ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

693:トルコとロシアの直接衝突がシリア国境のリスクを増大させている - まるで戦国時代そのものと言える、複雑怪奇な中東情勢について、ひとまず整理を試みます

2016/02/17 (Wed) 17:40
 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

当面、ツイッターのみ更新し、ブログ更新はどうしてもツイッターでは表現しきれない重要なニュースがあったときだけ、というようにする方針です。

※私のツイッターは、当ブログのPC版の左上に表示しているツイッター窓で見て頂くか、「twitterでフォローして下さい」ボタンを押してツイッターを開いてみて下さい。







ijigen-hyoushi.png


『2016年、異次元大恐慌が始まる』
飛鳥新社 刊


 好評発売中


ちなみに、私自身が考えていたタイトルとオビの原案はというと、

タイトル 原案:『世界大恐慌2.0 ――世界と日本を激変させる、歴史的大波涛』

オビ文言 原案:「資本主義でも、共産主義でも、民主主義でもない、異次元な新時代の幕開け」


というような、もう少し穏当(?)なものでありました。少なくとも「大恐慌=この世の終わり」ではありません!


「世界大恐慌2.0」というのは、次に起こりそうなのは「1929年世界大恐慌のバージョンアップしたもの」になりそう、という意味合いです。
→なぜそうなるかというのは、経済的なカネ勘定の問題よりは、政治的な権力構造の問題ではなかろうか、という仮説になります。


目次項目の一覧はこちら




さて、本題です:

ブルームバーグ(英語)で、目下の中東情勢について把握するのにちょうど良い記事がでてたので、大雑把に翻訳しておきます。そのあと、いくつかほかの記事を紹介しながら、複雑な中東情勢について、ひとまず整理してみたいと思います。


A Direct Turkey-Russia Clash Is Growing Risk on Syria Border
トルコとロシアの直接衝突がシリア国境のリスクを増大させている

http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-02-16/a-direct-turkey-russia-clash-is-a-growing-risk-on-syria-border
by Selcan Hacaoglu, Bloomberg
February 17, 2016

There’s only one major group of combatants in the Syrian war that’s backed by both Russia and the U.S. -- and now Turkey is attacking it.
シリアではただ一つだけ、ロシアとアメリカの両方に支援されている有力な武装勢力が存在する。--そして現在、トルコがその勢力を攻撃している。

For a fourth day on Tuesday, Turkey unleashed its 155-millimeter heavy guns across the border with Syria. The targets were Kurdish forces, whose recent advance is a key part of the Russian plan to restore President Bashar al-Assad’s control over Syria.
(攻撃の?)4日目の火曜日、トルコはシリア国境越しに、155ミリの重砲を撃ち放った。標的はクルド人部隊だった。そのクルド人部隊の最近の進撃は、ロシアによる、アサド大統領のシリア支配回復プランの重要な要素となっている。

Syria’s five-year war has turned into a tangled web of proxy conflicts between global and regional powers, with a growing risk that some of them could clash directly. Right now the most dangerous flashpoint is between Russia and NATO member Turkey, which shot down a Russian plane in November. Since then tensions have steadily built as the Assad-Russia alliance -- with help from the Kurds -- threatens to surround Turkish-backed rebels in Aleppo, Syria’s biggest city.
シリアの5年にわたる内戦は、世界の主要国や地域大国の間の代理紛争の場となり、複雑な様相を呈している。その一部はいまや代理紛争ではなく、直接衝突となるリスクが増大しつつある。目下、最も危ういのがロシアと、NATO加盟国であるトルコの間の衝突だ。トルコは昨年11月、ロシアの戦闘機を撃墜した。それ以来、緊張は着実に確立されている。アサド-ロシア同盟はクルドの支援を受けつつ、トルコが支援する反乱軍をアレッポ(シリア第二の都市)に包囲しつつある。

“Both Russia and Turkey are looking to position for strategic advantage,” Tim Ash, head of emerging-market strategy at Nomura in London, said by e-mail on Monday. “The risk is of an actual Russo-Turkish military clash, which would then threaten to draw in NATO.”
「ロシアとトルコの双方とも、戦略的に有利な地位を模索している」と、野村(ロンドン)の新興市場戦略部長、ティム・アッシュ氏はいう。「現実的なロシア-トルコの軍事衝突のリスクは、いずれNATOを巻き込む恐れもある」

‘Accidental’ War
「偶発的」戦争
The irony is that even while Turkey faces off against NATO foe Russia, its policies are also putting it at odds with leaders of the Western coalition.
トルコがNATOの敵であるロシアと対立する一方、トルコの政策が西側同盟国の指導者らと一致していないのは、皮肉である。

The U.S. shares Turkey’s desire to halt the Assad advance, and its suspicion of Russian intentions. But on the subject of Syria’s Kurds, there’s a sharp difference.
米国は、アサドの進撃を止めたいというトルコの望みと、ロシア介入に対するトルコの懐疑を共有している。しかし、シリアのクルド人のこととなると、鋭い相違がある。

Turkey says the main Kurdish fighting unit, the YPG, is a terrorist group that’s in league with autonomy-seeking militants inside Turkey. The U.S. views the Syrian Kurds as a proven battlefield ally against Islamic State. Two weeks before Turkey started shelling them, President Barack Obama’s envoy for the coalition against Islamic State, Brett McGurk, was visiting YPG fighters in Syria to congratulate them.
トルコは、(シリアにおける)主たるクルド人武装勢力YPGをテロ組織だと言っている。YPGはトルコ国内で自治権確立を目指す武装勢力と連合している。アメリカはシリアのクルド人は対IS戦闘の同盟者として認めている。トルコが砲撃を開始する2週間前、オバマ大統領の対IS融資有志連合担当の特使、ブレット・カクガーク氏が、シリアでYPG戦闘員を訪問し、祝辞を述べている。

Turkey says its attacks on the Kurds were in retaliation for cross-border shooting, and most analysts say it’s unlikely to carry out a major incursion that would put its troops under Russian fire. But the risk of an “accidental” clash is increasing, according to Nihat Ali Ozcan at the Economic Policy Research Foundation in Ankara.
トルコは、クルド人への攻撃は、国境越しに撃ってきたことへの報復としている。ほとんどのアナリストは、トルコ軍が本格的に(シリアに)侵入してロシアと砲火を交えることは、ありそうにないと言っている。しかし、「偶発的」衝突のリスクは増大している、とアンカラ(トルコの首都)にある経済政策研究財団のNihat Ali Ozcan氏は言う。

Once Friends
かつては友人だった

Turkey’s lira slid to a three-week low on Tuesday as the shelling fueled concerns of a wider conflict in Syria, where at least a quarter-million people have already died.
トルコの通貨リラは火曜日、3週ぶりの安値となった。(シリアのクルド人への)砲撃が、シリアにおける広範な衝突への懸念を加速させた。シリア(内戦)では既に、少なくとも25万人が死亡している。

The once-friendly relationship between Ankara and Moscow has deteriorated since Russia entered the Syrian war on Assad’s side last September. The rebels backed by Turkey and other U.S. allies, including Saudi Arabia, have been withering under Russian bombing that has helped Assad regain territory.
かつてのたトルコとロシアの友好関係は、昨年9月、ロシアがアサド側に立ってシリア内戦に介入して以来、悪化している。トルコや、サウジなどアメリカの同盟諸国が支援する反乱軍は、アサドの支配領域回復を支援するロシアの空爆で衰退しつつある。

For Turkish President Recep Tayyip Erdogan, two threats are unfolding simultaneously. In the short term, a Russian-backed Kurdish advance could cut supplies to the rebels that Turkey’s been backing for years, increasing the chance that Assad will recapture Aleppo and survive in power. That would be the latest blow to Erdogan’s policy in the Middle East, a region of growing economic importance for Turkey: he’s already lost allies in Egypt and Iraq.
トルコのエルドアン大統領にとって、二つの脅威が同時に展開した。短期的には、ロシアに支援されたクルド人の進撃により、トルコが何年ものあいだ支援してきた反乱軍への補給が断たれ得るということだ。それはアサドによるアレッポ奪還と権力温存の可能性を高める。それは、エルドアンの中東政策に新たな打撃を与えることになる。中東はトルコにとって経済的重要性が増大している地域であるが、エルドアンはすでに、エジプトとイラクの同盟者を失っている。

※エジプトは、シシ大統領の軍事クーデターで崩壊したムスリム同胞団のモルシ政権のこと(近年のトルコとエジプトの関係はこちら)。
イラクは…、現在のシーア派政権になる前のスンニ派政権、つまり、イラク戦争で滅亡したフセイン政権のことか?


In the longer term, Turkey is wary of territorial gains for the Syrian Kurds that could eventually deliver them a state of their own, and fuel similar aspirations among Turkey’s Kurdish minority. Erdogan says Russian airstrikes are allowing the Kurds to drive ethnic Turkmens and Arabs away from the border areas, deepening the refugee crisis.
長期的には、シリアのクルド人の支配領域拡大が、最終的にクルド人国家につながり、それがトルコ国内のクルド人を刺激し得ることを、トルコは懸念している。ロシアの空爆で、クルド人がトルクメン人やアラブ人を国境地帯から追い払い、難民危機を深刻化させているとエルドアンは言っている。


‘Reciprocal Restraint’
「相互抑制」

Like other U.S. allies in the region, Turkey has been pinning its hopes for a turnaround on Washington’s leadership. Turkey would definitely join a ground operation with its international partners to end the Syrian war, a Turkish official said at a briefing in Istanbul on Tuesday, speaking on condition of anonymity. The official ruled out a unilateral incursion by Saudi Arabia, which has made a similar offer of troops, or Turkey.
地域における他のアメリカの同盟諸国と同様、トルコはアメリカの指導層の方針転換に望みをつないでいる。トルコはシリア内戦を終結させるため、ほかの国々とともに地上作戦に参加すると、火曜日、イスタンブールでトルコ高官が明言している。その高官は、トルコと同じく地上軍派遣を提示しているサウジも、トルコも、一方的に(シリアに)侵入することはないとしている。

The U.S. appears to be backing diplomacy rather than military escalation, though the truce it brokered last week with Russia and other powers has run into trouble even before it was due to take effect. Obama told reporters on Tuesday that the cease-fire probably won’t work “if Russia continues indiscriminate bombing.”
アメリカは軍事活動の増大よりも、外交(による解決)を支持しているが、先週ロシアとほかの主要国とで合意した停戦は、それが効果を発揮する前に、むしろ困難に陥っている。オバマは火曜日、「もしロシアが無差別な空爆を続けるなら」停戦は恐らく機能しない、述べている。

The U.S. has acknowledged some of Turkey’s concerns. In a phone call with Turkish premier Ahmet Davutoglu, Vice President Joe Biden said efforts were being made “to discourage Syrian Kurdish forces from exploiting current circumstances to seize additional territory near the Turkish border,” the White House said on Sunday. But Biden also urged Turkey “to show reciprocal restraint by ceasing artillery strikes in the area.” Members of the UN Security Council expressed concern about the Turkish attacks at a meeting on Tuesday, the Associated Press reported.
アメリカは、トルコの懸念の一部については承認いている。トルコのダウトオール首相との電話会談でバイデン副大統領は、「シリアのクルド人勢力が、現在の状況を利用して、トルコ国境付近でこれ以上、支配領域を拡大しないように」する努力はなされていると話している。ホワイトハウスが日曜、明らかにした。しかしバイデンはトルコに対し、「その地域における砲撃を停止することにより、相互抑制の姿勢を示す」ように促した。国連安保理の参加国は、火曜日の会合においてトルコの攻撃につき懸念を表明したと、AP通信が報じている。

Russia has been carrying out military exercises in the Black Sea area that are “a signal to Turkey not to stage a provocation,” according to Igor Korotchenko, director of the Center for Analysis of World Arms Trade in Moscow.
ロシアは黒海において軍事演習を実施している。それは「トルコに対し、挑発行為を行わないようにというシグナル」であると、モスクワのthe Center for Analysis of World Arms Tradeの理事長(?)、イゴール・コロトチェンコ氏はいう。

‘Enough Forces’
「十分な軍事力」

“We have enough forces to bring Erdogan back to his senses if Turkey forces us to act militarily,” Korotchenko said.
Turkey’s actions on the border are defensive steps to avoid a war, Davutoglu said on Tuesday. A day earlier, he denied reports that Turkish troops had crossed into Syria.
「我々は、もしトルコが我々に軍事行動を取らせようとした場合、エルドアンに正気を取り戻させるのに十分な軍事力を持っている」とコロトチェンコはいう。
トルコの国境における行動は、戦争を避けるための防衛的な措置であると、ダウトオール首相は火曜日に述べた。その前日には、彼はトルコ軍が国境を越えてシリアに侵入したという報道を否定した。

All the rhetoric shows that, while the risk of a clash between major powers in Syria may be exaggerated, it’s “still real,” said Michael Gunter, author of several books on the Kurds and a professor of political science at Tennessee Tech University in Cookeville.
If Turkey takes further action to counter the Kurds and Russia, he said, “things could quickly escalate into a greater confrontation which nobody in their correct mind would want.”
シリアにおいて主要国が衝突するリスクは誇張されたものであるかも知れないが、それは「いまだ現実味がある」と、クルド人についてのいくつかの著作の著者であり、テネシー工科大学の政治科学の教授であるマイケル・グンター氏は言う。もしトルコがクルドとロシアに対して更なる行動に踏み込めば、「物事は急激にエスカレートして、誰もが理性では望まないような大きな対立となり得る」と彼は言う。

-----


さて、以下は、中東情勢を整理するための追加的な情報です。

クルドに関して、イスラエルの(極右の美人)法務大臣Ayelet Shaked アイエレット・シャクド氏が、先月、「クルド人国家建設を支援すべき」と述べています。RTの記事を抜粋翻訳:


‘Time to help them’: Israeli justice minister calls for independent Kurdish state
「彼らを助ける時だ」:イスラエル法務大臣、クルド人国家独立を訴える
https://www.rt.com/news/329518-israel-kurdish-state-calls/
RT, 20 Jan, 2016

“We must openly call for the establishment of a Kurdish state that separates Iran from Turkey, one which will be friendly towards Israel”
「我々は公に、イランやトルコから分離したクルド人国家建設を求めるべきだ。クルド人国家はイスラエルに対して友好的となるだろう」

The minister stressed that Israel should “promote steps that would correct the injustice that [made Kurds] the biggest nation without a state,” BasNews reported. She also emphasized that “the Kurds are an ancient people with thousands of years of history, and a democratic nation” – one that has “never attacked any other nation.”
イスラエルは「(クルド人という)国を持たない最大の民族に対する不正義を正す動きを促進」すべきであると強調した。彼女はまた、「クルド人は数千年の歴史を持つ人々であり、民主的な民族だ」、「他の国を攻撃したことがない民族だ」と強調した。

“The Kurdish people are a partner for the Israeli people,”
「クルドの人々はイスラエル人の仲間だ」

“We Kurds and Jews have a long history. We have common interests in trying to stop Daesh [Islamic State/IS, formerly ISIS/ISIL] and the Kurds are fighting ISIS with all their might.”
「我々クルド人とユダヤ人は、長い歴史を持っている。我々はダエシュ(IS)を止めるという共通の利害を持っている。そしてクルド人は彼らの全ての力を使ってISと戦っている」

“[The] Kurds are the only ones fighting ISIS as their highest priority.”
「クルド人は、最優先事項としてISと戦っている唯一の人々である」

Although there was always implicit support from the Israelis for a free Kurdish state, there are no official diplomatic ties between the two peoples. However, reports claim that visible business and military cooperation exists between Israel and the semi-autonomous Kurdish region in Iraq.
これまで、イスラエルからクルド人国家建設への暗黙のうちの支援は常にあったが、クルドとイスラエルの公的な外交関係はなかった。しかしながら、イスラエルとイラクのクルド人の半自治国とのあいだには、目に見える形で経済や軍事の協力が存在している、と言われている。

In 2014, Prime Minister Benjamin Netanyahu also advocated the creation of an independent Kurdistan.
2014年、ネタニヤフ首相もまた、クルド人国家の独立を提唱している。

Israel is also running out of friends, and some believe that calls for an independent Kurdistan are aimed at establishing at least one Muslim ally for the Jews.
イスラエルもまた、友好国を失いつつある。一部の人々は、イスラエルによるクルド人国家独立の提唱は、ユダヤ人にとって少なくとも一つのイスラム教国を設立することを狙いとするものだと考えている。

-----


なお、トルコとクルド人の関係は、少々入り組んでいます:








トルコ ←戦争中→ トルコやシリアのクルド人
トルコ ←友好関係→ イラクのクルド人

ということになります。

次に、トルコとイスラエルの関係は…















ということで、トルコとイスラエルの関係は良くありません。

但し、トルコとイスラエルは、イラクのクルド人と良好な関係、ということでは一致。

一方、イスラエルのヤアロン国防大臣が、「トルコがIS支援している」というロシアの従来からの主張で、アメリカが否定していたことを、思いっきり肯定したことで、イスラエルとロシアが急接近。

トルコとロシアも上述のようにかなり険悪。

という具合です。


あと、中東と言えば、

・イエメンの内戦(サウジとイランの代理戦争)

・パレスチナ問題

ですね。

全部書くと、それこそ収集が付かんような気がしてきたので、パレスチナについて少しだけ:















ちなみに、パレスチナに関して日本は…

アル・アイヤーム紙(パレスチナ)による安倍総理大臣インタビュー
2015年1月20日付
http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/ip/page4_000931.html
外務省:平成27年1月26日
日本国総理大臣:パレスチナ国家建設を支持し,イスラエルに入植停止を促す




あと、イランに関しても少しだけ…



















以上を整理する、というのはなかなか困難な作業でありますが…

・対ISでは、国際社会も、中東も、ほぼ結束している。(トルコは微妙か?)

・クルド人に対しては、ロシアとアメリカ、イスラエルが一致して友好的であるが、トルコが徹底的に反発している(ただし、トルコはイラクのクルド人とは関係良好)。

・パレスチナ国家承認に関しては、国際社会がほぼ一致するが、イスラエルが徹底的に反発している(アメリカもパレスチナ国家は承認していないが、オバマ政権内部ではパレスチナ国家承認を検討する動きもあった)

・イランに関しては、イスラエルが死ぬほど警戒しており、イスラエルに配慮してか、アメリカもいつでもサイバー攻撃する準備をしていた。一方、何だかんだといってイランは西側を信用したことがなく、中国やロシアとの関係が深い。


要は、アメリカの今年の大統領選で、トランプ氏やサンダース氏(両氏ともイラク戦争は間違いだったと主張)のような内向き志向の政権が誕生するかどうか、アメリカの覇権がどれくらいのペースで退潮するかによって、中東情勢は大きく変わるものと思われます。

※なお、アメリカの覇権がどうなるか、ということは拙著『異次元大恐慌』の主要なテーマの一つであります。

※近いうちに来るかも知れない大暴落・大恐慌は、アメリカの覇権からの退座を伴うかもしれない、という意味でも『異次元大恐慌』となり得るのであります。



・但し、アメリカの覇権がどうなるかにかからわらず、ひとまず、ISは衰退に向かいそう

・ISが片付いたら、今度はクルド人問題とパレスチナ問題。イラン核問題も場合によってはまた持ち上がりそう。


○アメリカの覇権からの退座が進むと、

・イランが地域大国として台頭

・イスラエルはイランを抑えるために、必死でクルド人国家建設を支援。その際はロシアとも協力。

・トルコは、ロシア、イスラエル、クルドと向かい合わなければならない。アメリカが中東から引けば、NATOは頼りにならず、しぶしぶクルド人国家を認めざるを得ない(核を持たないトルコは、恐らく、そうせざるを得ない)

・イスラエルもまた、パレスチナ人国家を承認せざるを得ない。

・イランの大国化で、サウジもいつまでもイエメンでイランと戦っているわけにもいかず、イエメンの内戦も収束に向かう。


●アメリカの中東への関与が今後も続くなら…

・トルコがNATOの後ろ盾で、クルド人国家建設をとにかく可能な限り阻止しようとする

・イスラエルは、アメリカがイランを抑えることでクルド人国家建設にそこまで注力せずにすみ、また、パレスチナ人国家を認めずに済み、むしろ、パレスチナへのユダヤ人入植を推進する

・サウジも、アメリカがイランを抑えることで、イエメンでの内戦でイランと対立を続けることが可能となる

といった具合でしょうか。


あれ?

そうなると、アメリカが中東に関与し続けると却って中東の不安定さが増す、ということになってしまうか。

いや、それはそれで違うかも知れませんが、どうでしょうか…。


以上は、中東情勢を整理するための一つの考え方の例、くらいに思って頂ければ幸いです。




 まあ、ひとことで言えば、

 中東はまるで戦国時代そのもの

 ということか。


と思われた方は、↓クリックをお願いいたします。


 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m  
関連記事

『異次元大恐慌』コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「アベノミクス・プラス(金融緩和+財政出動+構造改革)」が世界経済に必要。だが、「決定的な財政出動」は政治的に困難。よって、景気後退はほぼ確定:シティのブイター氏
≫次の記事 プーチンに利益か:ローマ法王とロシア正教大主教の歴史的会談の政治的意義+サンダース氏とローマ法王、トランプ氏と正教会の意外なつながり

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。