ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

643:ユーロ、ドル、円は出口のない「ホテル・カリフォルニア」?:ギリシャ財務大臣の「チェックアウト(=デフォルト)できてもユーロから離れられない」ホテル・カリフォルニア発言

2015/01/28 (Wed) 12:15
政治ブログランキング応援クリック、よろしくお願いします! 
  
人気ブログランキングへ


本文をお読み頂く前に1クリック頂けると
幸いでありますm(_ _)m
※得点になるのは1日1クリックまで、です。ありがとうございます!







私は、格差拡大、それによる社会の不安定化の根本的原因は、

①国の借金に対する恐怖

②富を失うことに対する恐怖(=強欲)

という二つの恐怖だと考えています。

①の恐怖によって、各国は格差拡大による社会不安の増大を防ぎ、将来の生産能力不足を防ぐための投資を行うことができなくなってしまいます。また、この恐怖により、財政政策よりも金融政策に依存しがちになり、それは
国連開発計画の報告書によれば、金融の不安定化とさらなる格差拡大につながってしまいます。つまり、国の借金に対する恐怖(過剰な恐怖)を克服しない限り、これからも格差拡大は止まらず、各国の社会の不安定、世界全体の不安定はますます拡大してしまうでしょう。

②の恐怖によって、富裕層がますます富裕層により有利なルールを作ろうとして、資金を投じて政治家を支援し、それによってますます格差が拡大し、不安定化してしまう可能性があります。そうなると本来はその富裕層の皆さんの身を危険にされすことになるのですが・・・(それを身をもって示してくれたのが故カダフィ大佐と言えます)

恐怖とは本来、危険を回避するための生物が備えている防衛本能であり、生命の保存、種の保存のための機能であり基本的機能です。
しかし、上記の私の説明のとおりであるとするならば、その危険回避のための本能である恐怖によって、人類社会の危険がどんどんと高まっていると考えることができるでしょう。

よって、
これからの世界の安定、日本の安定のために、極めて重要と思えるのが、
「恐怖とは何か?どのようなメカニズムのものなのか?」、
「恐怖とうまく付き合い、この厄介な本能的機能を使いこなすにはどうしたらよいか?」
という問題と言えるでしょう。


詳細は、拙著「日本経済のミステリーは心理学で解ける」をご覧下さい!

全国の書店で好評発売中です!
hyoshi1408130001.jpg

ネット書店でのご購入
アマゾン楽天ツタヤセブンヨドバシhonto

↑この本の目次項目一覧はこちら

↑この本の一部を
無料公開中(「経済にそれほど関心はないが、スポーツや自己啓発などに関心がある」というような方に本書をPRするための資料です。周囲の方に本書をお勧めする際など、ご活用下さい)

↑この本についてゆるーく語り合う
フェイスブックのグループ
 「日本経済のミステリーは心理学でトロピカル」
 https://www.facebook.com/groups/1472415033007299/
 フェイスブックにアカウントをお持ちの方はふるって上記のグループにご参加して頂ければ、と思います(いまのところ、参加要請があれば「来る者拒まず」の方針でメンバーになって頂いております。※いまのところ、週一回ほど何か書いています^^

↑この本の「書評」を書いて下さっているブログの一覧はこちら









では、本題です。


以前、当ブログで歌詞を詳細に解説させていただいた、ホテル・カリフォルニア」――イーグルスがアメリカ建国200年の節目、1976年に発表し、収録アルバムが世界で900万枚売れた大ヒット曲――が最近、世界の金融界で大流行の兆しを見せているようです。


-----

ユーロは出口のない「ホテルカリフォルニア」-ギリシャ新財務相
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NIU9OP6S972M01.html
ブルームバーグ 2015/01/28

  (ブルームバーグ):27日にギリシャの新財務相に指名されたヤニス・ファロファキス氏はギリシャ危機の初めのころから、同国がユーロ圏にとどまりながらデフォルト(債務不履行)すべきだと論じてきた。ウェブサイトやツイッターで持論を展開している。

 ギリシャは決してユーロに参加すべきではなかったが、入ってしまった以上、離脱は崖から落ちるようなものだとする同氏は、いつでもチェックアウトできるが決してホテルを去ることはできないという「ホテルカリフォルニアの歌詞の最後の1行がギリシャの立場をよく表している」と2012年のブルームバーグラジオとのインタビューで語っていた。「ホテルカリフォルニア」はイーグルスのヒット曲。

 アテネ大学の経済学教授の同氏は緊縮反対を掲げて選挙に勝利した急進左派連合(SYRIZA)主導の新政権の財務相として、欧州諸国との交渉の前面に立つことになる。

 新政権の公約の中核は2400億ユーロ規模の救済融資をめぐるユーロ圏および国際通貨基金(IMF)との合意内容を修正することだ。SYRIZAは公式の立場としてデフォルトは否定している。

 ファロファキス氏(53)は「この救済の問題点は、実は救済ではないということだ」と26日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語った。「引き伸ばしと偽装であり、悪循環であり、デフレのわなだった。ギリシャの社会経済を崩壊させたばかりではなく、普通のドイツ人やイタリア人、スロバキア人にとってのギリシャ救済のコストが最大化されたことを示すものだ」と語った。

原題:New Greek Finance Minister Likens Euro to Hotel California (1)(抜粋)

――――


最近、というかギリシャの新財相がこの発言をしたのは3年前のようですが。


さて、そのホテル・カリフォルニアの最後の一行を改めて確認しておきます:

You can check out any time you like, but you can never leave.
いつでもチェックアウトできるが、離れることは決してできない。



以前、歌詞の解説を書いたときはまユングフロイトの著書をきちんと読み込む前だったので、改めて少し解説を加えておきたいと思います。


「いつでもチェックアウトできるが、離れることは決してできない。」

の箇所と同じ内容を別の言葉で表現している箇所


 They gathered for the feast
 They stab it with their steely knives,
 But they just can't kill the beast

 彼らは宴のために集い、
 鋭いナイフを突き立ててその野獣を殺そうとするが、出来なかった。



があります。なお、ここで野獣(the beast)とはたとえば「強欲」のことと考えられます。


これらの歌詞の意味するところは、以下のようなものでしょう:


 一人ひとりの人間の心の中の構成要素は、消そうとしても消せない。
 あるいは、自分自身の心の内容物からは、一生離れることなどできないのだから、適切な手続(チェックアウト check out)を踏んでうまく付き合わないといけない


人間の心理、というか人間の生物学的な本質を突いている歌詞だと改めて思う次第です。


まあ、それはそれとして、上記ブルームバーグ記事にあるギリシャの新任財務大臣のこれまでの姿勢が非常に興味深いですね:

ギリシャは「ユーロ圏にとどまりながらデフォルト(債務不履行)すべきだ」




これをホテル・カリフォルニア風に言いなおすと、

「チェックアウト(デフォルト)はできるが、ホテル・ユーロからは離れられない」

という感じでしょうか。


そうすると、この方が新たに財務大臣に任命されたということは、ギリシャはこの線でトロイカ(ECB、EU、IMF)に「四の五の言ってやがると、デフォルトしちゃうぞ、この野郎!」と「脅し」をかけ、「緊縮財政を緩和させやがれ!」と交渉するというソフトランディング路線でいくのかも知れません。

それはそれで欧州景気の長期化は避けられない可能性が高く前回書いたような「ユーロ圏内諸国のことごとくが、ロシアや中国のような軍事中央集権体制的な国家群に移行する」というシナリオの実現可能性は減ることにはならないように思うのですが、どうでしょうか。


まあギリシャの場合、チェックアウトというよりは宿泊代金未払いで部屋から追い出されるものの、皿洗いか何かで時間かかってでも未納宿泊代金を返していかざるを得ないので離れられないという具合かもしれません。そこで問題はギリシャ国民がいつまでその「皿洗い」待遇に耐えられるか、というところでありましょう。



 ところで、日銀の異次元緩和も「ホテル・カリフォルニア」と言われることがあるようです:

-----

もう抜け出せない? 日銀が迷い込んだ「ホテルカリフォルニア」の迷宮
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20140912/asahi_20140912_0001.html
dot. 2014年9月12日

-----


そもそも量的緩和のような概念について「ホテル・カリフォルニア」と発言した元祖は本家アメリカのダラス連銀総裁だったようです(2012年):

Fisher Warns Fed of Trap: `Hotel California’
http://go.bloomberg.com/political-capital/2012-12-14/fisher-warns-fed-of-trap-hotel-california/
Bloomberg DEC. 14, 2012

...

“Since we’re going to have an engorged balance sheet, we may never be able to leave this position,” said Fisher, 63.
「我々は過剰なバランスシートを持とうとしているのであるから、我々はこのポジションから決して離れられないだろう」、とフィッシャー(63歳)は語った。

“We were at risk of what I call a ‘Hotel California’ monetary policy, going back to the Eagles song which is, you can check out any time you want but you can never leave.”
「我々は、イーグルスの昔の歌、チェックアウトできても決して離れられない、という歌詞になぞらえて私が“ホテル・カリフォルニア”金融政策と呼ぶもののリスクにさらされている。」

...

―――――


以前、ホテル・カリフォルニアの歌詞を解説したときに、ホテル・カリフォルニアの収録アルバムの一曲目がホテル・カリフォルニアで、それと対になる最後の曲、「The Last Resort」の歌詞を紹介しました。

“ホテル・カリフォルニア金融政策”について考える際にもやはり感慨深いですので、再度、以下に紹介しておきます:


Who will provide the grand design?
What is yours and what is mine?

誰が「グランドデザイン」を提供し、
何を君たちのものとし、何を我々のものとすると決めるのか?

(→金融政策や経済政策に関して、誰が主権者なのか?という具合でしょうか?)


'Cause there is no more new frontier
We have got to make it here

もはや未開拓の地などない。
我々はここに留まって、うまくやらなければならない。

(→もはや金融政策で開拓できる需要などない。財政政策を行ってうまくやらなければならない、とか言ってみたりして)


We satisfy our endless needs and
justify our bloody deeds,
in the name of destiny and the name of God

我々は我々の果てしない欲望を満たし、
流血の事態を正当化する。
運命という名の下に、そして神の名の下に

(→これは目下世界中のあちこちで起きている出来事にぴったり当てはまる気がします…。それ以上はノーコメントにしておきます)


They call it paradise
I don't know why

彼らはそれをパラダイスと呼ぶ。
僕にはなぜか分からない。

(→“彼ら”は異次元緩和をパラダイスと呼ぶが、私にはなぜかよく分かりません…)


You call someplace paradise,
kiss it goodbye

君がそれをパラダイスと呼ぶなら
僕はキスしてオサラバさ

(→残念ながらギリシャの財務大臣の心情を察すると、ユーロはちっともパラダイスではないのでとっととオサラバしたいが、離れられない(; ;)ので、いっそのことデフォルトしちゃおうかな、という具合でしょうか… )





 君が“異次元緩和”をパラダイスと呼ぶなら

 僕は“異次元財政出動”というキスで

 “デフレの罠”とオサラバさ



と思われた方は、下のリンクのクリックをお願い致します。 

 人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 


YNHiromiyaをフォローしましょう





≪寄付金募集のご案内≫

“不足に基づく強欲と恐怖が支配する世界”から、

“充足に基づく幸福感と安定感が支配する世界”への

転換のために――


「国の借金」に対するネガティブな見方など、世の中全体のネガティブな思考を、ポジティブな思考で塗りつぶすことを早める
、という
趣旨での寄付金の募集をさせて頂いております。


詳細は↓こちらのPDFファイルをご覧ください
http://www12.plala.or.jp/YNHiromiya/donation.pdf

※お問い合わせ用メール フォーム:

   http://form1.fc2.com/form/?id=784087




関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 博士号を取得しました(名城大学 都市情報学 論文博士)
≫次の記事 ユーロ、遂に量的緩和だが…、「各国中銀がリスク8割負担&国債買入れは各国国債発行残高の33%が上限」という足かせ付き

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。