ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

637:祝、日本人3教授ノーベル物理学賞受賞――これを機会に、近年他国で伸びまくっているが日本ではちっとも伸びていない科学技術予算を、もっと目一杯増やそう!

2014/10/08 (Wed) 14:23
政治ブログランキング応援クリック、よろしくお願いします! 
  
人気ブログランキングへ


本文をお読み頂く前に1クリック頂けると
幸いでありますm(_ _)m
※得点になるのは1日1クリックまで、です。ありがとうございます!







私は、格差拡大、それによる社会の不安定化の根本的原因は、

①国の借金に対する恐怖

②富を失うことに対する恐怖(=強欲)

という二つの恐怖だと考えています。

①の恐怖によって、各国は格差拡大による社会不安の増大を防ぎ、将来の生産能力不足を防ぐための投資を行うことができなくなってしまいます。また、この恐怖により、財政政策よりも金融政策に依存しがちになり、それは
国連開発計画の報告書によれば、金融の不安定化とさらなる格差拡大につながってしまいます。つまり、国の借金に対する恐怖(過剰な恐怖)を克服しない限り、これからも格差拡大は止まらず、各国の社会の不安定、世界全体の不安定はますます拡大してしまうでしょう。

②の恐怖によって、富裕層がますます富裕層により有利なルールを作ろうとして、資金を投じて政治家を支援し、それによってますます格差が拡大し、不安定化してしまう可能性があります。そうなると本来はその富裕層の皆さんの身を危険にされすことになるのですが・・・(それを身をもって示してくれたのが故カダフィ大佐と言えます)

恐怖とは本来、危険を回避するための生物が備えている防衛本能であり、生命の保存、種の保存のための機能であり基本的機能です。
しかし、上記の私の説明のとおりであるとするならば、その危険回避のための本能である恐怖によって、人類社会の危険がどんどんと高まっていると考えることができるでしょう。

よって、
これからの世界の安定、日本の安定のために、極めて重要と思えるのが、
「恐怖とは何か?どのようなメカニズムのものなのか?」、
「恐怖とうまく付き合い、この厄介な本能的機能を使いこなすにはどうしたらよいか?」
という問題と言えるでしょう。


詳細は、拙著「日本経済のミステリーは心理学で解ける」をご覧下さい!

全国の書店で好評発売中です!
hyoshi1408130001.jpg

ネット書店でのご購入
アマゾン楽天ツタヤセブンヨドバシhonto

↑この本の目次項目一覧はこちら

↑この本の一部を
無料公開中(「経済にそれほど関心はないが、スポーツや自己啓発などに関心がある」というような方に本書をPRするための資料です。周囲の方に本書をお勧めする際など、ご活用下さい)

↑この本についてゆるーく語り合う
フェイスブックのグループ
 「日本経済のミステリーは心理学でトロピカル」
 https://www.facebook.com/groups/1472415033007299/
 フェイスブックにアカウントをお持ちの方はふるって上記のグループにご参加して頂ければ、と思います(いまのところ、参加要請があれば「来る者拒まず」の方針でメンバーになって頂いております。※いまのところ、週一回ほど何か書いています^^

↑この本の「書評」を書いて下さっているブログの一覧はこちら







本題です↓


表題の日本人3教授ノーベル物理学賞受賞の件です。

ちなみに、ニューヨークタイムズの見出し:

American and 2 Japanese Physicists Share Nobel for Work on LED Lights
一人のアメリカと二人の日本の物理学者、LEDの業績によりノーベル賞受賞

http://www.nytimes.com/2014/10/08/science/isamu-akasaki-hiroshi-amano-and-shuji-nakamura-awarded-the-nobel-prize-in-physics.html?ref=world&_r=0
By DENNIS OVERBYE, New York Times, OCT. 7, 2014 


―――
もう一つちなみにBBC

-----

Invention of blue LEDs wins physics Nobel
青色LEDの発明がノーベル物理学賞受賞

http://www.bbc.com/news/science-environment-29518521
By Jonathan Webb
Science reporter, BBC News, 7 October 2014 Last updated at 09:51

The 2014 Nobel Prize for physics has been awarded to a trio of scientists in Japan and the US for the invention of blue light emitting diodes (LEDs).
2014年のノーベル物理学賞受賞は、青色発光ダイオードを発明した日米の3人の科学者に授与された。

-----

というわけで、カルフォルニア大サンタバーバラ校の中村教授はアメリカ国籍なので、欧米のメディアでは完全にアメリカ人扱いのようです…。

-----

さて、日本のテレビではニュースやワイドショーのコメンテーターの皆さんが「いやあ、日本人として本当にうれしい。日本の技術は素晴らしい」とおっしゃっていました。
確かにおっしゃるとおりですが、できればもっと突っ込んで「これを機会に、他国でガンガン増えまくっている政府の科学技術予算を日本でももっと増やすようになると良いですね!」と言って頂ければなお一層「日本人としてうれしい」と思う今日この頃。



文部科学省の「平成26年版科学技術白書」の第2部第1章の第2-1-9表/科学技術関係予算の推移を見ると、一般会計+特別会計の合計の科学技術予算が平成21年から25年にかけて、増えていないどころかむしろ微妙に減っています。
なお、以前日本版DARPAというべきImPactの話を紹介しました。これはこれで大変素晴らしいことなのですが、予算規模は550億円に過ぎず、科学技術予算全体の3.6兆円に比べるとわずかな金額に過ぎません。問題はこの3.6兆円という総額がもっと増えないとまずいんじゃないかというお話です。



-----
また、2年前の文科省の審議会の答申

「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて~生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ~(答申)」平成24年8月28日 中央教育審議会


資料を見ても、欧米や中韓と比較して、日本の大学の予算規模が非常にお寒い増え方しかしていないことが分かります。

その
資料には例えば、

「高等教育への公財政支出の国際比較(1990年の水準を100とした値)」のグラフについているコメントとして、
○ 先進諸国では、この20年で、高等教育への投資を拡大。(韓国 約6倍、 フランス 約3倍)
○ 一方が 約 倍 、我が国は約1.4倍に留まる。


と書いていたり、


「主要国における大学の予算規模の推移」のグラフについているコメントとして、
○ 「我が国の大学は,予算規模(公財政とそれ以外の収入の合計)が増加しているにもかかわらず,国際的なランキングが低下している」との指摘があるが 主要国の大学は、我が国を上回るペースで予算規模を増加させ、教育研究の質の向上を進めている。
○ 我が国の大学は,公財政による収入が厳しい中で 自己努力を通じて 全体としての予算規模を確保し,教育研究環境を整備してい、教育研究環境を整備しているが、現行の水準で推移すれば、他国との差が広がり,国際的なレベルは相対的に低下する恐れ。


と書いていたりします。


-----

このままでは「技術立国日本」がかなりやばいんじゃないかと思います。


①国の借金とか財政赤字が増えること



②技術レベルで他国に徹底的に差を付けられること

のうち、本当に怖いのはどっちでしょうか?

このまま科学技術予算をケチっていると、上記のNYタイムズやBBCのニュースの中村教授の扱いのように、「日本人」が受賞したのに「(日本出身だけど)別の国の人が受賞」というニュースにしかならないことになりかねません…




 
 祝、日本人3教授ノーベル物理学賞受賞!

 これを機会に日本でも
 
 科学技術予算の

 大幅増額を!



と思われた方は、下のリンクのクリックをお願い致します。 

 人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 


YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087





関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(3)トラックバック(0)|

≪前の記事 日本成長率のIMF予想、先進国で最大の下方修正 ⇒但し、同じIMFレポートで今は「インフラ推進の適当な時期」、「 公共投資は、生産の要」、「公共インフラ投資は、正しく行われるならば元が取れる」とも
≫次の記事 「統治能力を高めること」=「徳を積むこと」

コメント

1442:

ノーベル賞はロビー活動の成果ニダ!

韓国人「日本がロビーするノーベル賞は本当に最高の賞でしょうか?韓国主導でオリエンタル賞を作るのはどうでしょうか?」 韓国の反応
http://kankokunohannou.org/blog-entry-994.html

2014/10/08 16:03 | ななし #- URL [ 編集 ]
1443:

ついに41位ですか!さらにランキング上位を期待してポチっとしときました(~o~)

廣宮さんの分かりやすい解説で攻撃性の薄いブログ、毎日楽しみに読んでおります。こいうい政治経済ブログで攻撃性の薄いのって意外と稀少ですから(笑)

2014/10/09 01:03 | リンクス #- URL [ 編集 ]
1444:Re: タイトルなし

リンクスさん

ありがとうございます!!!

> ついに41位ですか!さらにランキング上位を期待してポチっとしときました(~o~)
>
> 廣宮さんの分かりやすい解説で攻撃性の薄いブログ、毎日楽しみに読んでおります。こいうい政治経済ブログで攻撃性の薄いのって意外と稀少ですから(笑)

2014/10/09 10:06 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。