ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

669:ギリシャ不法入国者数、上半期でEU首位に――日本にとって他人事でないのは、借金問題よりは難民・移民問題かと+今朝までのギリシャ危機関連の動きのまとめ

2015/07/03 (Fri) 11:30
 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう


まず、
昨夜から今朝にかけてツイートした
前回エントリー質疑応答
ギリシャ危機関係の動きをまとめておきます(不法入国者問題の話はのちほど):
























※「報道機関による情報操作か?」と書きましたが、ちなみに、よくよく調べるとこのGPOという調査機関に調査を依頼したのはフランスのBNPバリパだそうです。誰が、どのような過程で部分的データの分析結果公表に至ったか、ということはまだよく分からない状況のようです。











※何だかんだといっても、IMFによる「状況次第では債務削減(debt relief / haircut)も必要」と取れる内容の発表を導いたのは、チプラス首相の主張通り、国民投票の唐突な発表ではなかったかと。





というわけで、「ギリシャ不法入国者数、上半期でEU首位」の件について。





なお、「不法入国者」と言ってしまうと多少の語弊があるように思われます。

正確には海からの「難民 refugee」と「移民 migrant」です。

とは言え、あの船の定員を大幅に超えて乗せられている「難民」の映像を見ると、正式な手続きを踏んでの入国ではあり得ませんから、法的には「不法入国」で間違いないとは思いますが…。



国連、正確には国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)報告書(2015年7月1日)に基づく、英テレグラフの記事を以下に翻訳しておきます:

Greece overtakes Italy as first port of call for migrants
ギリシャ、「移民」の最初の寄港地としてイタリアに取って代わる


In the first six months of this year, Greece has received more migrants crossing the Mediterranean than Italy, according to a new UN report. Italy had previously been seen the rise in migrant arrivals.
国連の報告書によると、今年の前半6ヵ月において、ギリシャに地中海を渡って流入した移民の数はイタリア以上となった。イタリアは従前、移民の到着の増加の象徴と見られていた。

※国連報告書の画像で、今年上半期の海からの「難民と移民」の流入数は、ギリシャが68,000人、イタリアが67,500人と示されています。








• The number of refugees and migrants entering the western Balkans from Greece has already dramatically increased since the beginning of June, with more than 1,000 people entering every day, as opposed to 200 just a few weeks ago.
・ギリシャから西バルカン半島に流入した難民と移民は、6月の初め以来、劇的に増加している(2、3週間前には1日あたり200人だったのに対し、1000人以上となっている)。

• There has been a major increase in refugees and migrants taking the ‘eastern Mediterranean route’ from Turkey to Greece.
・トルコからギリシャに入る「東地中海ルート」を取る難民と移民に大きな増加が見られる。

• More than 85 pc of those arriving in Greece are from countries experiencing war and conflict, principally Syria, Afghanistan, Iraq and Somalia. From Greece, most move onwards across the Balkans to western and northern Europe. Italy remains the primary destination for Eritreans, Somalis and other people from sub-Saharan Africa.
・ギリシャに流入したうちの85パーセントは主にシリア、アフガニスタン、イラク、ソマリアといった戦争や紛争を経験している国からのものである。ほとんどはギリシャからバルカン半島を通って西ヨーロッパや北ヨーロッパに移動している。イタリアはいまもエリトリア人やソマリア人その他、サハラ砂漠以南のアフリカの人々の主たる目的地となっている。

※まるでフン族に追い立てられて「民族大移動」を起こしたゲルマン民族の様相です。それでローマ帝国が崩壊したように、やがては「EU帝国」も…

• 90pc of Syrian refugees interviewed in Greece said they wanted to find asylum somewhere else in the EU, mostly in Germany and Sweden, for better assistance and employment opportunities
・ギリシャにいるシリア人難民の90%は、よりよい援助や雇用機会を求めて他のEU国(ほとんどはドイツやスウェーデン)への亡命を望んでいると回答している。

※とにかくまずはギリシャに逃げ込み、シェンゲン協定で国境検査がないことを利用して、より豊かな地への移動を望むのは、ある意味、自然なことかと…

※スウェーデンはユーロには加盟していませんが、シェンゲン協定には加盟しています。シェンゲン圏内は国境検査がありません(一時、検討していましたが、その後どうなったかな??)。






現状、ギリシャを危機のまま放っておくとギリシャに入った難民はギリシャにはいたくない(ギリシャ自身が経済危機で助けられない)ので、ドイツやスウェーデンなどの豊かで福祉の整っている国は、大量の難民・移民を抱えることになりそうです。

ギリシャを助けず、その替わり「不法入国者」を助ける、ということになるわけです。

さらには、仮にギリシャが崩壊したら、ギリシャ人自体が難民化してドイツやスウェーデンに大量に押し寄せるかも知れませんね。

まさに、民族大移動、帝国崩壊の危機かと。



日本では、「ギリシャ政府の借金問題は、政府が多額の借金を抱える日本も他人事ではありません」とテレビなどで言われていますが、

はっきり言って借金問題自体はほぼ完全に他人事かと個人的には思います。

ギリシャ政府が抱えているのは通貨発行権の権能の及ばない債務であるのに対し、日本政府が抱えているのはほぼ完全に通貨発行権の権能の及ぶ債務のみなので、まるで別世界であります。


ただ、他人事で全くない問題もあります。

上記の「難民・移民」問題です。

仮に東シナ海の向こうで北アフリカや中東のような混乱が生じた場合、日本は、ギリシャ、イタリア、ドイツ、スウェーデンと同等以上の混乱に見舞われる可能性があります。

万が一にも日本が「ゲルマン民族大移動」で滅びたローマ帝国のようにならないためにはどうしたら良いかについて考えましょう、ということであれば、ギリシャ危機は全く他人事ではない問題であると言えそうです。



 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m  


※ギリシャ関連その他、ツイッターは頻繁に更新しています。当ブログのPC版の左上に表示しているツイッター窓で見て頂くか、「twitterでフォローして下さい」ボタンを押してツイッターを開いてみて下さい。
関連記事
スポンサーサイト

国の借金コメント(2)トラックバック(0)|

≪前の記事 ギリシャ、ドイツに債務免除していた!――1953年、第二次大戦戦勝国の一員として
≫次の記事 ギリシャ、波乱の一日終え、首相と財相は「反緊縮&ユーロ居座り路線」を強化

コメント

1540:では「国の借金大変だ」をどうするか…

私は廣宮さんの本に啓蒙されたおかげで、
くらえもんさんと同じく「PB黒字目標を議論する事自体がおかしい」派です。

記憶が定かで無くて済みませんが、
廣宮さんが確かブログ内?で「国の借金大変だ」の確信を取るには
50年位はかかると書かれていました。
その時は恐らく私の寿命が尽きるので待ってられませんww

冗談はさておき、これもブログでコメントされていた
(「国の借金」アッと驚く新常識にも書かれていましたね。)
外貨建て債務(共通通貨建て債務)については、国連のデータに載っているが
先進国のデータは掲載されていないとのこと。

日本の純然たる(民間・個人を含めた)外貨建て債務については、
日本銀行と言えども、知り得る事はできない
と考えて良いのでしょうか?
(企業会計について詳しく無く稚拙な質問で済みません)

と言うのは、
この外貨建て債務(共通通貨建て債務)を、
所謂「国の借金」と同時に公開してしまえば、
両者の区別が付き「国の借金」恐怖心を駆逐するのに効果的か?
と考えたからです。
駄文済みませんでした。


2015/07/03 18:01 | YUUYA #- URL [ 編集 ]
1541:Re: では「国の借金大変だ」をどうするか…

YUUYAさん

>廣宮さんが確かブログ内?で「国の借金大変だ」の確信を取るには
>50年位はかかると書かれていました。
>その時は恐らく私の寿命が尽きるので待ってられませんww

足かけ3世代くらい(60~90年)は覚悟しておいたほうが良いと思いますよ。冗談抜きで。
だからこそ私は心理学が致命的に重要と書いているわけなのであります。この一番致命的に重要なところがなかなか広く理解されませんが^^;

あるいは、歴史から学ぶというのも良いと思います。
天下を取るまでに足利家は9代、松平家は7代かかっています。
秦の王室に至っては始皇帝を輩出するまで800年です。

もちろん、突拍子もない大異変が生じて意外と早く達成されることもあるかも知れませんが、それは分かりません。
ゆえに、超長期の時間がかかっても耐えられるようにするために、心理学や脳科学、生理学の知見をしっかり活用するが致命的に重要なのだと思うのです。

家康が天下を取れた最大の要因の一つは、秀吉や利家や黒田官兵衛らライバルよりも長生きしたからだと言えます。
「多角的な視点から国の借金問題を捉える思想」を長生きさせることが何よりも肝要だというのが、私の考えです。そのためには、この思想はあまり攻撃的なものでない、調和的な思想であるほうが好ましい、とも考える次第です。例えば、老子の思想が2500年以上もの長きにわたって生き残っているように。


> 冗談はさておき、これもブログでコメントされていた
> (「国の借金」アッと驚く新常識にも書かれていましたね。)
> 外貨建て債務(共通通貨建て債務)については、国連のデータに載っているが
> 先進国のデータは掲載されていないとのこと。

世界銀行のデータベースで、途上国のデータのみが載っています。
先進国は基本的には外貨建て債務の問題が生じないという前提だったのだと思います。
アイスランドの国家破綻が起き、ユーロ圏債務危機が起きたのですから、そのような認識は改める必要があると思いますが、まあ、世界的な認識はまだまだ追いついていないようです。

IMFの対外債務の定義はそもそもからして外貨建てかどうかを区別しておらず、それはロゴフ教授らの著書でも同じでした。
世銀は外貨建てかどうかを区別していますが、ユーロのような「自国通貨」であっても通貨発行権の及ばない通貨建て債務かどうかまでは区別していません。

本当に必要なのは通貨発行権の権能が及ぶ債務かどうかです(ちなみにこれは私の博士論文に書き込んだ区別法です)が、その認識が広まるのは相当な期間が必要でしょう。広まるかどうかすら危ういかも知れませんが、地道にやるしかないかと。


> 日本の純然たる(民間・個人を含めた)外貨建て債務については、
> 日本銀行と言えども、知り得る事はできない
> と考えて良いのでしょうか?
> (企業会計について詳しく無く稚拙な質問で済みません)


いや、把握しようと思えばそれほど苦労なく把握できるでしょう。アイスランドについては破綻後になってからなのかも知れませんが、IMFが詳細な外貨建て債務のデータ(政府、金融機関、民間非金融別のデータ)をレポートに掲載していました。


> と言うのは、
> この外貨建て債務(共通通貨建て債務)を、
> 所謂「国の借金」と同時に公開してしまえば、
> 両者の区別が付き「国の借金」恐怖心を駆逐するのに効果的か?
> と考えたからです。
> 駄文済みませんでした。

それはおっしゃる通りかと思います。まあ、とにかく時間がかかることは覚悟しておいたほうが無難です。家康のような「長生き」が肝要です。

2015/07/04 11:14 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。