ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

670:ギリシャ、ドイツに債務免除していた!――1953年、第二次大戦戦勝国の一員として

2015/07/04 (Sat) 12:36
 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう


表題の件はあとにして、まず、昨日のギリシャ危機関係の動きのまとめです:







※世論調査に関しては英語のブルームバーグが自社依頼分の国民投票YES/NOとユーロ残留YES/NOの世論調査結果につき、時系列のグラフを載せています。

傾向をざっくり書くと

・国民投票
 NO↓
 YES↑
 ⇒現在はほぼ拮抗(差は誤差範囲内なので本当に拮抗)
 一方で、
 未決定↑+NOとYESともに微減↓
 という興味深い状況です。投票が迫るにつれて迷っている人が増えているというわけですね。
 最終結果は本当にどうなるか分かりません。

・ユーロ残留
 YES↑
 NO↓
 ⇒一週間でYESがどんどん増えています。目下、EUの法理論的にギリシャ人自身が望まない限りユーロ離脱はないので、基本的に国民投票の結果を問わずユーロ離脱はないと言えます。
 まあ、ギリシャが混乱すれば安全保障やギリシャ人自体が難民化することで難民・移民問題が悪化することでドイツもただでは済まないでしょうから、最終的には妥協に向かわざるを得ないのではないかと。








※私がブログや書籍で繰り返し書いていますように、経済の根本はカネではなくモノです。ギリシャ財相は羽柴藤吉郎に包囲された鳥取城(小判ザクザクでカネだけあって兵糧などのモノがない状態であっけなく落城)の轍は踏まなさそうですね。

※ちなみに、AP通信(英語)が「(銀行閉鎖、資本規制、年金削減から身を守るための)ギリシャ農村の秘密兵器:食糧を自ら育てよ」という記事を書いています。








国際政治情勢はどちらかというとチプラス首相の思惑通りに動いていると言えます。あとは、国民が支持してくれるかどうか、天下分け目の関ヶ原――ギリシャ版小早川秀秋は現れるか?――という塩梅。






というわけで本題です。これもAP通信の記事。簡単に紹介しておきます:






The case for Greece: when it forgave Germany's debt
ギリシャの真実:ギリシャがドイツの借金を免除したとき

http://finance.yahoo.com/news/case-greece-forgave-germanys-debt-154706236--finance.html
AP, July 2, 2015


LONDON (AP) — Forgiving debt, if done right, can get an economy back on its feet.
借金を免除すること、それが正しく行われれば、経済的な自立が可能となる。

The International Monetary Fund certainly thinks so, according to a new report in which it argues Greece should get help.
ギリシャは支援を与えられるべきことを論じている新しい報告書によれば、IMFは確かにそう考えている。

But Germany, another major creditor to Greece, is resisting, even though it knows better than most what debt relief can achieve. After the hell of World War II, the Federal Republic of Germany — commonly known as West Germany — got massive help with its debt from former foes.
しかしドイツなど主なギリシャに対する債権者らは、債務減免が達成できれば状況はもっと改善されると知りつつも、抵抗している。第二次世界大戦の地獄のあと、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)は、かつての帝国敵国からの大規模な債務支援を受けている。


Among its creditors then? Greece.
そのときの債権団の中には、ギリシャがあった。


The 1953 agreement, in which Greece and about 20 other countries effectively wrote off a large chunk of Germany's loans and restructured the rest, is a landmark case that shows how effective debt relief can be. It helped spark what became known as the German economic miracle.
1953年ギリシャは他の20か国と共に、ドイツに対する大規模な貸付の免除や債務再編を行う協定を発効させた。この協定は、債務減免がいかに効果的かを示す画期的な事例である。それは、奇蹟的なドイツの経済発展をもたらした。


So it's perhaps ironic that Germany is now among the countries resisting Greece's requests for debt relief.
ゆえに、ドイツが他の国々とともにギリシャからの債務減免の要求に抵抗し続けているのは恐らく、皮肉であると言えるだろう。


Greek Finance Minister Yanis Varoufakis claims debt relief is the key issue that held up a deal with creditors last week and says he'd rather cut off his arm than sign anything that doesn't tackle the country's borrowings.
ギリシャのヤニス・バロファキス財務大臣は、債務減免こそが先週の債権団との交渉における鍵となる項目であったと主張し、彼は債務減免のない協定に署名するくらいなら腕を切り落としたいとまで言っている。

The IMF backed the call to make Greece's debt manageable with a wide-ranging report on Thursday that also blames the Greek government for being slow with reforms.
IMFは木曜日の広範囲な報告書でギリシャ債務を維持可能な水準にすることを支持しつつ、ギリシャ政府が改革を遅らせようとしていることを非難している。

Despite years of budget cuts, Greece's debt burden is higher than when its bailout began in 2010 — over 300 billion euros ($332 billion), or 180 percent of annual GDP — because the economy has shrunk by a quarter.
四半期ごとに経済が収縮したことにより、何年にもわたる予算削減にも関わらず、ギリシャの債務負担は、3千億ユーロ(約40.5兆円、GDP比で180%)を超え、支援が始まった2010年よりも高くなっている。

Here's a look at when Germany got debt relief, and if such action might help Greece.
もしかしたらギリシャを助けることにつながるであろう、ドイツが債務減免を受けたときのことを以下に示す。


FORGIVE US OUR DEBTS
我々の借金を免除して下さい


1953's London Agreement, hammered out over months, was generous to West Germany. It cut the amount owed, extended the repayment schedule and granted low interest rates.
数か月にわたる激しい議論の末に合意に至った、1953年のロンドン協定は、西ドイツに寛容であった。その協定により、債務の一部が免除され、返済スケジュールが延期され、低金利が与えられた。

And crucially, it linked West Germany's debt repayment schedule to its ability to pay — tying repayments to the trade surplus it was running and expected to run. That created an incentive for trading partners to buy German goods.
そして決定的なこととして、返済スケジュールはドイツの支払い能力に適合するように調整――貿易黒字の実績値あるいは予測値に連動――された。このことは、貿易相手国らに、ドイツ製品購入の動機づけを与えた。

The deal effectively blocked claims for reparations for the destruction the Nazis inflicted on others.
この協定においては、ナチスによる破壊に対する賠償権も放棄された。

But it wasn't a one-way street.
しかし、これは一方通行のものではなかった。

"The London Agreement gave Germany sweeping debt forgiveness and protection from creditors, in exchange for pro-market reforms," said Professor Albrecht Ritschl of the London School of Economics.
「ロンドン協定はドイツに債務免除と債権団からの保護を与える替わりに、親市場の改革(要するに新自由主義的な改革?)を実行させるものであった」とロンドン大学経済学校のAlbrecht Ritschlはいう。

West Germany was able to borrow on international markets again, and, free of onerous debt payments, saw its economy grow strongly.
西ドイツは再び国際市場での借入れが可能となり、そして、やっかいな債務支払いから自由になり、経済は力強く成長した。

Development activists cite that case when arguing for easier terms for troubled countries today.
開発発展活動家らは、今日の困難に陥った国に寛容な手段を用いる主張をする際、このケースを引き合いに出す。

"The same opportunity should be given to Greece that was given to Germany in 1953," said Eric LeCompte, executive director of debt relief organization Jubilee USA.
「1953年にドイツに与えられたような機会が、ギリシャに与えられるべきだ」と、(社会的弱者の)債務減免を手助けする団体であるJubilee USAの執行役員であるEric LeCompteはいう。

Greece has had some relief. Private sector bondholders lost 53 percent of face value in a 2012 restructuring, and remaining debts have been stretched out.
ギリシャはいくらかの債務免除をすでに受けている。民間の債券保有者は2012年の債務再編において額面価額の53%を失っているし、残っている部分も返済が延期されている。

Now most of Greece's debt is owed to bailout creditors. While they, notably the IMF, have indicated that the debt load should be made more manageable, little has been done of late.
いまや、ギリシャの債務の大半は救済債権団によって保有されている。債権団ら、特にIMFは、債務が維持可能な水準となるべき(債務減免をすべき)ことを示唆しているが、最近はほどんどなされていない。

___

NOT CHARITY
チャリティーではない


The German debt forgiveness was driven by the United States, which pressed others to get a deal — British creditors gave up two-thirds of what they were owed.
ドイツの債務減免は、米国主導でなされた。米国は他の国々に圧力をかけ、英国は3分の2の債権を放棄した。

It wasn't charity. The U.S needed a strong West Germany as an ally against the perceived threat of the Soviet Union.
これはチャリティーではない。米国は、ソ連の目に見える脅威に対抗するため、同盟国としての力強い西ドイツを必要としていた。

(後略)






国民投票がYESとなろうと、NOになろうと、

・クレタ島の米軍基地喪失リスク
・ギリシャのNATO脱退リスク
・中露のギリシャへの影響拡大リスク・
・ギリシャを経由する難民・移民増大リスク・
・ギリシャ経済崩壊によるギリシャ人自体の大量難民化リスク

がそこにあります。

欧州や米国の政治家や、あるいは諸国民が、これらのリスクをどのように評価した上で、どのような判断を下すか、それが鍵になりそうですね。

いや、一番重要なのは、ドイツの政治家と国民が1953年のことを思い出せるかどうか、でしょうか。


 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m  


※ギリシャ関連その他、ツイッターは頻繁に更新しています。当ブログのPC版の左上に表示しているツイッター窓で見て頂くか、「twitterでフォローして下さい」ボタンを押してツイッターを開いてみて下さい。
関連記事
スポンサーサイト

国の借金コメント(2)トラックバック(0)|

≪前の記事 独、土壇場で「NO」を支持?:対ギリシャ強硬派の独財相が「NOはギリシャの一時的なユーロ離脱につながる」発言直後に「我々はギリシャを見殺しにしない」と姿勢急転換+ギリシャのNO支持は極左と極右であり日米の反TPPと同じ構造
≫次の記事 ギリシャ不法入国者数、上半期でEU首位に――日本にとって他人事でないのは、借金問題よりは難民・移民問題かと+今朝までのギリシャ危機関連の動きのまとめ

コメント

1544:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/04 20:04 | # [ 編集 ]
1545:Re: タイトルなし

内緒様。
お久しぶりです。貴重なコメント、ありがとうございます!!

歴史の背景など、本当に面白いです。

なるほど、ネットは「NO」が多いのですね。一方でテレビや新聞は「YES」ばかり。
AVGIという新聞(たしかシリザ支持?)の世論調査
http://www.avgi.gr/article/5681947/ereuna-tis-public-issue-gia-to-site-tis-augis-50-50-maxi-mexri-tin-teleutaia-ora#st_refDomain=t.co&st_refQuery=/bZtzJ1lZOl
で、若者ほど「OXI(NO)」が多い結果になっていたのはそのせいですね。(なお、私はもちろんギリシャ語は読めません。英テレグラフの記事を手掛かりにみています)。

なるほどなるほど。なにやら日本と似ていますね…。

またのコメント(公開バージョンのコメント)、頂ければ幸いです(ひそかに楽しみにしております!)

2015/07/05 00:11 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。