ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

695:ないがしろにされているG20共同声明:「金融政策のみでは、均衡ある成長に繋がらないだろう」「我々は機動的に財政政策を実施する」という文言、実は半年前にも入っていたが、あまり履行されていない

2016/02/29 (Mon) 17:37
 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

当面、ツイッターのみ更新し、ブログ更新はどうしてもツイッターでは表現しきれない重要なニュースがあったときだけ、というようにする方針です。

※私のツイッターは、当ブログのPC版の左上に表示しているツイッター窓で見て頂くか、「twitterでフォローして下さい」ボタンを押してツイッターを開いてみて下さい。







ijigen-hyoushi.png


『2016年、異次元大恐慌が始まる』
飛鳥新社 刊


 好評発売中


ちなみに、私自身が考えていたタイトルとオビの原案はというと、

タイトル 原案:『世界大恐慌2.0 ――世界と日本を激変させる、歴史的大波涛』

オビ文言 原案:「資本主義でも、共産主義でも、民主主義でもない、異次元な新時代の幕開け」


というような、もう少し穏当(?)なものでありました。少なくとも「大恐慌=この世の終わり」ではありません!


「世界大恐慌2.0」というのは、次に起こりそうなのは「1929年世界大恐慌のバージョンアップしたもの」になりそう、という意味合いです。
→なぜそうなるかというのは、経済的なカネ勘定の問題よりは、政治的な権力構造の問題ではなかろうか、という仮説になります。


目次項目の一覧はこちら




さて、本題です:


昨日のG20上海の共同声明(コミュニケ Communiqué)と、
昨年9月の
G20アンカラ(トルコ)の共同声明を比較します。

(出典は財務省の仮訳)


というよりは、比較した結果を以下に示します。


凡例:


取り消し線の箇所が昨年9月アンカラにあって、今回の上海で削除された箇所

黒字は昨年9月アンカラから今回の上海で変わっておらず、そのまま残っている箇所。

青字今回、新しく入った箇所

となります。


 我々は、強固で持続可能かつ均衡ある成長過去数年間、G20は成長、投資及び金融安定の強化に関し、重要な成果を挙げてきた。我々は、信認を醸成し、回復を維持・強化するための行動をとっている。これらの目標を達成するための、我々は全て取組を支える、マクロ経済政策手段――金融、財政及び構造政策の役割――再確認する個別にまた総合的に用いる

 金融政策は引き続き、中央銀行のマンデートと整合的に経済活動と物価安定を支えるだろう。しかしながら、金融政策のみでは、均衡ある成長に繋がらないだろう。
我々は、経済見通しの改善に沿って、いくつか先進国において金融政策の引締めの可能性がより高まっていることに留意する。我々は、根底にあるファンダメンタルズを反映するため、より市場で決定される為替レートシステムと為替の柔軟性に移行し、為替レートの継続したファンダメンタルズからの乖離を避けるとの我々のコミットメントを再確認する。我々は、通貨の競争的な切り下げを回避し、あらゆる形態の保護主義に対抗する。我々は、我々の財政戦略は成長の下支えを企図しており、強靭性を高め債務残高対GDP 比を持続可能な道筋に乗せつつ乗せることを確保しつつ、経済成長雇用創出及び信認支える強化するため、短期的な経済状況を勘案して我々は機動的に財政政策を実施する。

 この目的のため、我々はまた、引き続き、生産性、包摂性及び成長を支えるために歳出及び歳入の構成を考慮していく我々はまた、質の高い投資へと支出を重点化することを含め、税制及び公共支出をできるだけ成長に配慮したものにしている。

 我々は、強固で持続可能かつ均衡ある成長の実現に向けた努力を支える上で相互補完的なマクロ経済政策と構造政策が果たす役割を再確認する。構造改革の早急な進展は、中期的に潜在成長力を高め、経済をより革新的、柔軟かつ強靭にする。潜在的なリスクへの対応力をより高めるべく、我々
は引き続き、成長と安定を支えるためにG20諸国が必要に応じとり得る政策オプションにつき追求する。

 我々は、為替レートの過度の変動や無秩序な動きは、経済及び金融の安定に対して悪影響を与え得ることを再確認する。我々は、為替市場に関して緊密に協議する。我々は、通貨の競争的な切り下げを回避することや競争力のため
為替レートを目標とはしないことを含む、我々以前の為替相場のコミットメントを再確認する。我々は、あらゆる形態の保護主義に対抗する。我々は、政策に関する不確実性を軽減し、負の波及効果を最小化し、透明性を向上させるために、マクロ経済及び構造問題に関する我々の政策行動を注意深く測定し、明確にコミュニケーションを行う。




・「金融政策のみでは、均衡ある成長に繋がらないだろう」

 「債務残高対GDP 比を持続可能な道筋に乗せつつ乗せることを確保しつつ…我々は機動的に財政政策を実施する」
は、実は前回とほぼ同じです。


いくつかの報道で、
「金融政策のみでは、均衡ある成長に繋がらないだろう」
が新しく入ったというような書き方をしている記事が見受けられましたが、7か月前にも入っていました。

その後、ECB総裁が今年1月、追加緩和を示唆したり、日銀がサプライズの追加緩和、マイナス金利を発表、実施したりしています。昨年9月のG20共同声明の「金融政策のみでは、均衡ある成長に繋がらないだろう」という文言はある意味において、ないがしろにされていると言えなくはない、といったところでしょうか。

「我々は機動的に財政政策を実施する」もまた、7か月前に入っていましたが、これもある意味、世界的にないがしろにされている、と言えますが…。

この辺りは私の「『異次元大恐慌』が世界的に、政治的に引き起こされそうだ」という仮説の、重要な強化材料になります。



・一方で、G20のこれまでの「成果」につき、新たに触れています。
 「過去数年間、G20は成長、投資及び金融安定の強化に関し、重要な成果を挙げてきた」

これは、上記のように、前回アンカラの共同声明の「金融緩和だけじゃだめだ」、「我々は機動的に財政政策を実施する」というのがないがしろにされていることを認識し、G20の存在意義の喪失しかねないという危機感を持ち、過去の成果について触れておく必要性から盛り込まれた文言なのかも知れません。


・あと、目立つところは為替レートに関するものですね。


 我々は、為替レートの過度の変動や無秩序な動きは、経済及び金融の安定に対して悪影響を与え得ることを再確認する。
 我々は、為替市場に関して緊密に協議する。
 我々は、通貨の競争的な切り下げを回避することや競争力のために為替レートを目標とはしないことを含む、我々以前の為替相場のコミットメントを再確認する。
 我々は、あらゆる形態の保護主義に対抗する。


これは最近のアメリカの政治情勢とも密接な関係がありそうです。


-----

「日中が通貨を安く誘導」…クリントン氏が批判
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160224-OYT1T50087.html
読売新聞 2016年02月24日

 【ワシントン=安江邦彦】米大統領選の民主党指名候補争いでリードしているヒラリー・クリントン前国務長官は、日本や中国が輸出を増やすために通貨を安く誘導していると批判し、大統領に就任した場合には対抗措置を取る考えを表明した。

22日、米地方紙への寄稿で明らかにした。

 クリントン氏は「中国や日本などは何年も通貨の価値を下げて輸出品を人為的に安くしてきた」と名指しで批判した。為替操作によって米国の労働者が不利な競争条件にさらされると指摘したうえで、大統領就任後には「(輸入)製品に関税を課すなど、効果的な手段を拡大する」と対策に乗り出す考えを示した。

 12か国が正式合意した環太平洋経済連携協定(TPP)については「雇用を創出し、賃金を引き上げ、安全保障を強化するとの基準を満たしていない」と改めて反対を表明した。

-----


前回アンカラでも「我々は、通貨の競争的な切り下げを回避」と共同声明に書かれていましたが、今回上海の共同声明はかなりの分量の文言に書き換えて、この方針を再確認しています。

「日中が通貨を安く誘導」うんぬんというのは、トランプ氏やほかのアメリカの政治家も頻繁に触れていると記憶しております。


今後、日本や欧州は追加緩和がやりにくくなかもしれません。

中国も、人民元レートの切り下げはやりにくい、という気もしますが、人民元安の流れを敢えて放置し、「中国がハードランディングすると発言したジョージ・ソロスや西側メディアが煽るから中国から資本流出が起きているので仕方ないじゃないか」と切り返してくるかも知れません。


また、上記の読売の記事によると、ヒラリー氏が、

「大統領就任後には『(輸入)製品に関税を課すなど、効果的な手段を拡大する』と対策に乗り出す考えを示した」

とあります。

これはG20の今回も、前回も共同声明で盛り込まれていた「我々は、あらゆる形態の保護主義に対抗する」に反します。

サンダース氏もトランプ氏も、このG20共同声明の方向性に反し、保護主義的です。

というわけで、G20共同声明はおおむね空証文になることがほぼ運命づけられている、という具合でしょうか。


ちなみに、そんなヒラリー氏を支援するスーパーPACに、ジョージ・ソロス氏が6百万ドル寄付している、という話もあります:






さて、今回のG20上海の共同声明についてはほかにも…





※↑このブルームバーグ記事は、G20共同声明の草案(draft)に関するものでしたが、まあ、それほど違いはないでしょう。




そして、さらには…


上海G20、具体策なく株式市場は失望売りか
http://jp.reuters.com/article/g20-china-markets-idJPKCN0W10YL
ロイター 2016年02月29日



Stocks Drop With U.S. Futures as G-20 Underwhelms; Yen Advances
G20への失望とともに米株先物下落、円は上昇

http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-02-28/yen-rallies-after-being-singled-out-at-g-20-while-data-hits-kiwi
February 29, 2016
by Emma O'Brien, Kevin Buckland, Bloomberg

・Shanghai Composite sinks to one-month low as yuan weakens
 人民元の下落とともに、上海総合指数は1か月ぶり安値

・Crude oil declines with copper, nickel as gold rallies
 原油と銅、ニッケルが下落し、金は上昇



The G-20 was “underwhelming,” said Ray Attrill, National Australia Bank Ltd’s global co-head of foreign-exchange strategy in Sydney. There was an “admission of downside growth risks but no tangible commitments to fiscal policy action in particular to bolster growth in the short term,” he said.
G20は「がっかりさせる」ものだったと、豪州シドニーにあるナショナル・オーストラリア銀行の国際外国為替戦略部門長レイ・アトリル氏はいう。「成長の下振れリスクを了解しているにも関わらず、特に短期的な成長を支える財政政策行動への具体的な合意がなかった」と彼は述べた。



-----

それでもって、最近はリスク回避のためのこんな動きが…









最近、経営危機が取りざたされているドイツ銀行が、「金は今、買いどきです!」と言っているのは何ともシュールですね。


ついでながら、に関してはCNBCでこんな記事も:

Here's how to play gold: Technician
金でいかに儲けるか? あるテクニカル分析家の見解

http://www.cnbc.com/2016/02/28/heres-how-to-play-gold-technician.html
By CNBC's Re-Essa Buckels



According to Wald's chart work, the recent price action in gold is strikingly similar to the activity in 1999 when the commodity reversed a multi-year downtrend and started to form a base.
オッペンハイマー Oppenheimer の アリ・ワルド氏 Ari Waldのチャート分析によれば、最近の金価格の動向は、1999年にコモディティーが数年にわたる下落トレンドが逆転したときの動きに似ており、 下値固めを形成し始めているという。

If history is in fact repeating itself, the long term decline in gold is setup for a long term bottom. The recent turbulence has some investors seeking the safety of gold.
もし歴史が繰り返すなら、金の長期下落傾向は長期的な底入れとなりそうだ。最近の市場の動揺は一部の投資家を、金の安全性に向かわせた。

"The trading environment is much more favorable, and presents tradable opportunities within this base" said Wald.
「この取引環境は大変好ましい。この下値固めによって投資機会を提供してくれている」とワルドはいう。

Wald recommends playing the gold miners over gold. The Gold Miners ETF is tracking for its best month since May 2009, up 32 percent. According to Wald's chart work, gold miners' underperformance relative to gold have recently reversed, suggesting miners will be the outperforming asset within the group.
ワルドは金そのものよりも、金鉱山株に投資することを推奨している。金鉱山株ETF(GDX)は、2009年9月以来最高の値上がりとなっており、(2016年2月は1か月で)32%上昇した。ワルドのチャート分析によれば、金鉱山株は金価格に対して相対的にパフォーマンスが下回っていたが、最近それが逆転した。それは金鉱山株が抜きんでて値上がりしそうであることを示唆する。

"That is not my favorite area to sell right here. I think near-term as a trade gold miners continue to work" said Wald.
「いまここで売るのは私の好みではない。私は目先、金鉱山株取引が有効であり続けると考える」とワルドは述べた。





仮に日本で金鉱山株ファンドに投資するとすれば、

野村証券で販売しているブラックロックの「ブラックロック・ゴールド・メタル・オープン Bコース(為替ヘッジなし)」(金鉱山株に分散投資)

か、もしくは

アメリカ株を扱っている証券会社で

Market Vectors Gold Miners ETF (GDX) (金鉱山株に分散投資)
もしくは、
Market Vectors Junior Gold Miners ETF (GDXJ) (小型の金鉱山株に分散投資)

を買う、といった具合でしょうか。


※上記はあくまでも一つの情報を提示しているだけであり、特定の金融商品への投資を推奨するものではありません(仮に投資する場合、損しても自己責任、という覚悟が必要であり、損する覚悟がない場合、決して投資すべきではありません)。




というわけで、最近は

・G20共同声明に表れているように、各国首脳において需要不足の認識、財政出動の必要性の認識があるのに、財政出動がどの国でもほとんど実施されなさそう

TPPがポシャりそう

・金に注目が集まっている

というように、

拙著『
異次元大恐慌』で提示している仮説を強化する材料が日増しに増えている

という今日この頃であります。




 『金融政策のみでは、均衡ある成長に繋がらないだろう』
 
 『我々は機動的に財政政策を実施する』

 という、繰り返されたG20の文言は、

 実に的を射ているのだが…



と思われた方は、↓クリックをお願いいたします。


 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m  
関連記事
スポンサーサイト

『異次元大恐慌』コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 米大統領選が示唆する、公式経済統計と経済実感の乖離(かいり)
≫次の記事 「アベノミクス・プラス(金融緩和+財政出動+構造改革)」が世界経済に必要。だが、「決定的な財政出動」は政治的に困難。よって、景気後退はほぼ確定:シティのブイター氏

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。