 閣僚のフロマン氏が日本の政党関係者と会談するのは異例。しかも激務の中で1時間近い時間を割いた。自民党幹部は「西川氏が政府内で重用されると踏んだからだ」と分析した。


-----

この交渉、あるいは、駆け引きにおいて、安倍政権、あるいは自民党が頑張れば頑張るほど、共和党にとって好ましくないTPPになってゆき、次の中間選挙で共和党が上下院ともに過半数を取った場合において、TPPは「ドツボ」にハマって行くような格好になってゆくように思われます。

また、上院の選挙情勢はいまのところ、共和党と民主党がどちらが過半数を取るか、ちょうど拮抗している状態ですが、仮に民主党が辛うじて過半数を維持した場合は、それはそれで従来通り、上院民主党がTPPの成立を遠のかせるものと思われます。


というわけで、いまのところ

「霧が晴れ、頂上が見えてきた」TPP交渉における、その頂上から見える景色は「TPPの消滅」

という具合になるのかな、と思う今日この頃であります。

ただしTPPが消滅するとなると、それは昨年9月の「シリア攻撃未遂事件」と並ぶ、アメリカによる覇権の終焉の明確なサインとなってしまうかも知れません。
そうなれば、日本の政治経済情勢はますます混沌とした状態になるやも知れません。





 それはそれで、

 歴史的大イベントを

 リアルタイムで目撃できる

 ということになるから、

 それはそれで一興か?



と思われた方は、下のリンクのクリックをお願い致します。

 人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 

YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087





関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(3)トラックバック(0)|

≪前の記事 日本の経常赤字化に備えよう!+新著「日本経済のミステリーは心理学で解ける」は8月19日発売予定です
≫次の記事 二つの経済学的「原子爆弾」――「国の借金」に対する過度の恐怖+富を失うことに対する過度の恐怖(=強欲)――を安全に解体するための処方箋: 8月に新しい著書を刊行予定です

コメント

1380:軸足の問題

 オバマ氏は軍事よりもる経済で自国を立て直そうとしていてる。アメリカ政府に置いてTPPと軍事力は水平に存在しているのだと思う。時の政権がどちらに軸足を置いているかで進み方が変わって来るのだ。
 こう考えると安倍自民党はオバマ氏と妥結する気はないのではないか。(実は私はこの考えを、去年の内から他のブロガーや新聞に投稿してきた。)
 安倍は共和党ネオコン中心と妥結して、解釈改憲から軍事力拡大で恩を売りたい、と考えているのではないかと思っている。
 オバマ氏は戦争よりもTPPなどの経済力だけで進展させたがっているので、安倍自由党とは反りが合わないのだと思う。3年後ヒラリーが大統領になったら、このTPPは今よりは進み妥結する可能性もある。ブッシュ弟がなれば一気に進展するだろう。

2014/07/22 19:46 | 武尊43 #mWyI0ZzU URL [ 編集 ]
1383:

ご無沙汰してます。お元気ですか?暑いですね~。
体調を崩して療養中に廣宮さんの本を読んでいます。
経済の事を語りながらも希望や明るい未来のビジョンを描いて下さっているので癒されます。数字には弱い私ですがとても勉強になるので少しずつ読んでいます。
これからも応援しています!お体お大事に。

☆いつもコメントするのですがエラーメッセージが出たりコメントできない時があるのでちょっと困っています。何か問題があるのでしょうか?

2014/08/11 23:29 | おれんじ #- URL [ 編集 ]
1385:Re: タイトルなし

おれんじさん、こんにちは。

> ご無沙汰してます。お元気ですか?暑いですね~。

ご無沙汰しております。実を申しますと、こないだまた軽い熱中症のようなアレになってしまい、体力が落ちてしまったので、部屋を涼しくして軽い運動をぼちぼちしながら体力を回復させている途上という具合であります。

> 体調を崩して療養中に廣宮さんの本を読んでいます。

なんと。お体、お大事にしてください!

> 経済の事を語りながらも希望や明るい未来のビジョンを描いて下さっているので癒されます。数字には弱い私ですがとても勉強になるので少しずつ読んでいます。

恐れ入ります。
(ちなみに、今度の新しい本の後半は特にその色彩が強くなっております。第3章以降は数値グラフなども皆無であります。)

> これからも応援しています!お体お大事に。

ありがとうございます。

> ☆いつもコメントするのですがエラーメッセージが出たりコメントできない時があるのでちょっと困っています。何か問題があるのでしょうか?

ご不便をお掛けしており、申し訳ありません。
画面左の「最新コメント」の箇所をクリックして表示された状態でコメントを入れるとエラーがでるようです。
そのとき、URLの表示が
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-610.html#comment1383
のように、最後に「#comment1383」が付いています。この場合、コメントを入れようとするとエラーが出るようです。
各エントリーのタイトルをクリックし、URLが
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-610.html
のような状態になっている場合にのみ、コメントを書き込める状態になるようです…

2014/08/12 10:25 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。