ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

667:ギリシャ、ユーロ離脱なさそう:独財相の「国民投票で“NO”でもギリシャはユーロ残留可」発言で+その他今朝のIMF返済「延滞」までの動きのまとめ

2015/07/01 (Wed) 10:38
 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう


国民投票の結果がどうであれ、暴力革命や軍事クーデターなどがなければ、ギリシャのユーロ残留(居座り?)はかなり確実と言えるようになりました。




というのは、

これまで一貫してギリシャに対して強硬な姿勢を示してきたドイツのショイブレ財務大臣が「国民投票で“NO”でもギリシャはユーロ残留可」とドイツの国会議員らに表明したからです。



とりあえず、日本語のロイター記事のタイトルとリンク:

-----
国民投票否決でもグリジット不要、独財務相が認識=議員
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0PA20S20150630
2015年 07月 1日 00:29 JST ロイター
-----

↑ショイブレさんがこんなことを言うに至る経緯が非常に興味深いのですが、それは↓以下の私のツイートを見ながら追い追い説明します。なお、このショイブレ発言の報道はブルームバーグのスクープです。















※バルファキス財相もチプラス首相も「ユーロ離脱はない。あり得ない」と繰り返しているのですが、国民にはなかなか伝わっていないようです。「国民にはなかなか伝わっていない」という話の関連はまた下のほうで出て来ます。








このメルケルさんの発言について、私はかなり誤認がありました。
 「
欧州はギリシャのような危機において過去よりもより良く取り組むことが出来る」というのは、「ギリシャがどうなろうと欧州はその準備ができているからOK牧場」ということのようです。
 ただ、これまでショイブレ財相が「とにかくカネ返せ」の強硬派、メルケル首相は外交や安全保障を見据えた柔軟派という全般的な印象に違いはないものと思われます。本当にギリシャがユーロ離脱してロシアや中国に走ったとしたら、前回のエントリーの内容も考え合わせると顔面蒼白だと思われますので…。






















※ちなみに、NOはギリシャ語で「OXI」、YESは「NAI」です。デモで「OXI」のプラカード持っていたら反緊縮派、「NAI」なら緊縮やむなし派となります。








※国民投票、まだまだ不透明ながら、何だかんだと言って最終的にはNO(OXI、反緊縮)になるのかな、と個人的には感じています。一方で、ショイブレ発言もあったのでユーロ離脱確率は10%以下かな、と今のところは思っています。















※このバルファキス財相の「裁判所命令取るぞ、この野郎!」という脅しが効いて、ショイブレ独財相の発言につながったのではないかと、個人的には想像しています。
 この件、かなり重要な話だと思いますが、日本語ソースではいまのところ東京新聞だけしか報じていない模様です(グーグルで「欧州司法裁判所」をニュース検索した結果)。















※ギリシャ政権のユーロ居座りへの並々ならぬ決意が現れています。







※ちなみに、ユーロ残るかどうか以外にも、国民投票の結果がNOかYESかとかも賭けの対象。








※ギリシャ国内のメディアがあまり伝えないので、「国民投票でNO(反緊縮)でも法理論的にユーロ残留はOK牧場なのでユーロ残留です」ということが広く共有されていないようです。ギリシャのメディアがこぞってユーロ債権団にYES、チプラス左派政権のNOを呼び掛けているのは、目下、日本でも話題沸騰中の「マスコミのスポンサー」の問題があるからなのか、どうなのか。
このギリシャメディアの報道姿勢の件は、国民投票の結果の見通しをいささか不透明にさせている大きな要因と言えそうです。












※↑この件のツイート、あまりリツイートなどの反応がなかったのでありますが、私の個人的見立てでは国民投票発表以後でもっとも重要な鍵となる出来事です。
 先ほども書きましたがこれはブルームバーグのスクープ記事で、ブルームバーグの記事には珍しく、動画付きの記事となっています:




※このブルームバーグ記事によると、ショイブレ独財相はベルリンでドイツの国会議員ら相手の非公開会議で「国民投票NOでもギリシャはユーロ離脱しなくても可」と話し、その会議の参加者のうちの3人が匿名を条件にブルームバーグに語ったとのことです。
 この3人とは恐らく国会議員の皆さんだと思われますが、外交や安全保障の観点からギリシャのユーロ離脱を望まない派の方々なのでしょうかね。






































































いや、それにしてもこのギリシャの件、つぶさに追っていくとギリシャ政権の「駆け引き上手」が目につきます。

例えば、独財相の「国民投票NOでもギリシャはユーロ残留可」発言を引き出したり、いままでなかなか出て来なかった「債務減免(debt relief)」の言及を引き出したり。

この点、日本外交も見習うべきところがあるかも知れませんね。

ただ、ギリシャのような「口出すな、カネだけ寄越せ、この野郎!」的な方式をやり過ぎると、日本人的ではなくなってしまいそうと思う、今日この頃であります…



 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m  


※ギリシャ関連その他、ツイッターは頻繁に更新しています。当ブログのPC版の左上に表示しているツイッター窓で見て頂くか、「twitterでフォローして下さい」ボタンを押してツイッターを開いてみて下さい。


関連記事
スポンサーサイト

国の借金コメント(3)トラックバック(0)|

≪前の記事 ギリシャ、波乱の一日終え、首相と財相は「反緊縮&ユーロ居座り路線」を強化
≫次の記事 ギリシャには米軍基地があるため、ギリシャ危機は米露「冷戦」と無関係でいられなさそう

コメント

1533:

> ギリシャ政権の「駆け引き上手」が目につきます。
私も同じ事を思いました。日本はこういう立ち回りはしない(できない?)ですもんね。世界的にはこういう方が普通なんですかねえ。

2015/07/01 18:28 | asd #- URL [ 編集 ]
1538:

他国からの信頼低下、銀行の営業停止等
国民の受ける被害を考慮すると現ギリシャ政権は身勝手としか言いようがないかと。
私はギリシャのユーロ離脱は大いにあり得ると思います。

2015/07/03 08:48 | #- URL [ 編集 ]
1539:Re: タイトルなし

> 他国からの信頼低下、銀行の営業停止等
> 国民の受ける被害を考慮すると現ギリシャ政権は身勝手としか言いようがないかと。
> 私はギリシャのユーロ離脱は大いにあり得ると思います。

もちろん、可能性があるでしょう。但しそれは欧州債権団が全く譲歩しないケースかと思われます。
それは何をもたらす可能性があるでしょうか?

例えば、一次大戦の賠償金に関して英仏が借金棒引きしなかったことで、ドイツ経済はボロボロとなり人々の不満がうっ積したことは、ナチス政権の誕生と悲惨極まりない第二次世界大戦につながりました。もし、ドイツを始めとする欧州債権団が当時の英仏と同様の「不寛容」なことをすれば、ギリシャでは「黄金の夜明け」などを中心としたネオナチ軍事独裁政権が誕生するかもしれません。
そうすると、ギリシャはNATOから脱退し、独裁政権にかなり寛容な中国・ロシア側、場合によっては、その軍事同盟である上海条約機構に加盟するかもしれませんし、ギリシャ・クレタ島にある米海軍基地も問答無用で追い出されることとなるかも知れません。
そうすると、ギリシャに隣接する旧ユーゴ諸国も動揺。ロシア人と同じスラブ系住民の多い地域ですから、ここもロシア側に転ぶかもしれません。そうすると、オーストリアやハンガリーにも動揺が波及、そうなると更にはドイツ、フランスにも…

という未来を少しでも欧州債権団が想像すると、やはり多少なりとも寛容にならざるを得ないかも知れませんね。

2015/07/03 09:57 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。