ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

634:憲法で禁じられた“民間の貯金”…ドイツ基本法は政府財政赤字を厳しく禁じていますが、世界全体でこれをやると民間部門は財政黒字=貯金を禁じられることになります

2014/10/04 (Sat) 18:03
政治ブログランキング応援クリック、よろしくお願いします! 
  
人気ブログランキングへ

↑お陰様をもちまして、

50位に復帰しました!!!

本文をお読み頂く前に1クリック頂けると
幸いでありますm(_ _)m
※得点になるのは1日1クリックまで、です。ありがとうございます!





徳間書店刊 
「日本経済のミステリーは心理学で解ける」

hyoshi1408130001.jpg

「個人レベルから国レベルに至る“閉塞感”を打ち破るための共通原理」を、経済学、心理学、脳科学、生物学等から抽出:ぜひご一読頂きたい、味わいある一冊です!


・経済統計データだけでなく、心理学や脳科学や生理学の観点からも「国の借金」の分析を行っています――「国の借金」に対する恐怖をどうすれば乗り越えられるか?

・「日本の国の借金はもうダメだ」という考えと、「いや、日本の国の借金は大丈夫だ」という考えを両方とも正しいと仮定した上で、長期的に日本が安定的に繁栄を続けるための方策の試論を提示しています。他方が一方を「お前は間違っている!」として否定するのではなく、互いの考えを両方とも肯定し、調和的に解決を図ることを理想としています。

社会は多数の人間からなる組織・集団であり、一人の人間もまた70兆個もの細胞からなる巨大な組織・集団です。
それゆえ、マクロ経済や政治や軍事などの人間集団の仕組みと、一人の人間という「組織・集団」の仕組みのあいだには、多くの共通点や相似性があるはずです。

・「国の借金だけでなく民間の借金や金融資産も見るべき、国の借金だけでなく国の金融資産も見るべき」というようなマクロ経済におけるバランスシート思考が、実は一人の個人にも適用できる――例えば、「イライラしているときは必ずその正反対のイライラしたくない願望が同時に存在している」、「病気に対する恐怖があるときは必ずその正反対の病気が治って欲しいという願望が同時に存在している」といった具合に――というような、国レベルの大規模な人間集団からたった一人の個人にまで幅広く共通する基本原理について、学問領域の垣根を越えた幅広い、多角的な視点から提示しています。

全国の書店で好評発売中!



hyoshi1408130001.jpg

↑この本の目次項目一覧はこちら

↑この本の一部を無料公開中(「経済にそれほど関心はないが、スポーツや自己啓発などに関心がある」というような方に本書をPRするための資料です。周囲の方に本書をお勧めする際など、ご活用下さい)

↑この本についてゆるーく語り合う
フェイスブックのグループ
 「日本経済のミステリーは心理学でトロピカル」
 https://www.facebook.com/groups/1472415033007299/
 フェイスブックにアカウントをお持ちの方はふるって上記のグループにご参加して頂ければ、と思います(いまのところ、参加要請があれば「来る者拒まず」の方針でメンバーになって頂いております。※いまのところ、週一回ほど何か書いています^^

↑この本の「書評」を書いて下さっているブログの一覧はこちら


全国の書店で好評発売中です!

ネット書店でのご購入
アマゾン楽天ツタヤセブンヨドバシhonto






本題です↓


ユーロ圏諸国民、特にPIIGSと言われた諸国の国民は、もっと十分に貧乏になるまで、より一層貧乏になることを強制されそうです。

-----

独首相:ユーロ圏は財政規律の順守を、信頼が揺らいでいる
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NCVHEG6JTSET01.html

10月3日(ブルームバーグ):ドイツのメルケル首相は欧州への信頼が揺らいでいるとして、ユーロ圏各国政府に対し、債務・財政赤字の規制順守を引き続き強く求めていくと述べた。

 メルケル首相は3日、ハノーバーで行われた1990年のドイツ再統一の記念式典で、「何度も同じことを要求すると、いくらか陳腐に聞こえることは分かっている」と述べた上で、「それでも私はひるまない。なぜなら、ドイツの行動はどれほど真剣に規律を考えているかを物語っているからだ。この姿勢を他国も経済的、政治的に深刻に受け止めることを望む」と続けた。

 フランスの今年の財政赤字は5年ぶりに膨らむと予想されており、イタリアは今年の成長見通しを下方修正した。同国はリセッション(景気後退)に陥っており、構造的財政均衡の達成時期を1年先延ばしした。

 メルケル首相はEUの安定成長協定を含め、「欧州は自国に課した原則や合意を順守する必要がある」と述べた。

原題:Merkel Says She Won’t Let Up on Fiscal Discipline for EuroArea(抜粋)





ちなみに、

日本では憲法で「戦力の保持」を禁じられていますが、

ドイツでは基本法(憲法みたいなもの)で政府の財政赤字が原則禁じられております。

財務省「財政制度等審議会 財政制度分科会 海外調査出張報告(ドイツ)」平成26年4月28日によれば、

ドイツでは「連邦及び州の予算は、原則として公債収入なしに均衡させなければならない」ことが基本法第109条で規定されています。
一応、例外として「連邦予算においては、構造的な要因として、毎年、GDPの0.35%を超過しない範囲で公債発行が認められる」のですが毎年、GDPの0.35%を超過しない範囲というとてつもなく小さい財政赤字しか認められず、州政府に至っては「州予算においては、公債収入が認められない」というどえりゃー厳しいルールとなっています。



もし、これが全世界に及ぶとどうなるでしょう?

全世界で連結決算すれば

世界全体の政府の財政赤字=世界全体の政府以外(つまり民間)の財政黒字

あるいは、

世界全体の政府の借金=世界全体の政府以外(つまり民間)の貯金

になります。


誰かの支出は必ず他の誰かの収入になるし、誰かの負債は必ず他の誰かの資産になるからです。

(ちなみに、「誰かの負債は必ず他の誰かの資産」の私の原典は『国債を刷れ!』に書いた通り、ロバート・キヨサキ著『金持ち父さん、貧乏父さん』です)


つまり、

ドイツの基本法のようなルールが全世界で適用されれば、世界中の民間部門は貯金を禁じられることになります。

ということは、ビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏や、ついでに孫正義氏のような大金持ちは、金融純資産ベースでの貯金は憲法で原則的に禁止されるというような話になります(もちろん、マクロベースなので、政府以外の誰か奇特な人や企業がバンバン政府に成り代わって借金し続けてくれるなら、ビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏や、ついでに孫正義氏はこのまま貯金持ちであり続けられますが…)

まあ、全世界とまでは行かないまでも、EU圏の経常赤字国、PIIGS諸国(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)のような債務危機となったような国の国民は、大変でしょうね…。

このままドイツ政府が基本法を厳密に守って借金を増やさない、財政出動しないで、かつ、ドイツが経常黒字を続けるのなら、PIIGS諸国はこれからも経常赤字が続くでしょう。

ユーロ建ての借金は本来、経常黒字にして返さなければいけませんが、ドイツ政府が赤字を増やさず、経常黒字を続けるなら、PIIGS諸国はいつまでたっても経常赤字が続きかねません。

PIIGS諸国は通貨発行権がないので、その借金は、全部外貨建てか実質外貨のようなものである共通通貨建てとなるため、本来は経常黒字に持って行って返してしまう必要があります。しかし、ドイツが経常黒字なので、それもできません。経常赤字が続く間、PIIGS諸国の政府は赤字を減らさないといけないので、PIIGS諸国の民間はまったく貯金を増やせません。


 そして、PIIGS諸国が経常黒字になるためには、昔のような独自通貨のときなら、アジア通貨危機のときの韓国みたいに思いっきり通貨安に持って行って経常黒字を稼いで、それで借金を返して自由になれました。一時、かなり痛い目に遭いますが、短期間で回復することも可能でした。
 しかし、共通通貨の枠組みの中にいるので、一気に通貨安にして経常黒字化→借金返済、という道を選ぶことができません。
 共通通貨諸国における経常赤字国は、デフレが進んで人件費が他国と比べて相対的に十分に低くなり、競争力を回復し、そして経常黒字になって借金返済にこぎつけなければなりません。
 しかし、ドイツは政府が赤字を禁じられており、多分、民間も赤字は許容できない(ふつう、民間の赤字は長続きしないのは、日本のバブル崩壊やアメリカの大恐慌などで証明済み)ので黒字を維持するでしょうから、経常収支は黒字か最悪0で赤字にはなりません。

ということは、ユーロ圏以外の諸国に対して黒字になるまで、十分なデフレ進行=人件費の相対的な低下が必要です。

つまり、

PIIGS諸国民や最近はフランス人(ちなみに、フランスも経常赤字国)も、もっと十分に貧乏にならない限り、この借金地獄、経常赤字地獄から抜け出すことができない

という寸法です。


ロス・プリモス 『ラブユー貧乏』






あしたーからはー、おカネーなしでー、

生きてーゆくーのーねー


びんぼー、びんぼー

なみだーのびーんぼお~









 ドイツ人の皆さんは、

 世界全体の政府が

 憲法で財政赤字を禁じたとしたら、

 自分たちも

 『あしたーからはー、おカネーなしでー

  生きてーゆくーのーねー』

 になることを、分かっているのかしらん?



と思われた方は、下のリンクのクリックをお願い致します。 

 人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 


YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087




関連記事
スポンサーサイト

国の借金コメント(6)トラックバック(0)|

≪前の記事 OECD 世界で格差がとんでもなく拡大しているというレポート
≫次の記事 「国の借金」ゼロにして滅亡したカダフィ大佐に学ぶワンポイント・レッスンその2:「国の借金ゼロにしたら、あら不思議。国民生活が破綻しちゃったかも…」

コメント

1436:消費税増税ありきの日経・日銀・財務省

安倍政権のアベノミクスが黒田日銀総裁らの消費税増税以後他の要因も含め頓挫中です。

そんな状況、メディアの責任もより増すはずですが、日経という経済紙は別の意味で偏っています。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF04H0M_U4A001C1MM8000/

これでどう誘導したいのか?

経済紙の朝日と言われないでしょうか?

2014/10/05 10:06 | AG(Andoromeda Galaxy) #- URL [ 編集 ]
1437:日本の特別会計支出について…

廣宮さん…いつもありがとうございます!

廣宮さんに日本の特別会計について教えてほしいことがあります…

GDP=政府の支出+民間の投資+民間の消費+純輸出
ですよね…

現在の日本の一般会計の政府の支出が約100兆ですよね?

日本の特別会計って一年にどれくらいの額の支出があるんですかね?

日本の特別会計って政府の支出の計算に入るんですか?

特別会計の支出は、計算するときは…政府の支出になるんですか?それとも民間の投資になるんですか?それとも民間消費になるんですか?廣宮さん…よかったら教えてください…

よかったら特別会計支出は、どこの項目に入るのかと…最近のの政府の支出と民間投資と純輸出の額も教えてください…

廣宮さん…よろしくお願いいたします

2014/10/05 20:49 | 廣宮さん…応援しています(^^) #- URL [ 編集 ]
1438:

まあわかってないですよね
ドイツ人に限らず

2014/10/06 12:12 | asd #- URL [ 編集 ]
1439:Re: 消費税増税ありきの日経・日銀・財務省

AGさん、コメントありがとうございます。

> 安倍政権のアベノミクスが黒田日銀総裁らの消費税増税以後他の要因も含め頓挫中です。
> そんな状況、メディアの責任もより増すはずですが、日経という経済紙は別の意味で偏っています。
> http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF04H0M_U4A001C1MM8000/
> これでどう誘導したいのか?
> 経済紙の朝日と言われないでしょうか?

いろいろと、大人の事情があるのかな、と想像してしまいますね…^^;
ただ、世界的に経済政策は頓挫しているようにも思えます。根本的には、普遍的な「借金」に対する恐怖、「国の借金」に対する恐怖が原因なのではないかと私は考えています。
もし、日本国民全員が「国の借金、大丈夫だぜ!」と勘がいていれば、財務省がどうだろうと、緊縮財政ができる政治環境が整うことはないのではないかと思うのですが、それを説明する仮説として、私は「人間が普遍的に持っている借金に対する恐怖原因説」を採用しているような状況です。

2014/10/06 13:17 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
1440:Re: 日本の特別会計支出について…

「廣宮さん…応援しています(^^) 」さん、

> 廣宮さん…いつもありがとうございます!

ありがとうございますm(_ _)m

> 廣宮さんに日本の特別会計について教えてほしいことがあります…
>
> GDP=政府の支出+民間の投資+民間の消費+純輸出
> ですよね…
>
> 現在の日本の一般会計の政府の支出が約100兆ですよね?
>
> 日本の特別会計って一年にどれくらいの額の支出があるんですかね?
>
> 日本の特別会計って政府の支出の計算に入るんですか?

GDPの計算に入るのは「財やサービスの生産・消費」に関係する支出のみです。年金や補助金などの現金給付(移転支出と言います)はGDPに算入されません。


> 特別会計の支出は、計算するときは…政府の支出になるんですか?それとも民間の投資になるんですか?それとも民間消費になるんですか?廣宮さん…よかったら教えてください…

仮に、年金や補助金を受け取った個人や企業が消費や投資(=財やサービスの購入)にそのおカネを使ったら、GDPの足し算の中の民間部門の消費Cや投資Iに算入されることになります。

>
> よかったら特別会計支出は、どこの項目に入るのかと…最近のの政府の支出と民間投資と純輸出の額も教えてください…

特別会計についての詳細は
特別会計ガイドブック(平成25年版)
http://www.mof.go.jp/budget/topics/special_account/fy2013/

をご覧ください、ちなみに特別会計の金額は
平成25年度
特別会計 歳出総額386.6兆円 歳出純計学185.4兆円

という具合です。

内閣府の国民経済計算
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/files/2014/qe142_2/gdemenuja.html
を見ますと、民間投資や純輸出は昨年度の

民間住宅 民間企業設備 民間在庫品増加
15.8兆円 66.9兆円  -4.2兆円   
で合計78.5兆円

純輸出は
-15.9兆円
の貿易赤字となっています。

2014/10/06 13:25 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
1441:Re: タイトルなし

asdさん、コメントありがとうございます。

> まあわかってないですよね
> ドイツ人に限らず

人類は「政府の借金に対する恐怖」とうまく付き合えるだけの進化を遂げ切れていないのかも知れません。根気よくやるしかないようであります。

2014/10/06 13:27 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。