ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

687:「反ユダヤ」熱が燃え盛る欧州からロシアへのユダヤ難民受入れ、プーチンが提案

2016/01/20 (Wed) 21:49
 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

当面、ツイッターのみ更新し、ブログ更新はどうしてもツイッターでは表現しきれない重要なニュースがあったときだけ、というようにする方針です。

※私のツイッターは、当ブログのPC版の左上に表示しているツイッター窓で見て頂くか、「twitterでフォローして下さい」ボタンを押してツイッターを開いてみて下さい。




※というわけで、ツイッターでは書ききれ無さそうな話なので、ブログ更新です。

いや、今日は全く更新する予定ではなかったのですが、RT(ロシア・トゥデイ)が欧州におけるユダヤ人の「第二次大戦以来、最大の危機」について、非常に興味深い記事を書いていたので、ついつい、更新します。

全部まじめに翻訳すると時間がアホみたいにかかる(昨日のは4、5時間かかりました)ので、今回はかなり大雑把な訳にてご紹介:


Putin offers Russian refuge to European Jews facing anti-Semitism
反ユダヤ主義に直面する欧州のユダヤ人に、プーチンがロシアへの避難を提案

https://www.rt.com/politics/329517-putin-offers-russia-refuge-to/
RT, Published time: 20 Jan, 2016

As a rising wave of anti-Semitic attacks engulf Europe, the Russian president has offered European Jews protection by proposing that they immigrate to Russia.
欧州で反ユダヤ主義が高まる中、ロシア大統領は欧州のユダヤ人にロシアへの移住による保護を提案した。

In a meeting with members of the European Jewish Congress in the Kremlin, the president of the congregation complained to Vladimir Putin about the rising anti-Semitism across Europe that has manifested itself in an increased number of attacks against Jews.
クレムリンにおけるプーチンとの会合で、欧州ユダヤ人会議(ECJ)の議長は、ユダヤ人襲撃事件の増加によって明白になっている欧州での反ユダヤ主義の高まりについて、申し述べた。


Focusing on the tragic events in France last year Vyacheslav Kantor, president of the European Jewish Congress (ECJ), said that European Jews are facing mass discrimination, the biggest since the end of World War II.
昨年のフランスにおける悲劇的事件に関して、ECJ議長のKantorは、欧州ユダヤ人が第二次世界大戦終結以来、最大の差別問題に直面していると述べた。

"The position of Jews in Europe today is the worst since the end of World War Two. Jews [are] gripped by fear and the very real new Exodus of Jews from Europe," Kantor told Putin.
「今日の欧州におけるユダヤ人の位置づけは、第二次世界大戦終了以来、最悪です。ユダヤ人は恐怖にとらわれ、欧州からの新たな“出エジプト(大量脱出)”に直面しています」とKantorはプーチンに言った。


Based on Kantor's estimates, there has been a 40 percent annual rise in cases of anti-Semitism in Europe in recent years. He blamed the increase of hatred towards Jews on the worsening economic situation in Europe following the global financial crisis of 2008.
Kantorの見積もりによれば、近年、欧州における反ユダヤ主義の事件は毎年40%増えている。彼は2008年の世界的な金融危機以降、悪化している欧州の経済状況に関してユダヤ人に向けられる憎悪が高まっていることを非難した。

The deteriorating economic conditions have led to nationalism, xenophobia and racism, according to the ECJ president. He said that ultra-right organizations are “springing up like mushrooms” in France, Germany, the UK, Greece, Hungary, Sweden and Italy. Furthermore, the rise of Islamic extremism in Europe is prompting a mass exodus of Jews from the EU, as some member states can no longer offer adequate protection.
ECJ議長によれば、悪化する経済状況は、ナショナリズム、排外主義、人種差別主義を高めた。彼は、フランス、ドイツ、イギリス、ギリシャ、ハンガリー、スウェーデン、イタリアにおいて極右組織が「雨後のタケノコのように急増している」と言った。さらには、欧州におけるイスラム過激主義の高まるとともに、一部のEU加盟国が適切な保護をもはや提供できなくなり、ユダヤ人の欧州からの大量脱出を促進している。

"For example, the emigration flow from France, which only yesterday seemed so safe, is bigger than from Ukraine, [which is] engulfed in civil conflict. Why are the Jews fleeing from Europe? They run...not only because of terrorist acts against our communities in Toulouse, Brussels, Paris, Copenhagen, now in Marseilles, but because of the fear to just appear in the streets of European cities."
「例えば、昨日まで安全に見えていたフランスから出国する移民の数は、内戦中のウクライナからのそれより大きい。なぜ欧州からユダヤ人が逃げ出すか? トゥールーズ、ブリュッセル、パリ、コペンハーゲン、そしてマルセイユのユダヤ人コミュニティーへのテロ攻撃だけが理由ではない。欧州の町中での(日常的なところで)恐怖を感じるようになったからだ」

President Putin replied: "Let them [Jews] come to us then," adding that "during the Soviet period they were leaving the country, and now they should return."
プーチンは答えた:「それでは彼らユダヤ人を我々のところに来させてください」「ソ連時代に彼らは国を離れたが、今や彼らは戻って来るべきだ」

Kantor called Putin's proposal a “new fundamental idea” that the Congress will take up for debate.
Kantorはプーチンの提案に対し、「新たな根本的な考え」とし、EJCはそれについて議論すると答えた。

While the Soviet Union saved hundreds of thousands of Jews from being exterminated by the Nazis during World War II, after Mikhail Gorbachev opened the borders in the late 1980s many Jews and their families decided to emigrate from the USSR.
ソ連は第二次大戦中、ナチスによって根絶されることから数十万ものユダヤ人を救ったが、1980年代にゴルバチョフが国境を開いて以来、多くのユダヤ人とその家族はソ連からの移住を決断した。

Between 1989 and 2006, according to Haaretz figures, some 1.6 million Soviet Jews and their relatives opted to move to Israel under the Israeli Law of Return, which offered them citizenship. About 979,000 migrated to Israel, while another 325,000 migrated to the United States, and roughly 219,000 to Germany.
1989年から2006年の間、イスラエル紙ハーレツによれば、160万人のソ連のユダヤ人とその親族が、彼らに市民権を与えるイスラエル帰還法のもと、イスラエルへの入国を認められた。97.9万人はイスラエルに、32.5万人はアメリカに、21.9万人がドイツに移住した。

The European Jewish Congress was founded in 1986 and is based in Paris. It has offices in Brussels, Strasbourg, Berlin and Budapest.
EJCは1986年、パリに設立された。ブリュッセル、ストラスブルグ、ベルリン、ブダペストに支部がある。

-----


上記の記事の内容は、ヨーロッパの混沌状態をありありと映し出す一幕ともいえます。

一方、プーチンの狙いは?

1.欧米からの経済制裁解除に向け、アメリカ政界にも影響力のあるユダヤ人コミュニティーの心をつかみたい
アメリカでは、リベラルでも保守でも、民主党でも共和党でも少なからぬユダヤ人議員がいるし、資金力でもって政治家を動かせるユダヤ人大富豪も少なからずいます。
・保守、共和党は挙げるまでもないかと思うので挙げませんが、リベラル、民主党では例えばサンダー・レヴィン下院議員(TPP反対…というか、TPPに関しては日本の自動車市場をもっと解放しろと言っていた方ですね)など。ちなみに、レヴィン下院議員はユダヤ系議員としては珍しくオバマ政権のイラン核協議に賛成でした。
・ユダヤ人で共和党に絶大な影響を持つ大金持ちと言えば、例えば、ギャンブル業界世界最大の企業であるラスベガス・サンズのCEO、シェルドン・アデルソン氏です。

2.ユダヤ人の金持ちに、カネと一緒にロシアに移住してもらいたい
いや、しかし上記記事の、EJCの議長による「ワシらユダヤ人がみんな金融屋で、そんでもって金融危機、リーマンショック引き起こして世界をめちゃくちゃにしたなんて、とんでもない言いがかりやで」という趣旨の発言からすると、これはそこまで期待できないかも知れません。

3.技術力の高い層が多いユダヤ人をロシアに呼び込み、長期的には現在のような経済のエネルギー資源依存の状態を脱却したい(ついでに、そのためにユダヤ人金持ちの投資も呼び込みたい)
最近、フェイスブックで教えて頂いたところによると、イスラエルの技術力の高さ、人口当たりの特許取得件数の多さは半端なく高いとのことです。この件に関しては、ネイバーまとめの「世界が熱視線を送る第2のシリコンバレー「イスラエル」」も参考になるかも知れません。

とまあ、そんなところでしょうか。

なお、私がこれに関して注目するもう一つのことは、経済制裁や原油価格の大幅下落で経済的にはドイツやフランスより苦しいはずのロシアに、ユダヤ人に避難先を提供するゆとりがある(らしい)ということです。
それはつまりは、プーチン大統領が絶対的な権力を保持して、ロシア国内の統制が取れているということの現れ、ということではないかと思います。
欧州は民主主義の弱点が露呈し、それによって右傾化が進みつつある過程であって、それで混乱が生じている。
ロシアは、(一応は民主主義ですが)プーチン大統領の権力体制がすでに強固で盤石なものになっているため、経済的に苦しかろうがなんだかんだといって安定している。

また、
プーチンと言えば、最近、こんな一幕も:







互いに褒めたり擁護したりしているプーチン氏とトランプ氏。

仮にトランプ氏が当選すると、世界がガラッと変わりそうです。


「『ナチスの反省』で、移民や外国人にやさしい政策を

 取るようになったはずの、ドイツを始めとする欧州。

 移民に優しくし過ぎたことで、却って不満が爆発。

 よもやナチスの恐怖がよみがえるとは、何たる皮肉か?」


と思われた方は、↓クリックをお願いいたします。


 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m  
関連記事
スポンサーサイト

政治問題コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 新著『異次元大恐慌』の目次です--「資本主義でも、共産主義でも、民主主義でもない、異次元な新時代の幕開け」
≫次の記事 オバマ、強権発動へ?最後の1年で大統領令を「大胆に」使いまくると宣言。TPP推進に向かうか、格差撲滅に向かうか…。先の読めない米財界は戦々恐々

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。