ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

672:ギリシャ、反緊縮が地すべり的勝利⇒今後の想定シナリオ:ドイツが「ギリシャをユーロから追い出せ」世論に押されて強硬路線→株価暴落(?)→ドイツ世論に揺らぎ→ギリシャがほど良く妥協し債権団譲歩引出してユーロ居座り

2015/07/06 (Mon) 12:20
 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう


ギリシャ国民投票、直前の「接戦」の世論調査結果が見事に打ち破られ、「NO=反緊縮」が地すべり的勝利となりました。







ただ、NOが「地すべり的勝利」とは言え有権者数に占める割合は36%に過ぎず、実は最大派閥は「無投票+無効票+白票」(41%)でした。


                                     人                対有権者数比
有権者数                       9,858,508   100%
NO票                            3,558,450    36%
YES票                          2,245,537    23%
無投票+無効票+白票 4,054,521    41%

データ出典:ギリシャ内務省データより計算




前回の今年1月の総選挙(現政権が誕生した選挙)の投票率は65%だったと記憶しています。今回の投票率はそれより低い62%でした(有効票の割合は58%)。いや、意外と冷めてますね。
あるいは、生活が厳し過ぎて投票に行く余裕もない人々が多かったのか…






それにしても、前回紹介させて頂いた現地在住の方の話では、大手メディアの「YES」キャンペーンに対し、ネット世論は圧倒的に「NO」だった話を考え合わせると、実に興味深い話です。

というのは、これが本当であれば大手メディアがネット世論に完全に敗北したことになるからです。



前回も少し紹介したAVGI紙(大手新聞で唯一の与党シリザ寄り)に載っていた、事前の世論調査の内訳を見ておきましょう:

AVGI紙の当該ページ
英テレグラフ紙による英訳

Age  No (pc)  Yes (pc)  年齢別
18-25  71  20 
25-34  59  26 
35-44  34  53 
45-54  48  36 
55-64  44  47 
65 and over  26  56 

Job  No (pc)  Yes (pc)  職業別
Private sector  54   34 
Public sector  58   31 
Unemployed  51   26    →失業者
Students  83   13   →学生
Self-employed  39   50 
Pensioners  31  55  →年金受給者
Housewives  42  42 


若年層、学生は「NO」が圧倒的だったのに対し、高齢者、年金受給者が「YES」が優勢だったという興味深いデータになっています。


関連ツイート:




※今後、今回の結果を踏まえて若年層が自分たちの政治的影響力に自信を深め、ギリシャの政治に大きな影響を与えるのではないでしょうか。






次に、
今後の想定シナリオについて検討する前に、
今回の投票締め切り前の独仏要人の言動――締め切り前、ということは、投票行動に影響を及ぼし得る発言――を紹介しておきたいと思います:






※ついにフランスの閣僚、ナチスのネタを持ち出しましたね。しかも、あからさまに「NO」への投票を呼び掛けています。







※正確には、木曜日のインタビュー内容が、投票の真っ最中に公表されたのに対し、欧州議会議長がそれを打ち消すかのような発言をした、ということのようです。ただ、対ギリシャ強硬発言は国内向け、融和的な発言は海外向け(特に、ギリシャの有権者向け)というような、微妙なさじ加減をしているのでしょう。まさに政治的、と言えます。




もう一つ、フランスの駐米大使もツイッターでこんな発言:



※これも投票時間中のものです。訳すと:

「ギリシャの国民投票がどんな結果になろうと、フランスはギリシャがEUとユーロ圏に留めるために最大限度のことをする」






というわけで、

投票締め切り前までの独仏の政治家の姿勢はこんな感じ:

ドイツ
前回書いたショイブレ財相も、今回の欧州議会議長も、国内向けは強硬発言(ギリシャをユーロから少なくとも一時的に追い出す)、国外向け(これから投票に向かうギリシャ有権者含む)は融和的発言、という様相でした。

フランス
以前も書きましたがオランド大統領は国民投票を待たずに交渉を続けるべき、という感じで親チプラス政権的発言で一貫しています。そして今回の、経済大臣、駐米大使のいかにも「NO」に投票しましょうという踏み込んだ発言がフランス要人の特徴といえます。しかも、ナチスまでうまく持ち出してドイツをけん制しています。ただ、オランド大統領はあからさまに「NO」への投票呼びかけはしていないようです。それをやるとドイツと決定的にこじれる可能性を頭に入れて、周りの要人だけがそのような発言をするに留める、という微妙なさじ加減の駆け引き展開の様相です。




で、投票結果を受けた経済メディアの反応は、こんな感じ:






まずは、つい最近もチプラス首相の「ほぼ無条件降伏」報道で株価を上昇させた実績のある英フィナンシャル・タイムズ

No vote puts Greece’s euro future in doubt
「NO」でギリシャのユーロ残留不確かに

Berlin accuses Tsipras of ‘tearing down the last bridges’
ドイツはチプラスが「最後の架け橋を破壊した」と非難

http://www.ft.com/cms/s/0/ff37c3a0-22e7-11e5-9c4e-a775d2b173ca.html





ロイター

German calls for Grexit mount as EU stunned by 'No' vote
ドイツ、ギリシャの「NO」でEUがつまずいたのを受け、ギリシャのユーロ離脱求める

http://www.reuters.com/article/2015/07/05/us-eurozone-greece-eu-idUSKCN0PF11S20150705?mod=related&channelName=ousivMolt

※記事の概要は、ギリシャをユーロから追い出せというドイツ世論を背景に、ユーロから追い出せという与党政治家が増えており、これまで繰り返しギリシャをユーロに留めたいと言っていたメルケル首相も姿勢を転換するかもしれない、というようなものです。





ブルームバーグ

How Bad Is ‘No’ for Greek Banks? Analysts Split on ECB Lifeline
「NO」がいかにギリシャの銀行に悪影響を及ぼすか?ECBのつなぎ融資につき、専門家の意見は真っ二つ

http://www.bloomberg.com/news/articles/2015-07-05/how-bad-is-no-for-greek-banks-analysts-split-on-ecb-lifeline


Even Greece’s German Allies Despair at ‘No’ Vote in Referendum
ギリシャのドイツにおける同盟者ですら、国民投票の「NO」に失望

http://www.bloomberg.com/news/articles/2015-07-05/even-greece-s-german-allies-despair-at-no-vote-in-referendum



Surge in Europe Stock Options Volume Shows Race to Hedge Greece
欧州、株価急落に備えたオプション取引が急増

http://www.bloomberg.com/news/articles/2015-07-05/surge-in-europe-stock-options-volume-shows-race-to-hedge-greece







ウォール・ストリート・ジャーナル



In Rebuke to Europe, Greeks Vote Resounding ‘No’ to Bailout Terms
欧州への厳しい非難のなか、ギリシャは救済案に大きな「NO」

Outcome sets Athens up for further clash with European creditors and uncertain future in eurozone
この結果はギリシャを欧州債権団との更なる衝突に向かわせ、ユーロ圏残留を不確かにした

http://www.wsj.com/articles/polls-close-in-greek-referendum-1436113280






と、とりあえず米英の主要な経済メディアは、ドイツがカンカン、ギリシャ激ヤバという雰囲気を醸し出し、当面の世界的な株価下落を思わせる論調となっています。








最後に、日本経済新聞。意外と冷静です。


ギリシャ国民投票、反対派上回る チプラス首相が勝利宣言
欧州に交渉呼びかけ

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK06H0P_W5A700C1000000/






というわけで今後の想定シナリオの検討です。


まあ、今回のエントリーのタイトルに書いていますように

今後の想定シナリオ:ドイツが「ギリシャをユーロから追い出せ」世論に押されて強硬路線→株価暴落(?)→ドイツ世論に揺らぎ→ギリシャがほど良く妥協し債権団譲歩引出してユーロ居座り

というのが最もあり得るのではないかと、現時点では考える次第です。


上のほうに紹介した世論調査の詳細を見ると、年金受給者は意外にも「YES」派が多くなっていました。

チプラス首相は1週間前、債権団による年金の更なるカット要求を蹴って、国民投票にかけたわけです。年金受給者を守ろう、てなものです。ところが、この調査に基づけば、肝心の年金受給者が「YES」、つまり、債権団による年金カット案を飲んでも良い、という人のほうが多いとみられるわけです。


それならば。

チプラス首相は今後、年金カットを飲んでもいいか、ということになるでしょう。

ただ、「NO」を突き付けた1週間前の債権団の提案通りでは、国民投票の「NO」は何だったのか、ということになりますから、債権団提案を多少なりとも弱めた年金カット、というのが落としどころでしょう。

今後、欧州全体の金融が不安定化すれば、ドイツの有権者や与党政治家らも、ギリシャが多少なりとも年金カットを飲むのならば、致しかたないのう、となるのではないかと想像する次第です。


この線で考えると、最近の中国、上海株の「暴落」の様相は、「一つの欧州」を維持したい人々にとっては、もっけの幸いとも言えます。これは、欧州の金融不安定化の要因ともなるわけですので。


そして、ああだこうだグダグダと言っているうちに

・クレタ島の米軍基地喪失リスク
・ギリシャのNATO脱退リスク
・中露のギリシャへの影響拡大リスク
・ギリシャを経由する難民・移民増大リスク
・ギリシャ経済崩壊によるギリシャ人自体の大量難民化リスク

といったことも、クローズアップされてくるでしょう。


というわけで、今後は

ドイツが「ギリシャをユーロから追い出せ」世論に押されて強硬路線→株価暴落(?)→ドイツ世論に揺らぎ→ギリシャがほど良く妥協し債権団譲歩引出してユーロ居座り

という具合に推移して行くのではなかろうか、と思う今日この頃であります。



 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m  


※ギリシャ関連その他、ツイッターは頻繁に更新しています。当ブログのPC版の左上に表示しているツイッター窓で見て頂くか、「twitterでフォローして下さい」ボタンを押してツイッターを開いてみて下さい。
関連記事
スポンサーサイト

国の借金コメント(1)トラックバック(0)|

≪前の記事 ギリシャ新財相は反グローバリゼーション、反新自由主義の経済学者:冷静で物腰柔らかな、ギリシャ左派期待の星
≫次の記事 独、土壇場で「NO」を支持?:対ギリシャ強硬派の独財相が「NOはギリシャの一時的なユーロ離脱につながる」発言直後に「我々はギリシャを見殺しにしない」と姿勢急転換+ギリシャのNO支持は極左と極右であり日米の反TPPと同じ構造

コメント

1549:ドイツ帝国の肚一つ


下手に銀行を開けてしまうと取り付け騒ぎが起こるリスクもあり、また国内のユーロが枯渇すると自国通貨で凌がざるを得なくなるということですが(ユーロ離脱?)、ELA(緊急流動性支援)が最後の頼みの綱ですか、ECBからの資金提供が法的に困難となり、新ドラクマ(=IOU)が導入される本当のデッドラインである7月20日の国債償還を前に、一応のクライマックスを迎えた(土壇場で歩み寄ると想定されていたため茶番とも言われた)ギリシャ問題(中国株はPKOむなしくまだのようですがドル円レートを見る限りギリシャ・ショックは終わったとか)。

国民投票の結果はNOということで 7月20日まで何も決まらないリスクも出てきたようで、このままいくと、保留となっているIMFへの返済は事実上、支払い不能が確定、20日の国債も償還不能となる見込みで、もしこれが確定すれば、IOU(=新ドラクマ)発行を余儀なくされ、ユーロ圏からの離脱の方向へ進むことが予想されるとのことですが、ロシアや中国など誰かから資金提供があって20日の国債が償還できれば問題は先送りできるみたいですね。

過去に交渉が決裂したことは一度もないため今回も恐らく面目を保った上で何らかの譲歩に応じ妥協する(最後はドイツが折れる)と想定されているため(早速メルケル首相はダメ発言をしたとか)、ここが買い場とばかりに早くも7月第2週から本格化する企業決算や米利上げ動向に注目している市場参加者は多くマーケット的には面白くなってきたそうですが(はてさて)。

2015/07/07 00:20 | Mr.T #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。