ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

62:意外と大きいアメリカの輸出

2009/11/20 (Fri) 12:52

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788





当ブログのランキング状況は→ こちらです

いつも、ありがとうございますm(_ _)m





昨日はこっそりひそかに

チャンネル桜の収録に東京に日帰りで行ってまいりました。

(応援&お祝いコメントいただきまして、ありがとうございました^^)


せっかく「国債を刷れ!」を思いっきり前面に出して紹介して頂いたのですが、なかなかタイミングがつかめずに話したいことを話し切れず^^;

・例えば、失業者対策うんぬんのときに

 「政府の支出は努力ややる気を引き出すように工夫すべき」とか
 「権利には必ず義務が伴う」
 
 の話をできず…

まあ、初めての上に緊張しまくっていました割にはそれなりに話せたのではなかろうかという気もします。スタッフの皆さんが親切で丁寧でしたし、それに、三橋さんもご一緒でしたのでその点が心強かったです。はい^^



この番組の情報は↓こちらです

番組名:
「闘論!倒論!討論!2009 日本よ、今...」

放送予定日:
平成21年11月21日(土曜日)
20:00-23:00
日本文化チャンネル桜(スカパー!217チャンネル)
インターネット放送So-TV(http://www.so-tv.jp/)

さて、本題です。



これまで、

・世界経済の不安定要素の一つは、経常収支の不均衡

・日本の内需拡大は不均衡の是正に寄与する

・内需拡大は実は外需も拡大するので一石二鳥

という話を書いてきました。


が、

日本が内需を拡大したからと言って、アメリカの経常収支は改善しないのでは?

アメリカの経常赤字はあくまでもアメリカの自助努力でのみ改善するのでは?

という疑問をお持ちの方がいらしたので、


今日は、あまりかえりみられることのないアメリカの輸出について簡単に。

サービスは除き、財(つまり、物。製品、商品等)にのみ注目します。

以下、データの出典は全て
http://www.bea.gov/

まずは、地域別のアメリカの財の輸出

(金額)



(指数)





アメリカの輸出、つまり、

世界中でアメリカからの輸入が増える中、

日本のみ横ばい

という様子が伺えます。


そりゃそうですね。日本の名目GDP成長率は世界最低でしたので、輸入が伸びるわけないです。

逆に言えば、日本以外のように内需が伸びれば、アメリカの輸出も増えるということです。


あと、

アメリカの財の輸出全体も見ておきましょう





非農業に限っても伸びています。

つまり、アメリカの製造業は死に絶えたわけでも何でもないわけです。


なお、アメリカの2008年の財の輸出は

1.27兆ドル(1ドル=90円換算で114.3兆円)

陸続きのカナダとメキシコを除いても
0.86兆ドル(同77兆円)


日本の08年(暦年)の輸出が
77兆円

ですので、

絶対額で言えば意外にも

「日本を凌ぐ輸出大国」

ということになってしまったりします…


「【アメリカの問題は輸入が大き過ぎること、日本の問題は輸入が小さ過ぎること】ということか?」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 デフレは日銀のせい?
≫次の記事 「改革」はどこへ行った?

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。