ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

665:ギリシャ銀行閉鎖:国民投票終了後まで+先行き不透明ながらギリシャ瀬戸際外交はさっそくEU、独、仏のみならず米の首脳らから「債務減免」の言及引き出す「成果」も

2015/06/29 (Mon) 11:58
 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう




前回に続きギリシャです。

銀行閉鎖の件に入る前に、前回のエントリーの後につぶやいていた

「第3のシナリオ」

の話をしておきたいと思います。



前回、今後の想定シナリオとして

①【国民投票でYes→ユーロ残留(?)のシナリオ】

②【国民投票でNo→ユーロ離脱(?)のシナリオ】


という感じで書いていましたが、その後、ガーディアン記事に出ていたギリシャのバルファキス財務大臣のラジオインタビューの様子を見て、以下のような第3の想定シナリオを追加したいと思った次第です:



https://twitter.com/YNHiromiya/status/615150270750658560







https://twitter.com/YNHiromiya/status/615162065800466432





↑この「第3のシナリオ」は、本来的には、「資本規制はあるか?」と聞かれたバルファキス財相が、「民主主義において重大な案件に対する投票が銀行閉鎖なしで行われるように、通貨同盟における中央銀行は何でもすべき(In a monetary union, a central bank should do “whatever it takes”, and in a democracy the people should be able to vote on momentous issues without seeing their banks shut.)と言っていたことと、

Varoufakis also insisted that Greece needn’t be forced out of the eurozone. Indeed, there’s no mechanism to exit the single currency.
バルファキスはギリシャが強制的にユーロ圏から退出させられる必要はないと強調した。実際、ユーロから退出する仕組みは存在しない。

The euro was never designed to solve a problem such as Greek insolvency, and we’ve had a comedy of errors since, he adds.
ユーロはギリシャのような債務超過の問題を解決するようには全く設計されていない。我々はしばしば「間違いの喜劇(シェークスピアの作品名)」を演じてきた、と彼は付け加えた。





という記事の記述から、少々想像を膨らませたものであります。



というわけでいまのところ、

①【国民投票でYes→ユーロ残留(?)のシナリオ】

②【国民投票でNo→ユーロ離脱(?)のシナリオ】

③【国民投票でNo→瀬戸際外交で債権団の譲歩引き出しユーロ居座りのシナリオ】

の三つを上げておきたいと思います。




以上で前回の補足は終わりです。







で、今回のテーマです。

上記のガーディアン記事において引用されていたのですが、バルファキス財相は「ギリシャ政府は銀行閉鎖などの資本規制には反対!」とツイートしていました:



https://twitter.com/yanisvaroufakis/status/615127339102531584

訳すと、

「通貨同盟内での資本規制は矛盾した手法。ギリシャ政府はこのような概念に反対します」




ところが、
それから半日も経たないうちに、今般のチプラス政権による銀行閉鎖と預金引き出し制限、すなわち資本規制(capital control)の発表です。


こういうことをやるときは、「ラブストーリーは突然に」以上に突然にやらな、そりゃあかんか。

以下、その件のガーディアン記事を抄訳:






Greece crisis deepens as banks close for a week after weekend that shook euro
週末から一週間の銀行閉鎖でギリシャ危機深まり、ユーロを揺さぶる

http://www.theguardian.com/world/2015/jun/28/greece-crisis-deepens-banks-close-a-week-weekend-shook-euro
Sunday 28 June 2015, The Guardian

Greece’s government says banks will stay closed until after snap referendum, while stock exchange shut on Monday and cash machine withdrawals limited
ギリシャ政府は、国民投票直後までの銀行閉鎖を宣言。月曜日は株式市場を閉鎖。ATM預金引出しは制限された



On Monday morning Greeks will find their savings blocked and their banks closed for a week following a fateful weekend that has shaken Europe’s single currency.
単一通貨のヨーロッパを震撼させた運命の週末に続き、月曜の朝、ギリシャ国民は彼らの銀行が閉鎖され、預金が封鎖されたことに気づくだろう。

The Greek government decided on Sunday night it had no option but to close the nation’s banks the following day after the European Central Bank (ECB) raised the stakes by freezing the liquidity lifeline that has kept them afloat during a six-month run on deposits.
ギリシャ政府は、ECBがこの6ヵ月間、預金の流れを支えた流動性支援を凍結することでリスクを高めたことを受け、土曜夜に止む終えずギリシャの銀行を閉鎖することと決めた。

The Athens Stock Exchange will not reopen on Monday either. The dramatic move, after 48 hours of sensational developments in Greece’s long-running battles with creditors, was sparked by the country’s prime minister, Alexis Tsipras’s Friday night call for a referendum on its creditors’ demands. That prompted finance ministers of the eurozone to effectively put an end to his country’s five-year bailout by the International Monetary Fund, the ECB and the European commission.
アテネ証取は月曜は開かない。金曜日の夜にチプラス首相が債権団の要求に対する国民投票実施を提起し、劇的な動きが生じた。それは、実質的にギリシャへの5年に及ぶ支援を打ち切るようにユーロ圏財相らを刺激した。

In a brief, televised address to the nation, Tsipras threw the blame onto the leaders of the eurozone. But he did not say how long the banks would remain shut, nor did he give details of how much individuals and companies would be allowed to withdraw once they reopened.
同国でテレビ中継された演説において、チプラス首相はユーロ圏指導者らを非難した。しかし、彼は銀行がどれくらいの期間閉鎖されるか、銀行が再開したときに個人や企業がどれくらいの金額を引き出せるのか、言及しなかった。

It later emerged that the banks would be kept shut until after the referendum on 5 July and there were reports that the withdrawals from cash machines would be limited to €60 – about £40.
その後、銀行は7月5日の国民投票後まで閉鎖されることが明らかとなった。また、ATMの引き出しは60ユーロ(約8,000円)に制限されたという報告が入っている※。

※引出し制限は、一日あたりなのか、閉鎖期間中の合計額なのかは不明


The prime minister said that Saturday’s move by the eurozone’s finance ministers to halt Greece’s bailout programme was unprecedented. He called it “a denial of the Greek public’s right to reach a democratic decision”.
首相は、ユーロ圏財相らによるギリシャ救済プログラムの停止の動きは、前代未聞の奇怪事であると言った。彼は、それは「民主的決定に到達するためのギリシャ国民の権利の否定だ」と言っている。

Tsipras added that the finance ministers’ initiative had prompted the ECB to curb its assistance, forcing the government to take the steps that it had. He said he had once again appealed for an extension of the bailout until after the referendum, on 5 July, sending his proposal to the president of the European council, Donald Tusk, the leaders of the 18 member states of the single currency, the commission and the ECB.
チプラスは、ユーロ圏財相らが、ECBの支援を抑制させることを主導し、ギリシャ政府が踏み込んだ措置(資本規制)と取ることを強制した、と付け加えた。彼は、7月5日国民投票後までの支援延長を再度訴え、ドナルド・トゥスク欧州連合大統領、ユーロ圏18か国首脳、欧州委員会、ECB宛てに提案書を送った。


As fears spread through Sunday that capital controls would need to be put in place, growing numbers of depositors lined up at ATMs, even in affluent city areas, to withdraw what cash they could.
日曜日、資本規制がなされるだろうと動揺が広まるにつれ、富裕地区ですらATMに並ぶ人々が増えていった。


The country’s plight deteriorated sharply on Friday night when Tsipras put his country’s future in the balance by suddenly calling a referendum and arguing robustly for a rejection of the price set by his creditors for saving Greece, at least for a few more months. This Sunday’s vote will ask Greeks whether they approve or disapprove of the last offer tabled by the creditors before the negotiations broke down.
同国の苦境は、チプラスによる国民投票呼びかけと、債権団提案に対する強い拒否によって急速に悪化した。次の日曜の投票では、交渉決裂前の債権団の提案を受け入れるかどうかが問われる。


But during a marathon parliamentary debate that ended in the early hours of Sunday morning, opposition leaders argued that it was, in fact, a vote on whether Greeks wished any longer to be part of the eurozone. It will be Greece’s first referendum since the country voted to abolish its monarchy in 1974.
しかし、日曜早朝まで続いた国会の討論では、野党党首らが、それは実際にはギリシャがユーロ圏に留まるかどうかの投票だと異議を唱えられた。この国民投票は、1974年に君主制と放棄した投票以来のものである。

The European commission said on Sunday for the first time in the crisis that it wanted to offer Greece debt relief, Tsipras’s central demand during the five months of stalemated talks. Reports from Berlin said that Angela Merkel and François Hollande shared that view.
欧州委員会は日曜、この危機において初めて、ギリシャに債務減免を提示する意思があると表明した。それはこの5か月間の膠着した交渉における、チプラスの中心的要求である。ベルリンからの報告によると、メルケル独首相とオランド仏大統領はその意見を共有している。


But the potential concession appeared to come too late to prevent growing chaos in Greece – and sparked concerns across the Atlantic. Barack Obama was said to have called Merkel to urge her to take action. Jack Lew, the US Treasury secretary, urged creditors to offer debt relief to Greece.
しかし、このような容認の可能性は、増大するギリシャの混乱を防ぐには、出て来るのが遅すぎた――そして、大西洋の向こう側で懸念を生じさせている。オバマ米大統領は、メルケル独首相に行動を急ぐように促したと言っている。ルー米財務長官は、債権団にギリシャへの債務減免を促した※。

※アメリカとしては、ギリシャがロシアに一気に傾倒するのを恐れる側面もあるかと思われます。


Financial analysts will be watching the impact on the markets, which have not yet had the chance to react to the events of the last 48 hours. Mario Draghi, the president of the ECB, tightened the screws somewhat on the country.
金融アナリストらは、市場への影響を見ようとしているが、この48時間の出来事に対して反応する機会をまだ得ていない。ドラギECB総裁は、ギリシャに対していくぶん圧迫を強めた。


The governing council of the ECB decided to freeze emergency liquidity assistance to the Greek banks, the lifeline that is keeping the national financial system functioning. The ELA was capped at last Friday’s level of €89bn. It meant that the banks could continue to function, but the draining of money as people flocked to the ATMs to retrieve their savings also meant they would run out of money that could not be replenished by the central bank.
ECBはギリシャの銀行に対する緊急流動性支援(ELA。同国の金融システムを機能させる命綱)を凍結することを決めた。ELAは先週金曜日に890億ユーロ(12兆円)が上限とされた。それは、ギリシャの銀行が機能し続け得ることを意味するが、人々がATMに群がって預金を引き出すにつれて資金が尽きても、ECBが補充できないことをも意味する。


“We continue to work closely with the Bank of Greece,” Draghi said.
「我々はギリシャ銀行(ギリシャの中銀)と密接に作業を続ける」とドラギECB総裁は言った。

Greece’s financial stability committee, which includes the finance minister, Yanis Varoufakis, and the central bank governor, Yannis Stournaras, met on Sunday evening to discuss Greece’s rapidly shrinking options. The high-level political confrontations on Friday and Saturday produced the greatest uncertainty over Greece and in the eurozone in the five-year debt saga.
ギリシャの金融安定委員会(バルファキス財相、Stournaras中銀総裁含む含む)は、日曜夜に会合を開き、急速に狭まるギリシャの採るべき選択肢について議論した。金曜と土曜の高度な政治的対立によって、ギリシャと5年に及ぶ債務大河ドラマの渦中にあるユーロ圏に、最大級の不確実性が生じた。


The fall-out from the collapse of negotiations and the calling of the referendum brought recrimination on all sides and predictions of gloom.
交渉の決裂と国民投票の提起は、すべての陣営における非難の応酬と悲観的な予測をもたらしている。

The German finance minister, Wolfgang Schäuble, said he was “perplexed and depressed” by developments. Jeroen Dijsselbloem, the Dutch finance minister who heads the committee of eurozone finance ministers, said that with his referendum call, Tsipras was thrusting the country into a mess from which it would struggle to recover.
ドイツのショイブレ財相は、事態の進展によって「途方に暮れ、憂鬱になっている」と述べた。オランダのダイセルブルーム財相(ユーロ財相委員会議長)は、国民投票呼びかけによってチプラス首相は回復へともがいていたギリシャを台無しにしたと言った。


“We are millimetres away from the total collapse of the Greek financial system,” warned Herman Van Rompuy, until last year the president of the European Council and heavily involved in years of Greek rescue negotiations. “It’s actually suicide that’s taking place in Greece right now.”
昨年まで欧州連合大統領としてギリシャ救済交渉に関与していたファン・ロンパイ「我々はギリシャ金融システムの全面的崩壊までミリメートル単位のところまで来ている」、「いまギリシャで起こっていることは実際のところ自殺行為だ」と言った。

The restrictions being imposed are anathema to Tsipras’s radical left-led government – all the more so since it desperately needs to keep public opinion on its side ahead of the referendum.
いま課されている規制は、チプラスの過激左派政権が忌み嫌うものである――だからこそより一層、政権は国民投票に向けて世論の支持を、死にもの狂いで必要としている。


Varoufakis told the BBC in a Sunday interview: “Capital controls within a monetary union are a contradiction in terms.” But he was party to Sunday night’s decision.
バルファキスは日曜のインタビューでBBCに「通貨同盟における資本規制は矛盾した手法だ」と述べた。しかし、日曜の夜、彼の所属政党は資本規制を決定した。

In the early hours of Sunday, parliament voted 178 to 120 in favour of holding the referendum. Embarrassingly for the government, the neo-Nazi Golden Dawn movement joined Tsipras’s Syriza party and its populist right-wing coalition partner, ANEL, in backing the proposal.
日曜の早朝、国会において178対120で国民投票は可決された。政府を当惑させているのは、ネオナチの黄金の夜明けがチプラスの与党シリザに賛同する動きを見せ、シリザの連立相手である大衆的右派政党ANEL(独立ギリシャ人)が債権団提案に賛成していることだ。

By Sunday evening, however, it had not received the necessary endorsement of Greece’s president, Prokopis Pavlopoulos.
しかしながら日曜の夜、政権は必要なパブロウプロス大統領の承認をまだ受け取っていない。

According to two polls published on Sunday, Tsipras faces an uphill battle to secure the rejection he has indicated that he favours. One in the right-leaning tabloid Proto Thema found 57% of those interviewed favoured acceptance of the creditors’ latest offer. Another in the centre-left To Vima put support at 47%.
日曜に発表された二つの世論調査によると、チプラスは、彼が望む債権団提案拒否を確保するための、困難な闘いに直面している。右寄りのタブロイド紙Proto Thema の調査では債権団提案の容認が57%。中道左派のTo Vima では47%が支持(債権団提案の容認を?)となっている。





国民投票でチプラス首相が望む結果が出るかどうかは不透明です。

しかしながら、このギリシャ国民のみならずユーロ圏全体を人質に取った格好の瀬戸際外交によって、欧州連合、メルケル独首相、オランド仏大統領、オバマ米大統領、ルー米財務長官らから、危機以来初めて「債務減免  debt relief」の言及を引き出した、という「成果」がさっそく挙がったことも事実です。

世論調査の結果は、EU離脱を恐怖する国民が多いことを示しているようですから、
①【国民投票でYes→ユーロ残留(?)のシナリオ】
②【国民投票でNo→ユーロ離脱(?)のシナリオ】
③【国民投票でNo→瀬戸際外交で債権団の譲歩引き出しユーロ居座りのシナリオ】

のうち、

チプラス政権はおそらく3番のシナリオの路線でユーロ離脱恐怖派の国民を惹きつけつつ、債権団から大幅な譲歩(特に、大幅な債務免除)を引き出す作戦を強化するのではないかと想像する次第です。


「瀬戸際外交」というと日本でも、「お隣」というか、「お隣のお隣」のお国を思い出してしまいそうな今日この頃でもありますね…。



 人気ブログランキングへ

http://blog.with2.net/in.php?751771
クリック、ありがとうございましたm(_ _)m 
 


YNHiromiyaをフォローしましょう





関連記事
スポンサーサイト

国の借金コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 ギリシャには米軍基地があるため、ギリシャ危機は米露「冷戦」と無関係でいられなさそう
≫次の記事 現代版ギリシャ悲劇、いよいよ第二幕か?――ギリシャ債務危機:直近2週間の流れのまとめ&今後の想定シナリオの検討

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。