ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

690:中国。カネはないが金はある、か?――知りたくなくとも、知っておいたほうが良いかも知れない、中国の金準備について

2016/02/09 (Tue) 17:05
 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

当面、ツイッターのみ更新し、ブログ更新はどうしてもツイッターでは表現しきれない重要なニュースがあったときだけ、というようにする方針です。

※私のツイッターは、当ブログのPC版の左上に表示しているツイッター窓で見て頂くか、「twitterでフォローして下さい」ボタンを押してツイッターを開いてみて下さい。







ijigen-hyoushi.png


『2016年、異次元大恐慌が始まる』
飛鳥新社 刊


 好評発売中


ちなみに、私自身が考えていたタイトルとオビの原案はというと、

タイトル 原案:『世界大恐慌2.0 ――世界と日本を激変させる、歴史的大波涛』

オビ文言 原案:「資本主義でも、共産主義でも、民主主義でもない、異次元な新時代の幕開け」


というような、もう少し穏当(?)なものでありました。少なくとも「大恐慌=この世の終わり」ではありません!


「世界大恐慌2.0」というのは、次に起こりそうなのは「1929年世界大恐慌のバージョンアップしたもの」になりそう、という意味合いです。
→なぜそうなるかというのは、経済的なカネ勘定の問題よりは、政治的な権力構造の問題ではなかろうか、という仮説になります。


目次項目の一覧はこちら




今回は、↑新著に書ききれなかった中国の金(ゴールド)の話です。

(新著では、最も重要な世界全体の公的金準備の動向については書きましたが、紙幅の制限もあり、中国限定の話は割愛しました)


さて、先に申し上げますと、今回のこのエントリーの話、読んでいて爽快になるような類の話ではないかも知れません。



しかし、『孫子』にあるように

「彼を知り、己を知れば、百戦あやうからず」

「彼を知らず、己を知れば、一勝一負す」

「彼を知らず、己を知らざれば、百戦ことごとくあやうし」

であります。

事実を事実として認識したうえで、いかに相手に負けぬようにするかが肝要というわけです。


ユングは、人間は放っておけば必ず優越感か劣等感に傾く、と言っています(我が家にある何冊かのユングの著書のどれかは忘れましたが、そう書いてあったと記憶しております)。

優越感も、劣等感も、事実誤認によって生じると私は考えています(これは前著で書きました)。

優越感は、自分以外の人を過小評価し、自分を過大評価するというように、事実を歪めて認識することで生じます。

劣等感は、自分以外の人を過大評価し、自分を過小評価するというように、これもまた事実を歪めて認識することで生じます。

要は、事実をできるだけ正確に把握することが肝要、ということになります。


嫌いであればこそ余計に、事実を可能な限り正確に把握しておくことが望ましい、と考える次第であります。

-----



一昨日(2月7日)、中国が今年1月、わずか1か月の間に1000億ドル(約12兆円)の外貨準備を失った、と欧米メディアが盛んに報じました。



例えばブルームバーグロイターです。


China's Foreign-Exchange Reserves Decline to $3.23 Trillion
中国の外貨準備、3.23兆ドルに減少

http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-02-07/china-s-foreign-exchange-reserves-decline-to-3-23-trillion
Bloomberg, February 7, 2016


UPDATE 1-China FX reserves fall almost $100 bln to lowest since May 2012
中国外貨準備、ほぼ1000億ドル減少し、2012年5月以来の低水準に

http://uk.reuters.com/article/china-economy-reserves-idUKL3N15M037
Reuters, Feb 7, 2016


要は、中国からの資本流出でドル高元安の圧力が高まり、当局が元安を抑制するために、外貨準備(主にドル、米国債)を投げ売っている、というような話です。


一方で、ブルームバーグでもロイターでも、気になる記述があります(恐らく、多くの日本人があまり聞きたくもないようなお話です)


ブルームバーグ

China increased its gold hoard in January, raising its holdings to 57.18 million ounces at it looks to diversify its foreign-exchange stockpile.
中国は1月、金準備を5718万オンス(1778.5トン)に増加させた。外貨準備の多様化を図っているようだ。


ロイター
China's gold reserves rose to $63.57 billion at the end of January, from $60.19 billion at end-2015, the PBOC said.
They stood at 57.18 million fine troy ounces at the end of January, up from 56.66 million fine troy ounces in December.
人民銀行によると、中国の金準備は2015年末の601.9億ドルから635.7億ドルに増加した。
これは昨年12月の5666万オンス(1762.3トン)から1月末に5718万オンス(1778.5トン)に増加したことを意味する。



しかしながら1月の外貨準備の減少1000億ドルに比べて、金準備はたかだか34億ドルの増加に過ぎない、といえば確かにそうです。


というわけで、外貨準備を含む、人民銀行のバランスシートの項目別の増減(2015年1月→12月)を見てみましょう:



ScreenShot_20160209154052.png


一応、グラフも。

ScreenShot_20160209164354.png 

出典:中国人民銀行データから計算



昨年1月から12月にかけて、人民銀行の資産と負債は大雑把に言うと、

資産側:
・外貨準備(表中の「外貨」)が2.2兆元(38兆円)減少
・金準備が670億元(1.2兆円)増加

負債側:
・当座預金(表中の「その他預金金融機関預金」)が1.2兆元(21兆円)減少
・政府預金が1兆元(17.5兆円)減少

となります。





当座預金の21兆円減少は、マネタリーベースの減少、金融引き締めということになりますね。

もちろん、為替操作でドルを売り、元を一般市中銀行から買い戻す、ということでも元安の抑止となっているのでしょう。

ドル売り&元買い→買い戻した元を償却→マネタリーベース減で金融引き締め→金利上昇(?)→元安の抑止、ということでしょう。



一方、政府預金の17.5兆円減少は…。

資産側の「対政府債権」は変化なしですから、素直に読めば、外貨準備の減少の半分は、政府預金の引き出しとなっている、ということになります。

しかし、外貨準備は、通常は政府と中央銀行が保有する外貨建て資産の合計です。外貨準備が減り、政府預金が減っている、ということは、恐らく、政府から政府以外(民間、あるいは、国有企業)に渡っている、ということを意味します。

では、中央銀行→政府→政府以外に渡ったと思われる17.5兆円は何に使われたのでしょう?


恐らく、↓こういった目的でしょう






ギリシャ最大港民営化、中国国有海運の買収提案受け入れ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM21H03_R20C16A1EAF000/
日経新聞 2016/1/21


中国化工、シンジェンタ買収で当局承認得るためには
http://jp.wsj.com/articles/SB12572346946470444848304581519783260433052
ウォールストリート・ジャーナル 2016 年 2 月 4 日


シカゴ証取、中国の投資会社が買収
http://www.sankei.com/economy/news/160206/ecn1602060018-n1.html
産経新聞 2016.2.6


全世界の国境越えたM&A総額、中国企業主導で06年以来の高水準
http://jp.reuters.com/article/m-a-data-idJPKCN0VE18X
ロイター 2016年 02月 5日


少し上のほうの私のツイートの引用(ブルームバーグ記事参照)で

「利益より資源確保優先の姿勢だが株価下落は絶好の機会と捉える」

とあります。中国政府、習近平政権は経済はカネではなくモノが足りるかどうか、という経済の本質をよくよく分かっている(かも知れない)という認識を持って警戒すべきものと私は考えます。

「中国は崩壊する、だから大丈夫」というのでは、認識が少々甘過ぎるのではないか、というのが私の意見です。


最終的に中国の戦略が成功するかどうかは別です。


中国が転んで崩壊したならば、中国は日本にとって、まるで北アフリカや中東のように、難民問題の根源となり、脅威となるでしょう。

一方、中国の世界的買収作戦が奏功すれば、日本にとってやはり脅威となるでしょう。

どちらに転んでも、脅威であり、脅威の種類が変わる、というわけです。


さて、

仮に「中国の世界的買収作戦」が成功するとすれば、中国の狙いは、今後、世界的暴落やそれによって生じるかもしれない混乱期において、カネはどうでもよいのでモノを確保することを狙うものでしょう。

カネよりもモノ、です。

金準備をせっせと増やしているのもその一環と思われます。



そして近年の中国は、世界最大の産金国になっています:

Chinese gold production surges
中国の金産出量、急増

MineWeb, 12 August 2015
http://www.mineweb.com/articles-by-type/analysis/chinese-gold-production-surges/

昨年(2015年)は上半期で228トン算出したとのことで、単純には年間450トン程度かと思われます。


次に、

中国の需要は2013年の記録を更新?― ペイパーゴールドと現物ゴールド
http://goldnews.jp/column/ikemizu/entry-3944.html
池水 雄一 スタンダードバンク東京支店長 2015年11月20日

によると、
  • 上海黄金交易所(SGE)の現物引き出し量(11月2週までで2210トン)などから考えると、中国の2015年の金需要量は2600トン(全世界の金鉱山の産出量80%相当)となり、2013年を上回りそう
(中国の官民合わせた1年の需要が2600トンということで、公式の中国の金準備1700トンを上回ってしまってうことになります)

  • 現在ゴールドの価格はComex(米NYの商品取引所) での先物取引で決められているといっても過言ではありません。
 ただこれは現物を伴わないいわゆるペイパー取引であって、現物の数量をベースに考えると、200倍以上のレバレッジがかかった計算になります。 そのため、実際の現物がベースであるアジアと現物の伴わない、つまり価格だけの取引であるニューヨークのギャップは相当大きなものがあります。
 つまりComexからこれだけの現物の引き出しがあるということは、誰かが現物を集めているということになります。投資家のペイパーゴールドの売りによって、現物の価格も下がっており、アジア勢は逆にこの低い価格で買えるのでは、と活発にゴールドを買っているのです。
 このペイパーゴールドと現物ゴールドのギャップはどこかで訂正されるはずです。先物投資家の売りによって実需とはかけ離れた安い価格になっているとすれば、その是正はいつか必ず入ってくるはずです。」

とのことです。

で、昨年来下がり続けていた金価格が昨日、7か月ぶりに1オンス1200ドルを一時的ながら回復しました:





いざというとき、習近平政権が金準備を最大限活用するシナリオも想定されます。
正式な公的準備だけでなく、おそらく国有企業などでも密かに蓄えられている民間備蓄も、です(国有企業の外貨資産・金準備は、公的外貨準備には算入されません)。もしかすると中国当局は、墨俣の一夜城ばりに、いきなり膨大な公的金準備を発表する可能性もあります。



あと、中国の金準備に関しては、昨年6月の拙ブログもご参照ください:

中国、金本位制を検討中?――米投資情報サイトTheStreetでブルームバーグインテリジェンスの金属・鉱山調査部長「この動きは大勢を一変させ得る」
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-663.html
2015/06/27




日本では、日銀、年金基金(GPIF)、ゆうちょ銀行、簡保などが日本株を買いあさっている。
が、目的は株価維持だけでなく、
『異次元大恐慌』において外国資本から日本企業が買収される確率を、未然に減らしている、
という目的もあって欲しいと願う今日この頃


と思われた方は、↓クリックをお願いいたします。


 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m  
関連記事
スポンサーサイト

『異次元大恐慌』コメント(2)トラックバック(0)|

≪前の記事 トランプとサンダースの“政治革命”:共通点は「TPP反対」「イラク戦争は間違い」「国民皆保険の再整備」「ウォール街に厳しい」。相違点は不法入国者の扱い、銃規制、それに「ユダヤ人とお友達」か「本人がユダヤ人」か
≫次の記事 資本主義の権化というべき、代表的超巨大金融機関、ゴールドマンサックスが資本主義に疑義

コメント

1590:鴻海精密工業によるシャープの買収などについて

ちょっと気になったのですが(裏取りも出来ず殆どわからないのになんですが)、中国の政策銀行である中国輸出入銀行が、人民元建て社債の引き受け機関に、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行を起用した、という記事がありました。これが(手元資金はそんなにないという)鴻海がシャープを買収するための資金源になる(似たような話としては米マイクロン買収が思い出されるとか)、といったことが一部で言われているようなんですが(台湾マフィアが絡んでいるとも言われてるんですが)、この件に関して、本当に日本のメガバンクの株主でもあるという中国共産党が背後で動いているのでしょうか?またシャープが持つ技術の軍事転用(中国人民解放軍へ流れる)の恐れはないのでしょうか?

2016/02/16 20:57 | Mr.T #- URL [ 編集 ]
1591:Re: 鴻海精密工業によるシャープの買収などについて

Mr.Tさん

↓いや、こんな話もあるのですか!私は特に否定も肯定もできる材料を持っていませんが、可能性としてはあるかも知れないですね。

> ちょっと気になったのですが(裏取りも出来ず殆どわからないのになんですが)、中国の政策銀行である中国輸出入銀行が、人民元建て社債の引き受け機関に、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行を起用した、という記事がありました。これが(手元資金はそんなにないという)鴻海がシャープを買収するための資金源になる(似たような話としては米マイクロン買収が思い出されるとか)、といったことが一部で言われているようなんですが(台湾マフィアが絡んでいるとも言われてるんですが)、この件に関して、本当に日本のメガバンクの株主でもあるという中国共産党が背後で動いているのでしょうか?またシャープが持つ技術の軍事転用(中国人民解放軍へ流れる)の恐れはないのでしょうか?

2016/02/17 14:06 | 廣宮孝信 ひろみやよしのぶ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。