ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

7:菅氏の知恵袋:「増税してでも雇用創出を」

2010/04/26 (Mon) 19:23
http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


↓ツイッター始めました
https://twitter.com/YNHiromiya



http://bit.ly/aSelfc

「さらば、デフレ不況」好評発売中!

アマゾンでのご購入はこちら→ http://bit.ly/d7Th6o (短縮URL)








三橋貴明後援会はこちら→http://bit.ly/aLVNrv (短縮URL)

【後援会ニュース】
(三橋氏ブログより転載)

◇4月30日(金) 福岡 街頭演説
詳しくはこちら→ http://mitsuhashi-takaaki.jp/wordpress/?m=20100430&cat=12


◇5月1日(土)、横浜 ねこカフェ(女性限定)、街頭演説、講演会
詳しくはこちら。→ http://mitsuhashi-takaaki.jp/wordpress/?m=20100501&cat=12
http://yokohama.pecori.jp/ (横浜支部専用サイト)



皆様、それぞれの開催地近隣の友人・知人・一族郎党(?)お誘い合わせの上、ご参加頂けましたら幸いであります。

来て頂けるだけでも幸いでありますが、
三橋ファン以外の方に輪を広げて頂けると、さらに輪をかけてありがたき幸せでありますm(_ _)m。




ちなみに、横浜のほうは街頭、講演会については私も隠れキャラで行っています(講演会では後ろのほうにいる予定)。





今回はご質問頂いていたブルームバーグ記事

菅氏の「知恵袋」小野氏:金融緩和依存でデフレ脱却困難
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=armu.N39B5Ko

についてです(前回に引き続き宮崎市内のホテルで書いてます)。


4月16日(ブルームバーグ):菅直人副総理兼財務相の経済アドバイザーとして2月に内閣府参与に就任した大阪大学の小野善康教授(59)は、


あ、阪大の経済学部の先生ですね。ちなみに私は阪大工学部出身です。


政府の金融・経済政策運営について、日本銀行の金融政策に依存した手法では、内需は喚起されず、20年来続いてきたデフレ状況からの脱却はできないとの考えを示した。


まったく同意であります。


増税してでも雇用創出を


おやおや…


同教授は、デフレを、物を消費するよりも現金を保有したいという志向の表れとみて、
政府が内需の源泉となる新たな雇用を創出することで、消費や資金の流れを良くする好循環を作り出すべきだと主張する。


それは、そうですよね。が、しかし…


そのため、
政府が、不況期には増税してでも新しい仕事を創設し、
逆に景気が良くなれば、減税し政府事業を減らすと約束することで、
消費が活発化し、デフレの脱却につながると説く。


うーん…。

「皆さん、不況のときは頑張ってカネを使ってください。」
「皆さんがガンガンおカネを使ってくれ、そのお陰で景気が良くなった暁には、
 減税で報いますよ」

ということになりますかね。


小野教授の意図は、カネを使うことに対するインセンティブを国民に与えることにより、カネを使ってもらうように誘導し、景気を良くする、ということなのでしょうか。


そうだとすれば、その意図自体は正しいとは思うのですが…


思うに、

不況期はおカネが使われないことが問題(上記の「現金を保有したいという志向」)で、
雇用を増やすべき

ということでしたら、

全部貯蓄に回ってしまう可能性すらある子ども手当てはやめて

その分で

・保育所を増やし、保母を増員する(給与水準が低すぎるらしいので、水準も上げる)

・介護職員を増やす(これも給与水準が低すぎるようですので、水準も上げる)

ついでに、

・行革法に従って絶賛人員削減中の自衛隊員を増員する

・止まっている公共事業を再開させる

とかして雇用を増やすほうが素直ではなかろうかと思うのですが、いかがでありましょうか?


小野教授は増税する税目について
「私は所得税増税を主張している」
と述べ、
「なぜかと言えば、所得税の方が累進的なので、消費性向の低い高所得者層から税金が取れる。
さらに低所得者層が受け取ったお金を消費に回せば、高所得者の所得にもなる」

それは確かにそうかも知れませんが。

所得税の最高税率は「今は4割だったが、昔は7割だった。小泉政権の実態は所得の高い人にお金を渡しただけだった」と述べ、「最高税率は上げても良いと思う」との考えを示した。 

うーん…。おっしゃることは分からないではないのですが、本当の「金持ち」の皆さんはさっさと海外に逃げてしまうかも知れません。金持ちほど金を持ってるのですから、海外に逃げるのは簡単だったりしますので…。
そうすると高額納税者から税金をガッポリ取ってやろうというこの案の大前提が崩れてしまうような気もします。
いま、所得税は既に累進的なので、これ以上極端な累進税にする必要もないように思われます。


「増税する前に【子ども手当て財源】という新たに生まれた【埋蔵金(?)】の活用により雇用対策してみても良いような気がする今日この頃…」、 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!




http://bit.ly/aSelfc


というテーマの拙著「さらば、デフレ不況」好評発売中!

アマゾンでのご購入はこちら→ http://bit.ly/d7Th6o (短縮URL)




☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 本日、横浜です(お知らせ色々)
≫次の記事 「日本不信」

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。