「 「景気」より「中央銀行」に支配される株式市場」のコメント一覧

右野たぬきさん

金融緩和について

http://newsphere.jp/economy/20150318-2/

 ノーベル賞経済学者のポール・クルーグマン米プリンストン大教授は、QEは日銀が最終的に目指すインフレ達成には結びつかないと、ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)のコラムで分析している。

URL 編集

戦後政権日本国・日本は未だ占領下さん

中央銀行の国有化は有効?

 中央銀行

 中央銀行が実は単なる民間私企業であったりすることこそが、経済混乱の根本問題、と言う視点があります。
 
 そもそも、お金に利子がつくことが問題であって、お金も他のすべてのものと同じく時と共に減価していくべきであり、利子をつける銀行自体が詐欺だと言う話もあり納得です。だからこそ、ユダヤ・キリスト・イスラムでは利子を禁じてきたわけです。
(ユダヤは異教徒からは可、キリストは途中で偏向、イスラムは今も不可)

 この問題はメディアが流そうとしませんが、水面下では既に流れが変わり始めているようです。

 日本の中央銀行国有化や利子が禁止される可能性はあるのでしょうか?
 国が通貨発行健を取り戻し、マイナス利子の分を税金にすれば経済はものすごく単純健全化しそうな気がします。
(10年ぐらい前に、「エンデの遺言」がはやりました)


<拡散>アイスランド、ついに国民の手で政府総辞職!中央銀行解体(国有化)!!
http://ski.vitaljapan.net/?eid=1283481

エンデの遺言
~根源からお金を問う~
http://rothschild.ehoh.net/material/animation_03.html


反ロスチャイルド同盟 お金の仕組み
http://rothschild.ehoh.net/main/01.html

 なお、日本は厳密に言うと国際法上今も占領下にある、と言う事実は最近やっと巷にも知られてきましたが、昨今の大企業のベアは、安倍政権の占領終結への取り組みに協力してのものなのでしょうか?


日本は未だ占領下
http://nadesiko-action.org/?page_id=5813&cpage=12#comment-10870
 
*反ロスチャイルド同盟は、立ち上げ時のメンバーは既にいないようで、現メンバーは大幅にレベルダウンの感があります。

URL 編集

戦後政権日本国・日本は未だ占領下さん

アイスランド、政府による通貨発行を実現?

アイスランドが政府による通貨発行システムに移行する?
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51955889.html


 アイスランド政府が、国家による通貨発行権に関する提案書を4月4日付で提出。実現に向けて動き出している模様。

 記事を見る限り、過去にも政府による通貨発行の歴史はあるんですね。

1914年イギリス
悪化した経済を活性化するための緊急対策としてブラッドバリー・ポンド

1961年 J.F.ケネディ大統領
グリーンバックを導入(1963年に暗殺される)

2009年 リビアのガダフィ大佐
金に裏付けられたディナールを国有の中央銀行に発行させると発表。アフリカ諸国と協議を続け、将来的には、ユーロや米ドルと競合するアフリカの共通通貨を発行することを計画。(2011年に暗殺)


以上


URL 編集

戦後政権日本国・日本は未だ占領下さん

かつての敵国が和解し、共に国際金融と戦う

 今回の安倍さん訪米はまさに歴史的なものとなりました。

 リンカーンも政府紙幣の発行を言って暗殺されたんですね。
 となってくると、今回のリンカーン記念塔への安倍オバマツアーは、文字通り象徴的。


http://enzai.9-11.jp/?p=11050

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆Anti-Rothschild Alliance 資料室
『The Money Masters』翻訳テキストより、
http://www.anti-rothschild.net/material/animation_06_03.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【引用開始】

政府の支出力と消費者の購買力を満足させる為に必要な通貨と信用の創出、発行及び流通は政府が行うべき事柄である。
通貨の創出と発行に係る特典は政府に属する最高の特権であるのみならず、政府が創造的活動を行う最大の機会でもある。
これらの諸原則を採用する事で納税者達は莫大な金額の利子を支払わずに済むようになる。通貨は人間性の主人たるを止め、それに仕えるものとなるだろう。」

エイブラハム・リンカーン

URL 編集