ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

679:「これはクーデターだ!」:国民投票前のショイブレ独財相のちょいブレは、“NO”勝利を間接的に支援した上で「信頼性が」とチプラス政権にいちゃもんを付け、ギリシャ財政主権接収に持って行くための仕込みだった?

2015/07/13 (Mon) 12:28
 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう



ギリシャ問題、昨日もまた大荒れな一日でしたね。
そして、大きな流れは、前回(昨日)書いたような、ドイツによるギリシャの財政自主権の接収の流れに向かっているようです。

(これが仮に失敗し、万一ギリシャのユーロ離脱となれば、シリザ内の「革マル派」や、ネオナチの「黄金の夜明け」が勢いづくことになろうかと思います。ゆえに、グレグジットの政治的リスクは非常に高いし、経済的コストは非常に高くつくことになるでしょう。その場合、ドイツはギリシャ政府に貸している約8兆円や、ドイツ企業がギリシャ国内に持っている権益の大半を失うんことにつながると思いますので、それは本当の狙いではないでしょう。ゆえに、最後には話がつくと見ますが、どうでしょうか)

というわけで、以下、私の関連ツイートを振り返りながら補足を加えます:


















※「信頼」という「通貨」が失われたので、現ナマという本物の「通貨」を寄越せ、という具合でしょうか。







※ギリシャが今回提出していた提案は、フランス官僚軍団の全面バックアップで作成されたものでした。オランド大統領にしたら、全面的に顔をつぶされたという塩梅ですね。


※ちなみに、ユーロ圏諸国につき、ギリシャに対する態度が融和的か、中立的か、敵対的かを色分けして示す地図をガーディアンが作成しています。パッと見では、カトリック教徒の割合が多い国ほどギリシャに対して融和的かな、という印象。
 ギリシャは東方正教会ですが、大雑把に言ってしまえば、カトリック教会(バチカン)は西ローマ帝国で、東方正教会は東ローマ帝国ですね。いや、関連性があるのか、ないのかは分かりません。偶然の一致か何かでしょうか。
 ちなみに、カトリック教徒の多いラテン系民族は、大きな政府志向である、というのはフランスのル・ボンが百年以上前に指摘していたことです。それとは関連性があるかも。










※ショイブレさんは、ギリシャの国民投票の発表後、非公開の会合において「結果がNOでもギリシャはユーロ圏を脱退しなくともよい」と発言していたことが、匿名のドイツ連邦議員3名からブルームバーグにリークされていました。その後も、投票直前において、ギリシャに厳しい発言をしたかと思えば、融和的な発言に転じるということもありました。この言動は、「NO」派に有利なものだったと言えます。平たく言ってしまえばギリシャの「NO派」有権者を後押しした、とも言えます。
その上で、「信頼性が」と言っているわけです。何かあるな、と思っていたら案の定、というべきでしょうか。

しかし、公平性のために言及しておくと、
ガーディアンが、このKfWの件につき、「スキャンダルではないと主張」しているアメリカの金融アナリストがいることを紹介しています。
ガーディアンは基本、リベラルですので、「スキャンダルではない」という主張があると紹介することで、逆に「スキャンダルかも」と匂わせているように思われますが、どうでしょう。









※チプラス首相も、さすがにそれは受けられなさそうですね。

この件を含め、クルーグマン教授がご立腹です↓。







シリザと緊密な関係を持つ、スペイン版シリザと言えるポデモスは、最近の世論調査では上位2政党と支持率でほぼ並んでいるそうですが、そのポデモスの党首も大層ご立腹↓







そして今の大きな流れがこれ↓






そして、チプラス首相は水曜日までに色々なことをやり切ることを迫られています↓。


ギリシャに72時間の猶予、欧州首脳が緊縮策の法制化を要求
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NRDT9VSYF01T01.html
ブルームバーグ 2015/07/13




国民投票だ!とやってから得た成果物の数々を考えるとギリシャのシリザ政権は大した交渉上手だ、とはいまも思っていますが、二次大戦前からの生き残りであるショイブレ独財相らの老獪さも凄まじいものがあるようです。

何やら、タヌキとキツネの化かし合いに多くの諸国民(とりわけギリシャ国民)が巻き込まれている、という具合でしょうか。

日本の政治家や官僚の皆さんは、世界において、こんな海千山千な人達と互角以上にわたり合わなければならないのか、というのが私のいまの率直な感想です。



 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m  


※ギリシャ関連その他、ツイッターは頻繁に更新しています。当ブログのPC版の左上に表示しているツイッター窓で見て頂くか、「twitterでフォローして下さい」ボタンを押してツイッターを開いてみて下さい。
関連記事
スポンサーサイト

国の借金コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 ギリシャ危機、本当の「勝者」は「ドイツ第四帝国」か、「ローマ帝国」か?
≫次の記事 ギリシャ瀬戸際外交の瀬戸際――瀬戸際なのはギリシャだけでなくドイツやEU全体も、だと思いますが!

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。