ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

640:スイスフラン暴騰:スイス中銀総裁、唐突にユーロ買いフラン売りの為替介入中止を発表→「ユーロはヤバいのでこれ以上買えましぇん」ということか?

2015/01/16 (Fri) 17:29
政治ブログランキング応援クリック、よろしくお願いします! 
  
人気ブログランキングへ


本文をお読み頂く前に1クリック頂けると
幸いでありますm(_ _)m
※得点になるのは1日1クリックまで、です。ありがとうございます!







私は、格差拡大、それによる社会の不安定化の根本的原因は、

①国の借金に対する恐怖

②富を失うことに対する恐怖(=強欲)

という二つの恐怖だと考えています。

①の恐怖によって、各国は格差拡大による社会不安の増大を防ぎ、将来の生産能力不足を防ぐための投資を行うことができなくなってしまいます。また、この恐怖により、財政政策よりも金融政策に依存しがちになり、それは
国連開発計画の報告書によれば、金融の不安定化とさらなる格差拡大につながってしまいます。つまり、国の借金に対する恐怖(過剰な恐怖)を克服しない限り、これからも格差拡大は止まらず、各国の社会の不安定、世界全体の不安定はますます拡大してしまうでしょう。

②の恐怖によって、富裕層がますます富裕層により有利なルールを作ろうとして、資金を投じて政治家を支援し、それによってますます格差が拡大し、不安定化してしまう可能性があります。そうなると本来はその富裕層の皆さんの身を危険にされすことになるのですが・・・(それを身をもって示してくれたのが故カダフィ大佐と言えます)

恐怖とは本来、危険を回避するための生物が備えている防衛本能であり、生命の保存、種の保存のための機能であり基本的機能です。
しかし、上記の私の説明のとおりであるとするならば、その危険回避のための本能である恐怖によって、人類社会の危険がどんどんと高まっていると考えることができるでしょう。

よって、
これからの世界の安定、日本の安定のために、極めて重要と思えるのが、
「恐怖とは何か?どのようなメカニズムのものなのか?」、
「恐怖とうまく付き合い、この厄介な本能的機能を使いこなすにはどうしたらよいか?」
という問題と言えるでしょう。


詳細は、拙著「日本経済のミステリーは心理学で解ける」をご覧下さい!

全国の書店で好評発売中です!
hyoshi1408130001.jpg

ネット書店でのご購入
アマゾン楽天ツタヤセブンヨドバシhonto

↑この本の目次項目一覧はこちら

↑この本の一部を
無料公開中(「経済にそれほど関心はないが、スポーツや自己啓発などに関心がある」というような方に本書をPRするための資料です。周囲の方に本書をお勧めする際など、ご活用下さい)

↑この本についてゆるーく語り合う
フェイスブックのグループ
 「日本経済のミステリーは心理学でトロピカル」
 https://www.facebook.com/groups/1472415033007299/
 フェイスブックにアカウントをお持ちの方はふるって上記のグループにご参加して頂ければ、と思います(いまのところ、参加要請があれば「来る者拒まず」の方針でメンバーになって頂いております。※いまのところ、週一回ほど何か書いています^^

↑この本の「書評」を書いて下さっているブログの一覧はこちら










1ヵ月半ぶりの更新です。

最近は情勢的にどうもブログ記事を書きにくくてあまり更新していませんでした…。


今後、治世に向かうか乱世に向かうか、と問われれば迷わず「乱世に向かう」と答えたくなる状況というのが当ブログで何度か書いている私の現状認識です(世界も日本も、です)。

それゆえに心理学的なものが致命的に重要になると思って上に紹介しました著書を執筆して出版に至った次第でありますので、私としてできる最低限のことはもうしてある、という状況であるとも認識しているところであります。

-----


と、前回とほぼ同じ前口上を述べつつ、

まあ、それはそれとして、本題です↓



表題の件、ブルームバーグの記事を引用します:

-----



スイス中銀、フラン高抑制・経済防衛の主要手段を放棄
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NI7R2H6KLVR801.html
ブルームバーグ 2015/01/16

(ブルームバーグ):スイス国立銀行(中央銀行)は15日、1ユーロ=1.20スイス・フランに設定していたフラン相場の上限を撤廃すると突然発表した。経済を守るための3年越しの政策を放棄した。

 中銀はまた、市中銀行が中銀に預ける要求払い預金の一定額を超える残高に適用する金利をマイナス0.75%と、昨年12月に発表したマイナス0.25%からマイナス幅を拡大させた。さらに、政策金利であるフラン建て3カ月物ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)誘導目標レンジもマイナス1.25%-マイナス0.25%に引き下げた。

 欧州中央銀行(ECB)が近く国債購入を開始すればフランの上限維持が立ち行かなくなる恐れがあり、スイス中銀は経済防衛の別の方法を模索している。同国最大の銀行UBSグループなどの株価は下落。腕時計メーカー、スウォッチ・グループの最高経営責任者(CEO)は輸出業者への打撃を懸念した。ヨルダン中銀総裁は、驚きの要素が必要だったと、突然の行動を擁護した。

 ドイツ銀行のエコノミスト、ジョージ・バックリー氏は「こんなストイックな中銀が、長く維持した政策をこれほど突然に撤回するとは驚きだ」と述べた。

 ブルームバーグ・ニュースが9-14日にエコノミスト22人を対象に実施した調査で、今年中のフラン上限撤廃を予想したエコノミストはいなかった。

 フランはユーロに対して一時41%上昇し、1ユーロ=0.8517フランの過去最高値を付けた。チューリヒ時間午後4時5分現在は1.03782フラン。対ドルは13%高の1ドル=0.8885フラン。

 ヨルダン総裁は15日チューリヒで記者団に「決定は市場を驚かせたが、ほかのやり方はできなかった」と述べた。フランの上限維持は「持続可能な政策ではないとの結論に達した」と説明した。

 ECBはちょうど1週間後の政策委員会で量的緩和(QE)などの政策を協議する。QEが導入されればフランの上昇圧力は強まる。

 スイス中銀は2011年9月にフランに上限を設けて以降、これを維持するため巨額の資金を費やしてきた。ヨルダン総裁はこの日、今後も介入する可能性はあると述べた。フランの過大評価は弱まったものの、相場は依然として高いと指摘し、水準を注視し続けると言明した。

 スイスは1970年代にもフラン高に悩まされたが、その際は外国人の資産に対してマイナス金利を課す政策を取った。しかし奏功せず、当時のドイツ通貨マルクに対しフラン相場の上限を設定した経緯がある。
(引用終わり)






で、この「スイスフランのユーロに対する為替レートの上限撤廃って何でんねん?」という話ですが、

簡単に言ってしまえば

「スイスの中央銀行は大規模な対ユーロ為替介入を、とりあえず止めます。今後、やることもあるかも知れまへんけどな」

ということになります。


リーマンショック以降、スイスは余りにも自国通貨が高くなり過ぎるのがイヤなので、スイスフランを刷りまくり、ユーロを買いまくっていたのを、今日この日からもうヤンピにしまんねん、というわけです。

つまり、「ユーロはもう買わない(`・ω・´)キリッ」と言うことかと思われます。

ブルームバーグの記事を見ると、今月22日にECBがユーロ圏の国債を買い入れる量的緩和に踏み切るかどうかを決める前に、ユーロ買うのを止めた、と言うことになろうかと思われます。

つまり、スイス国立銀行(SNB)の総裁さんは、オブラートに包みつつ「ユーロ、ヤバい。ワタシもうユーロ買わないアルよ」と言っているのではないかと私は個人的に翻訳している次第です。


スイス中央銀行のリーマンショック以降の大規模介入(スイスフランを刷りまくって外貨を買いまくる、つまり、スイスフラン安誘導の為替介入)の様子はこちら↓

capture_20150116_170107.png


項目名が英語のままなのは翻訳が面倒だったからです(すみませんm(_ _)m)

で、このグラフを見ると、

・リーマンショック以後、スイス中銀の金融資産の合計(Total)が急激に膨らんでいるのが分かります

・そのうち、一番大きいのは債券(Debt securies)で、そのうち外国で発行された長期債券(Debt securities Long-term securities Foreign issuers)が大半を占めています。

・現金預金(Currency and deposits)についても、外国のもの(Transferable deposits Abroad)がほとんど

・また金(Monetary gold)の保有もジワジワ増やしているのが興味深いところです。


そして、これらの金融資産の購入のための資金はというと、負債側の現金・預金(Currency and deposits)を増やすことによってなされています。グラフでは赤線で示しています。

この負債側の現金・預金の主力は当座預金となります。


というわけで、スイス中銀はリーマンショック以降、バンバンとスイスフランを刷りまくって外貨を買うという形の為替介入をやりまくっていた様子が分かります。

これは、当ブログで5年半前に書いた中国人民銀行の為替介入のやり方と瓜二つです。

で、今回、スイス中銀はユーロに関してこの「スイスフランを刷りまくってユーロを買いまくる」ことを止めることにした、ということを、「ラブストーリーは突然に」とばかり、「あのー日、あのーときー、あーのばーしょで」突然発表したわけですね。







 ユーロ、相当ヤバいのか?



と思われた方は、下のリンクのクリックをお願い致します。 

 人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 


YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087





関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(2)トラックバック(0)|

≪前の記事 阪神大震災20年――私が「震度7直撃」の体験から得たもの:強烈な孤独感への対処方獲得への道筋
≫次の記事 ムーディーズ、日本国債格下げしつつ「民間部門の黒字が依然として財政赤字を十分に賄える水準」で国債金利急上昇のリスクは低い、とお墨付き

コメント

1460:

1月も半ばですが、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

「あくまでラブコメ」という漫画があって、寺の跡取り娘である主人公はお化けが怖くて大の苦手なのですが、その主人公が、
「不思議だね。分かり合えたら怖くない。怖くないお化けもいるんだ。」と言う場面が出て来ます。
「恐怖」の話を聞いて、ふと、この事を思い出しました。

2015/01/18 01:41 | 白珠 #- URL [ 編集 ]
1461:Re: タイトルなし

白珠さん

> 1月も半ばですが、明けましておめでとうございます。
> 今年も宜しくお願い致します。

おめでとうございます。こちらこそ、どうぞよろしくお願い致します♪

> 「あくまでラブコメ」という漫画があって、寺の跡取り娘である主人公はお化けが怖くて大の苦手なのですが、その主人公が、
> 「不思議だね。分かり合えたら怖くない。怖くないお化けもいるんだ。」と言う場面が出て来ます。
> 「恐怖」の話を聞いて、ふと、この事を思い出しました。

ほうほう。これは興味深いお話を、ありがとうございます^^

2015/01/18 11:58 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。