ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

648:ECB新本部前:反緊縮・反資本主義デモの激しさ――パトカー放火etc→「反緊縮」ならフランクフルトのECB本部よりベルリンのドイツ連邦議事堂で抗議したほうが…(?)

2015/03/20 (Fri) 11:11
ドイツのフランクフルトに落成したばかりのECB新本部ビル(約1300億円也)前のデモ、文字ニュースでは知っていましたが、動画を見ると、かなり凄まじいものとなっていましたのでご紹介:


AFPBB(フランスのメディア)




RT(ロシアのメディア)






Guardian(イギリスのメディア)




時事通信の記事によると、デモの参加者は主催者発表で1万人に対し、警官隊の動員が1万人とのこと。

日本語の記事では、「反緊縮デモ」となっていますが、英語の記事では「反資本主義 anti-capitalism」となっていることが多いようです。

いや、よくよく考えれば、ECBは金融緩和(量的緩和)で国債を買いまくり、金利を下げるくらいのことしかしていないわけですから、それに抗議するのは「反資本主義」であって「反緊縮」ではないように思われます。

「反緊縮」ならベルリンのドイツ連邦議事堂(Bundestag)前でデモをするのが妥当かと…。

ああ、でもECBのギリシャ救済の条件がギリシャの緊縮財政の実施であるから、ECBに対して「反緊縮」というのもあり得るわけですね。


それから、最近では占領、つまり、オキュパイ(Occupy)とは言わず、バリケードなど障害物で道路を封鎖するblock+占領occupyということでBlocupy(ブロキュパイ)と言うそうです。上のRTの動画のタイトルにBlocupyとあるのがそれです。
…というか、AFPBBの記事によると、Blocupy(ブロキュパイ)というのは団体名だそうです。


しかしドイツ人、結構激しいですね…

と思ったらAFPBBの記事によると、この抗議活動にはギリシャの政権与党Syrizaのメンバーが参加して演説をぶったりしていて、ドイツ人だけじゃなく外国人が6000人参加していたとのこと(AFPBBの記事では時事通信記事より参加人数が多くなっています:警察発表で1.5万人、主催者発表で2万人)。

ということは、パトカーに放火しているのはドイツ人ではなくて、外国人の可能性も???
いや、仮にそうだとすると、EUのシェンゲン協定圏のように国境検査がないというのは、やはり考えものでありますね…。


緊縮財政、金融緩和、資本主義、グローバリゼーション及びこれらの合わせ技などなどについて。
とにかく色々と考えさせられる事件ではあると言えそうです。


 人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 


YNHiromiyaをフォローしましょう




関連記事
スポンサーサイト

マクロ経済コメント(1)トラックバック(0)|

≪前の記事 モンサント、WHOによる「発ガン性あり得る」判定に抗議―-「ラウンドアップ」の除草剤グリホサートに関して
≫次の記事 「景気」より「中央銀行」に支配される株式市場

コメント

1484:もう自民なんて要らん

かつてフランスではドビルパンが首相だった頃、新卒を3年以内に自由に解雇できる法案を通そうとしたところ、若者主体の暴動が全土に広がって収拾がつかなくなることを恐れてドビルパンが法案を撤回したことは記憶の片隅にあるはずだ。

今の安倍自民政権がやろうとしていることを批判はしないのか?経済は心理だとか言う前に2000年までは法的な拘束力によって中小零細企業の活動が保たれてきたことを注視しないのか?もっとも中小企業基本法が改正されてから中小零細の企業はジリ貧になっていったことは分からないのか?

広宮さん、国と国民を思うなら安倍自民を非難してみてほしい。安倍も橋下も大して違わない。

2015/03/21 21:56 | 一国民 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。