ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

69:世界最大の「ベンチャーキャピタル」[2]

2009/10/29 (Thu) 12:37

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788








要するに、

いまやロボットの競争で勝つか負けるかは、

その国が兵器としてのロボット/無人機をまじめに開発する気があるのかどうか

それに国家の予算をつけるかどうかの関数になっているのでしょう。


しかも、

一定時間以上、怠慢を放置してしまえば、もはやいくら予算をつぎ込んでもキャッチアップなどできないほどの格差が開いてしまうおそれがあります。


かりにもし、

「在宅介護アシスト・ロボット」や、「無人漁船」の根幹特許を、

ことごとく米国におさえられてしまったなら、日本経済の将来はどうなるでしょうか?



「何でもかんでも民間で」、

「何でもかんでも市場に任せる」、

という市場原理至上主義者の考えに従っていれば、


ロボット技術の民間分野における日本の優位性もいずれ必ず損なわれるであろう

という兵頭さんの警句は、全くもって正鵠を射ていると思いますが、いかがでしょうか?




日本では「軍」の一字で賛同を得にくいということであれば、

せめて

実用的ハイテク分野

ということにするとしても、

大規模「官製ベンチャーキャピタル」は今すぐにでも必要でありましょう。




最後に、

この本の中では

在日外国人参政権

に触れられているのですが、その反対の理由について、非常に感銘を受けたので、ついでながら紹介させて頂きます。

国防の義務を負わぬ移民に特権を渡せば「法の下の平等」が崩れる


つまり、

「参政権」という権利には、「国防」という義務が伴う、という考え方です。


外国人は国防の義務がないのだから、

参政権という権利を渡すことは法の下の平等という法治国家の根幹が崩れてしまう、と。


もちろん、

現代日本は徴兵制ではなく志願兵制(と言ってしまうと、「政治的に正しい」かどうか分かりませんが、実質的に志願兵制と言って構わないでしょう)ですので、

いきなり文字通りの国防の義務を国民が負っているわけではないでしょう。


しかし、

潜在的には、権利の代償として国民は国防の義務を負っている

という考え方を背景にした鋭い指摘は、私、腹の底にずしんと響きました。



さて、

目下、日本の国防を担う自衛隊

【国の借金大変だ教】

の教義に従って制定された

【行政改革推進に関する法律】

に従って、

5%以上の人員削減

つまり、自衛隊全体で約9800人(=約2個師団弱)以上の削減を目指して、
【絶賛リストラ中】
です。


一方、DARPAの2010年度予算(09年10月~10年9月)は、

32.5億ドルで、

この経済危機の中、08年度26.7億ドル、09年度31.3億ドルにくらべ、むしろ増額となっておりますね…

http://www.darpa.mil/Docs/2010PBDARPAMay2009.pdf
↑のページ番号「iv」参照です。

「【国の借金大変だ教】の人たちは、【国にはカネがないので、防衛予算も人員も削り、ハイテク技術投資も怠りますが、それでも私達は国を守ろうとしています】という中途半端なことは言わず、 いっそのこと【防衛予算全額カット、自衛隊解散】、そして【某共和国・日本省】になるように運動すれば良い。 【某共和国・日本省】になれば某共和国海軍が領海侵犯したり攻めて来たりする可能性が100%無くなるし、その方が却ってスッキリするわい」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「ポチ」と思うか「家康」と思うか
≫次の記事 世界最大の「ベンチャーキャピタル」[1]

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。