ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

633:「国の借金」ゼロにして滅亡したカダフィ大佐に学ぶワンポイント・レッスンその2:「国の借金ゼロにしたら、あら不思議。国民生活が破綻しちゃったかも…」

2014/10/03 (Fri) 09:50
政治ブログランキング応援クリック、よろしくお願いします! 
  
人気ブログランキングへ

久方ぶりの50位以内復帰まで

あと少し!(現在、51位です)

(お陰様で、一歩一歩近づいております!)

50位に復帰しました!!!

本文をお読み頂く前に1クリック頂けると
幸いでありますm(_ _)m
※得点になるのは1日1クリックまで、です。ありがとうございます!





徳間書店刊 
「日本経済のミステリーは心理学で解ける」

hyoshi1408130001.jpg

「個人レベルから国レベルに至る“閉塞感”を打ち破るための共通原理」を、経済学、心理学、脳科学、生物学等から抽出:ぜひご一読頂きたい、味わいある一冊です!


・経済統計データだけでなく、心理学や脳科学や生理学の観点からも「国の借金」の分析を行っています――「国の借金」に対する恐怖をどうすれば乗り越えられるか?

・「日本の国の借金はもうダメだ」という考えと、「いや、日本の国の借金は大丈夫だ」という考えを両方とも正しいと仮定した上で、長期的に日本が安定的に繁栄を続けるための方策の試論を提示しています。他方が一方を「お前は間違っている!」として否定するのではなく、互いの考えを両方とも肯定し、調和的に解決を図ることを理想としています。

社会は多数の人間からなる組織・集団であり、一人の人間もまた70兆個もの細胞からなる巨大な組織・集団です。
それゆえ、マクロ経済や政治や軍事などの人間集団の仕組みと、一人の人間という「組織・集団」の仕組みのあいだには、多くの共通点や相似性があるはずです。

・「国の借金だけでなく民間の借金や金融資産も見るべき、国の借金だけでなく国の金融資産も見るべき」というようなマクロ経済におけるバランスシート思考が、実は一人の個人にも適用できる――例えば、「イライラしているときは必ずその正反対のイライラしたくない願望が同時に存在している」、「病気に対する恐怖があるときは必ずその正反対の病気が治って欲しいという願望が同時に存在している」といった具合に――というような、国レベルの大規模な人間集団からたった一人の個人にまで幅広く共通する基本原理について、学問領域の垣根を越えた幅広い、多角的な視点から提示しています。

全国の書店で好評発売中!



hyoshi1408130001.jpg

↑この本の目次項目一覧はこちら

↑この本の一部を無料公開中(「経済にそれほど関心はないが、スポーツや自己啓発などに関心がある」というような方に本書をPRするための資料です。周囲の方に本書をお勧めする際など、ご活用下さい)

↑この本についてゆるーく語り合う
フェイスブックのグループ
 「日本経済のミステリーは心理学でトロピカル」
 https://www.facebook.com/groups/1472415033007299/
 フェイスブックにアカウントをお持ちの方はふるって上記のグループにご参加して頂ければ、と思います(いまのところ、参加要請があれば「来る者拒まず」の方針でメンバーになって頂いております。※いまのところ、週一回ほど何か書いています^^

↑この本の「書評」を書いて下さっているブログの一覧はこちら


全国の書店で好評発売中です!

ネット書店でのご購入
アマゾン楽天ツタヤセブンヨドバシhonto






本題です↓



前回の続きです

前回は、「国の借金をゼロにしたら『為政者』が『犠牲者』になった」という空恐ろしいお話でしたが、

今回は、「国の借金をゼロにしたら国民生活も破綻した」というこれまた空恐ろしいお話です。


前回、リビアの「国の借金」(というか一般政府の負債、公的債務GDP比)が2007年にゼロになっていたというグラフをお見せしました:





そして、今回お見せしたいのは実質GDPのグラフです↓

リビア実質GDP


内戦→カダフィ政権崩壊のあった2011年の実質GDPは、2010年比でなんと40%も落ち込みました(IMF推計値で、ですが)。

アメリカの大恐慌は、1929年から1933年の4年間累計でマイナス26%(US Bureau of Economic Analysisデータから計算)ですから、リビア内戦では凄まじい国民経済、国民生活の「破綻」があったと言って良いでしょう。


ちなみに、アメリカの大恐慌もそれまでの10年間連続で連邦政府の財政収支が黒字で、連邦政府の借金も減り続けていた最中で起きていますし、1997年アジア通貨危機のときの韓国も財政黒字(というか韓国はその前後40年くらいほぼ連続して政府が黒字)、2008年破綻したアイスランドも直前まで4年連続で政府が黒字でした(拙著「『国の借金』アッと驚く新常識」参照)。


政府が黒字だからといって国民が幸せになるわけではありません。
というかむしろ不幸になる前触れですらあるかも知れません。その最も鮮烈な事例の一つとして、

国の借金ゼロ&政府による蓄財
→国民の不満増大
→内戦
→政権崩壊&実質成長率年間マイナス40%となったリビア

を加えたいと思います。



最近のリビアの情勢は…

―――――

「カダフィ政権崩壊時より悪い」、国外脱出のリビア在留外国人
http://www.afpbb.com/articles/-/3022160
AFPBB 2014年08月03日

【8月3日 AFP】リビアは内戦の悪循環に陥ろうとしており、状況はムアマル・カダフィ(Moamer Kadhafi)大佐の独裁政権が崩壊した2011年よりはるかに悪い──国外に退避したリビア在留外国人が2日、AFPに語った。

 ギリシャ人のパラスケビ・アシネウ(Paraskevi Athineou)さんは「カダフィ政権時代に(内戦を)経験したが、今の状況の方がずっと悪い」と述べた。「混乱が支配している無政府状態で、食料や燃料、水、電気の供給が長時間途絶えている」

 アシネウさんを含む186人はリビアの首都トリポリ(Tripoli)を脱出し、ギリシャ海軍のフリゲート艦サラミス(Salamis)で2日未明にギリシャのピレウス(Piraeus)港に到着。国籍別の内訳はギリシャ人77人、中国人78人、英国人10人、キプロス人12人、ベルギー人7人、アルバニア人1人、ロシア人1人だった。この中には中国の駐リビア大使を含む数人の外交官も含まれていた。

カダフィ政権の崩壊後、リビアの治安には一向に改善の兆しがみえない。新政権はカダフィ政権打倒に協力した民兵組織を抑える力がなく、増大するイスラム武装勢力の脅威に直面している。

(c)AFP

-----

この記事、個人的にはギリシャの軍艦が外国に派遣されて人助けしていたことに驚いてしまいましたが(日本には諸般の事情により、kがなかなか出来んかも)・・・


リビア国民が置かれている状況は、カダフィの弾圧があったときのほうが、まだマシだった」という惨状のようです。





以上、

カダフィ“大佐”に学ぶ、『国の借金』ワンポイント・レッスンその2

「国の借金をゼロにしても、国民は幸せになれない」


でした。








 国の借金をゼロにしても、

 誰も幸せになれないんじゃなかろうか?



と思われた方は、下のリンクのクリックをお願い致します。 

 人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 


YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087





関連記事
スポンサーサイト

国の借金コメント(8)トラックバック(0)|

≪前の記事 憲法で禁じられた“民間の貯金”…ドイツ基本法は政府財政赤字を厳しく禁じていますが、世界全体でこれをやると民間部門は財政黒字=貯金を禁じられることになります
≫次の記事 「国の借金」ゼロにして滅亡したカダフィ大佐に学ぶワンポイント・レッスンその1:「下水道管に隠れていたところを捕まり流れ玉に当たって死ぬ前に、もっと財政出動しておけば…」

コメント

1430:連日の更新お疲れ様です。

連日の更新お疲れ様です。一読者として嬉しい限りです。

本日のエントリーでリビアの2011年の実質GDPの推計値がガクンと下がっているのをお示しいただきましたが、これは物価がこの時だけかなり高くなったということなのでしょうか?

それにしましても政府の黒字って実は異常事態と言ってもよいのかもしれませんね。

2014/10/03 12:22 | くらえもん #- URL編集 ]
1431:Re: 連日の更新お疲れ様です。

> 連日の更新お疲れ様です。一読者として嬉しい限りです。

ありがとうございます。せっかく50位に入れそうですし、皆さんにクリックをお願いしている状況でありますので、何とか頑張って書かせて頂いておりました。(その影響で論文の締切がちょっとヤバいですが…)

> 本日のエントリーでリビアの2011年の実質GDPの推計値がガクンと下がっているのをお示しいただきましたが、これは物価がこの時だけかなり高くなったということなのでしょうか?

名目も下がっています。その影響で公的純債務のGDP比のマイナス(というか公的金融純資産)が跳ね上がっているような具合です。


> それにしましても政府の黒字って実は異常事態と言ってもよいのかもしれませんね。

経常収支が異常に大きい国(シンガポールなど)では「異常」ではありませんが、日本や米国のような経済超大国の政府が黒字になると、かなりヤバいと思ったほうが良いでしょうね!(日本ではバブル崩壊直前、米国では大恐慌やITバブル直前のような状況)

そう言えば、こないだ国の借金の恐怖関連で影の元型に絡めて興味深い内容を書かれていましたね。また機会を見つけて当ブログで紹介させて頂きたいと思います。(しかも、またもや拙著をご紹介頂いていて、ありがとうございます!)

2014/10/03 13:20 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
1432:Re:Re: 連日の更新お疲れ様です。

50位ランクインおめでとうございます!

>名目も下がっています。その影響で公的純債務のGDP比のマイナス(というか公的金融純資産)が跳ね上がっているような具合です。

名目GDPも下がっていたのですね。(公的債務GDP比のグラフは名目GDPでしたか。)
しかし、リビア政府はかなりのペースで蓄財していたのですね。公的純資産のうち外貨の占める割合がどれくらいなのかは気になるところですね。これが自国通貨をため込んでいるのだとしたら「何やってんだよ!!」って感じですが。

拙ブログをご覧いただき、こちらこそ誠にありがとうございます。廣宮さんには色々学ばせていただいておりますので、できるだけ多くの人に知っていただいたいと思いまして(^_^;)。
P.S.
現在、お勧めいただいた「分析心理学」を読み始めたところでございます。

2014/10/03 17:31 | くらえもん #- URL [ 編集 ]
1433:ご無沙汰しております。

50位以内復帰おめでとうございます!先ずは取り急ぎお祝いを述べさせて頂きます。

さて、世界の潮流として、完全に財政健全化が理想的な国家財政状態とみなされていますね。一つの国家の政府の借金が或る時点で『ゼロ』になったからといって、その状態が永続する訳でもなく、またいつか借金することになる訳ですから、喜ぶべき要素が殆ど無い様な気がします。

我が国の場合でも、財政健全化自体が目的化してしまっている感が有ります。しかも財政健全化とデフレ脱却(景気対策)とが両立出来る、と今の政権は言ってますが、そんなことが可能とはとても思えないのですが…デフレ脱却する為にはどう考えても財政出動が必須でしょうから、今の我が国の様なデフレ下で財政健全化なぞどう考えても無理でしょう。

2014/10/03 21:37 | 素浪人 #wUO664RY URL [ 編集 ]
1434:Re: Re:Re: 連日の更新お疲れ様です。

くらえもんさん

> 50位ランクインおめでとうございます!

ありがとうございます!

> しかし、リビア政府はかなりのペースで蓄財していたのですね。公的純資産のうち外貨の占める割合がどれくらいなのかは気になるところですね。これが自国通貨をため込んでいるのだとしたら「何やってんだよ!!」って感じですが。

欧米の銀行に隠していたようですので、ドルやユーロ、あるいは、金の地金とかでしょうかね。


>
> 拙ブログをご覧いただき、こちらこそ誠にありがとうございます。廣宮さんには色々学ばせていただいておりますので、できるだけ多くの人に知っていただいたいと思いまして(^_^;)。

こちらこそ、学ばせて頂いております。ありがとうございますm(_ _)m

> P.S.
> 現在、お勧めいただいた「分析心理学」を読み始めたところでございます。

おお、それはそれは^^。今後ともどうぞよろしくお願い致します♪

2014/10/04 10:29 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
1435:Re: ご無沙汰しております。

素浪人さん、お久しぶりです。

> 50位以内復帰おめでとうございます!先ずは取り急ぎお祝いを述べさせて頂きます。

ありがとうございます!

> さて、世界の潮流として、完全に財政健全化が理想的な国家財政状態とみなされていますね。一つの国家の政府の借金が或る時点で『ゼロ』になったからといって、その状態が永続する訳でもなく、またいつか借金することになる訳ですから、喜ぶべき要素が殆ど無い様な気がします。

本当にそうですね。経済学の教科書でもやはり「政府債務はいつかはゼロにすべき」という前提になっている感がありますが、それではビル・ゲイツ氏やバフェット氏や、ついでに孫正義氏のような大金持ち(金融純資産ベースでの大金持ち)は経済学の想定している世界では存在しないことになるのですが、そのことについてはあまり言われないのが摩訶不思議なところであります。

> 我が国の場合でも、財政健全化自体が目的化してしまっている感が有ります。しかも財政健全化とデフレ脱却(景気対策)とが両立出来る、と今の政権は言ってますが、そんなことが可能とはとても思えないのですが…デフレ脱却する為にはどう考えても財政出動が必須でしょうから、今の我が国の様なデフレ下で財政健全化なぞどう考えても無理でしょう。

日本の為政者や国民が、カダフィ大佐やリビア国民のような憂き目に遭わずに済むことを願うばかりでありますね…^^;

2014/10/04 10:33 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
1445:

現在45位と、地道に上がってますね。おめでとうございます。

カダフィ政権崩壊辺りのリビアの状況は、興味深い物だと思いました。
財政均衡主義に憑りつかれてる人達にとっては、不都合な事実でしょうなw

>リビア国民が置かれている状況は、「カダフィの弾圧があった
>ときのほうが、まだマシだった」という惨状のようです。
これも「春は来なかった」ってやつですな。

2014/10/11 11:12 | 白珠 #- URL [ 編集 ]
1446:Re: タイトルなし

白珠さん、

> 現在45位と、地道に上がってますね。おめでとうございます。

ありがとうございますm(_ _)m

> カダフィ政権崩壊辺りのリビアの状況は、興味深い物だと思いました。
> 財政均衡主義に憑りつかれてる人達にとっては、不都合な事実でしょうなw

そうかも知れませんね。ただ一方で、彼ら自身の身を守るためにもかなり耳よりな情報、でもあるかも知れません^^;

2014/10/11 11:28 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。