ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

661:TPA成立でTPP交渉加速も、米では反対運動も絶賛加速中の模様

2015/06/25 (Thu) 12:19
 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう


昨日、TPP交渉を阻害していたと目されるTPA(大統領貿易促進権限)法案が米議会で可決成立しました。
このTPP関係で私が習慣にしているのは、ロイターの日本語版と英語版を読み比べることです。というか日本語版はあくまでも要約版のようですので、何が省略されているのをざっと把握する、という具合であります。





ロイター日本語版:

米上院がTPA法案を再可決、TPP妥結へ大きく前進
2015年 06月 25日 ロイター
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0P42MK20150624



ロイター英語版:

Congress victory moves Obama's Pacific trade pact forward
議会の勝利がオバマのTPP交渉を前進させる
Wed Jun 24, 2015 Reuters
http://www.reuters.com/article/2015/06/24/us-usa-trade-idUSKBN0P40BJ20150624




記事のタイトルは似たような感じですが、日本語版で省略されている英語版の箇所のうち、興味深いところを引用しておきます:

U.S. labor groups, which fought fast-track, said they will redouble their efforts. "We will vigorously oppose TPP if it continues on its current course," AFL-CIO President Richard Trumka wrote in a letter to lawmakers.
TPA反対運動を展開していた米国の労働団体は、努力を倍加させると言っている。「我々は、これまでの路線通りであるならば、精力的にTPPに反対する」とAFL-CIOの Richard Trumka 議長は、議員ら宛ての書簡で述べた。






さて、TPA法案に関して、日本のメディアであまり報じられていない(とりあえず、私の目に留まっていない)話があります。TPAには、議会が大統領に通商交渉権限を与えるにあたり、「この目標に沿って交渉するように」という通商交渉目標が列挙されています。
本来、このTPAを成立させてから、このTPAに書かれている交渉目標に沿って、ホワイトハウスが他国との交渉を進めるのが筋であるわけです。TPPは、2007年に失効したTPA法案の交渉目標、つまり、2002年、13年も前に定められた交渉目標があたかも有効であるかのように進められてきたわけです。交渉が最終段階に近い状況になって、ようやく交渉目標が定められたという本末転倒な事態です。この問題は、米議会調査局の報告書でも問題視されていました。

さて、「TPPは、2007年に失効したTPA法案の交渉目標、つまり、2002年、13年も前に定められた交渉目標があたかも有効であるかのように進められてきた」という話も、私が知る限りは英語版のロイターの記事だけで、日本語の記事は見たことがありません(探せばあるかも知れませんが…)。

こないだのロンドンにおける大規模反緊縮デモの件でも、英語版のロイターは扱いは大きくなくとも一応は記事がありましたが、日本語版はなし。ブルームバーグは英語版はかなり大きな扱いでしたが、日本語版は記事なし。
 というか、そもそも日本語メディアで記事が一切なかったということに、私は改めて衝撃を受けました。いや、日本語だけでは世界のことは本当に分からんことが多過ぎる、というのが今の日本の実態であると、改めて思う次第であります。とは言え、日本のメディアも間違いなく貴重な情報源ではありますが、それだけでは残念ながら足りていない、というのが正確なところでしょうか。


TPA法案に規定されている交渉目標の件については、ツイッターで簡単につぶやいていましたので、以下にまとめておきます。(「埋め込み」が面倒なのでそのままコピーします^^;)


廣宮孝信 Y.Hiromiya ‏@YNHiromiya 6月24日
TPA法案の正式名称:H.R.2146 - Bipartisan Congressional Trade Priorities and Accountability Act of 2015 米議会HPで閲覧可→ https://www.congress.gov/bill/114th-congress/house-bill/2146/text?q=%7B%22search%22%3A%5B%22Trade+Promotion+Authority%22%5D%7D … (続く)

https://twitter.com/YNHiromiya/status/613527098947297280



廣宮孝信 Y.Hiromiya ‏@YNHiromiya 6月24日
TPA法案の最初のほうに「通商目標」が規定されています。「アメリカの輸出業者にとっての障害を取り除く」というのもありますが、「ILO基準の労働者の権利、子供の権利への尊重を促進せよ」とか環境云々という項目も入っています(続く)

https://twitter.com/YNHiromiya/status/613528901105496064



廣宮孝信 Y.Hiromiya ‏@YNHiromiya 6月24日
TPA法案「通商交渉目標 TRADE NEGOTIATING OBJECTIVES」のうち、個人的に一番注目したいのは「(7) 通商促進のために国内の環境や労働法規に基づく保護を弱めることを、協定参加国がしないようにさせる条項を、通商協定に入れることを追及すること」(続く)

https://twitter.com/YNHiromiya/status/613530567523463169


※(7)の原文は↓こちら
(7) to seek provisions in trade agreements under which parties to those agreements ensure that they do not weaken or reduce the protections afforded in domestic environmental and labor laws as an encouragement for trade;



廣宮孝信 Y.Hiromiya ‏@YNHiromiya 6月24日
以上で紹介したような「通商交渉目的」を「秘密交渉」されているTPPがどこまで満たしているか、そして、それを米議会が今後どのように判断するかが、TPPの成否を決定的に左右するでしょう。もう一度、米議会のTPA法案条文のリン ク: https://www.congress.gov/114/bills/hr2146/BILLS-114hr2146eah.xml

https://twitter.com/YNHiromiya/status/613531926603829248





あと、TPP関連では「TPPと米覇権のゆらぎ」のテーマで↓こんな話も

廣宮孝信 Y.Hiromiya ‏@YNHiromiya 6月17日
焦点:米政権の「アジア重視」に暗雲、TAA法案否決で中国の影響拡大も | Reuters http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OX0IN20150617 … … シンガポール外相:“「東アジアとアジア太平洋地域の歴史が書き直されようとしている。米国は現在、主導的な立場にない」と語った”

https://twitter.com/YNHiromiya/status/611088937277218816






「TPPと米覇権のゆらぎ」に関しては、「米国の覇権がゆらいでいるからこそ、米国の巨大企業が自衛のためにISDSなどを通じて企業の権力を強めるべく、TPPを秘密交渉にした上で反対運動が盛り上がらないようにしつつ強力に推進している」というような見方をされている方もいらっしゃいます(どちらかというと中国寄りの見解が散見される方ですが、そこは割り引いて読まれると良いでしょう。私は割り引いて読ませて頂いております)。いや、それにしてもこれは鋭い・・・。




あと、↓こんな話も


https://twitter.com/YNHiromiya/status/612427438287491072



このカナダの「調査実施団体」というのは、自由貿易協定の秘密交渉を監視することが目的のTrade Justice Network (TJN)という団体で、環境団体や農業団体、労働団体で構成されているようです。
そのスポークスマンMartin O’Hanlonの発言の原文は以下のとおり:

TJN spokesman Martin O’Hanlon said that the secrecy surrounding the negotiations is “very disturbing.”

“Most Canadians have no idea that this deal is being negotiated in secret under the guidance of multinational corporations with no input from labor leaders, environmental experts or even MPs,” O’Hanlon said in a statement this week. “It’s frightening that this can happen in a democracy.”




個人的には、今回成立したTPA法案に規定されている交渉目標とこれまでのTPP交渉の内容があまりにもかけ離れていて、米議会で「何じゃこりゃ」となり、アメリカにおいてTPPがきれいさっぱり葬り去られる一方で、日米安保は当面揺るがず、日本が名実ともに自立するための時間が確保される、という状況になることを希望します。
もちろん、これはあくまでも希望的観測に過ぎませんが…




 人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 


YNHiromiyaをフォローしましょう




関連記事
スポンサーサイト

TPPコメント(3)トラックバック(0)|

≪前の記事 TPP推進で米議員ら荒稼ぎ――08年以降、上院議員へのTPP推進業界からの献金約260億円に対し、TPP反対業界からの献金はその9分の1に過ぎなかった:米CNBC報道
≫次の記事 日本のメディアがなぜか一切報じない「大規模 反緊縮財政デモ in ロンドン」の話――補足(これまでのツイートのまとめetc)

コメント

1525:

>「米国の覇権がゆらいでいるからこそ、米国の巨大企業が
>自衛のためにISDSなどを通じて企業の権力を強めるべく、
>TPPを秘密交渉にした上で反対運動が盛り上がらないように
>しつつ強力に推進している」というような見方
>いや、それにしてもこれは鋭い・・・。

先生~、御自身でタイトルにしてますように、
「TPA成立でTPP交渉加速も、米では反対運動も絶賛加速中の模様 」な訳ですから、鋭いどころか鈍いんじゃないかと。
「米国の覇権が揺らいでいる」に関しても、昨年からの冷戦構造の復活や中国包囲網で息を吹き返してますし。

それに、媚中派がのさばってる国務省がのさばってたのが、
冷戦構造復活により、現実見えてる国防省と財布握ってる財務省が連携するようになって国務省の立場が弱くなったようですし。

そういえば、2013年12月には米国財務省が金融機関での中国要人子女採用に関する調査なんてものが行われてましたっけ。

2015/06/27 06:45 | 白珠 #- URL [ 編集 ]
1527:Re: タイトルなし

白珠さん

> 先生~、御自身でタイトルにしてますように、
> 「TPA成立でTPP交渉加速も、米では反対運動も絶賛加速中の模様 」な訳ですから、鋭いどころか鈍いんじゃないかと。
> 「米国の覇権が揺らいでいる」に関しても、昨年からの冷戦構造の復活や中国包囲網で息を吹き返してますし。
>
> それに、媚中派がのさばってる国務省がのさばってたのが、
> 冷戦構造復活により、現実見えてる国防省と財布握ってる財務省が連携するようになって国務省の立場が弱くなったようですし。
>
> そういえば、2013年12月には米国財務省が金融機関での中国要人子女採用に関する調査なんてものが行われてましたっけ。

興味深いコメント、ありがとうございます。

個人的には、やはり「米国覇権のゆらぎ」は大きな流れとして間違いはないと思いますが、決定的になる時期は、これもまた揺らぎがあるようにも思われます。時期がどうであれ、少なくとも永遠に覇権を維持した国はいまだかつて無いという歴史観です。

 最近の出来事をみても機を見るに敏な国であるシンガポールの外相が米覇権のゆらぎにつき突っ込んだ話をしていますし、タイのプラユット暫定首相もジワジワっと軍政を先延ばしにしようとしていますし、中東、北アフリカの混乱も収まる気配を見せないですし、さらには、おひざ元の米国内も民族対立(例えばこないだのチャールストンの白人至上主義の青年が黒人の教会で起こした銃乱射事件、あるいは頻発する白人警官による非武装の黒人射殺事件など)がむしろ激化しているように見えます。その辺りを見ると米国の覇権がゆらいでいないようには、私には残念ながら見えないのであります。

但し、その時期がどうであれ、1年後か、10年後か、100年後かに関わらず、アメリカ旦那が本当に「高転びに転びけむ候」まではとことん付き合うという「日本、家康理論」が、私の個人的持論でもあります。アメリカ旦那にとことん付き合いつつ、アメリカ旦那が転んでしまったときに備えて国防をできる限り強化するのが妥当と考えます。今般の安保法制の整備はその方向性を持つものと思われるので個人的には賛成する次第であります。

2015/06/27 10:04 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]
1530:TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)成立後の世界


リーマンショック後の世界の貿易は伸びが鈍化していることもあり、TPPによる貿易の振興によって世界の経済成長率を押し上げる、ということも期待されているようですね。またTPPの成立によってTPP加盟国への原油の禁輸が解かれ日本への輸出もできるようになるという話もありました。これは日本にとってはエネルギー安全保障の面からもメリットがあるように感じられますが(今の米国の法律では例外はあるものの原則として原油の輸出は禁止)、これまでTPPというのは、基本的に現覇権国アメリカのためのものであると、よく色々なところで見聞きしてきました。

ところが(時間が経過するに連れて状況は変わってきたように思われますが)、TPPというのは、実は単なる加盟国間でのルール作りであって、ルールは加盟国すべてに適用されるということで、反対派の主張に沿った不平等条約のイメージを持つのは勘違いという賛成派・中立派の意見を最近になって知りました。例えば日本も他国との貿易協定に入れているISD条項というのは、基本的に外国に投資する企業を守るための条項で、これ自体は何の問題もないとか、また特に誤解されている事として、ISD条項による訴訟で米国が全勝しているとか、NAFTAの惨状(たとえばメキシコの米国向け輸出対GDP比率は大幅に伸びているのに)とか、よく引き合いに出されるカナダ政府が米国企業に訴えられて巨額の賠償金を支払わされた例は極論など、いろいろ指摘されてるみたいです。

残念ながら、我が国には、TPPに対する明確なビジョンも具体的な戦略もないために、アメリカ様のいいようにされるとの意見もありますし(秘密交渉はいただけないですが)、また外圧に屈して改革を余儀なくされるというのも嘆かわしいことですが、日本が明確な国家ビジョンと戦略を持って、日本が政治的・経済的なリーダーシップを発揮し、日本主導によるTPP成立をきっかけに、世界の国々が、日本のような非常にユニークな国(日本人が長年育み培ってきた日本の風土≒ユートピアに近い社会)を目指すようになっていけば(世界の日本化)、理想的な世界(社会)が出現するのではないかと思ったりしたことはあります。

ただ現時点の情勢からすると、これらは単なる夢物語で終わりそうな感じですが、債務国の米国は日本に対して謙虚になり、債権国の日本は米国に対して寛容の精神を持つという、いわば「夢の日米協調」によって、成立に向けて大きく動き出した現在のTPPの枠組みが、最悪の事態(世界的な恐慌経済の再来)にも耐え得るような形で、再構築・再構成されればと願わずにはいられません。


追伸:これから本格的なドル高が始まると予想されている今、シェール革命+TPPの成立等、いわゆるパクス・アメリカーナですか、当分の間、まず起こらないと思われるのですが(次の覇権国もアメリカになる可能性が高いと)、世界同時不況(第二次世界恐慌)から他国に先駆けて景気回復を遂げたアメリカの覇権が揺らぐ時、それはドルを基軸通貨とする国際通貨体制までもが揺らぐ時になるのでしょうか...(覇権のサイクルというのも実際よく分かりませんが)

2015/06/28 16:27 | Mr.T #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。