ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

703:ムーディーズやバンク・オブ・アメリカがこっそり公表している、リーマンショックを上回る危機のシナリオ

2016/04/07 (Thu) 14:07
 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

当面、ツイッターのみ更新し、ブログ更新はどうしてもツイッターでは表現しきれない重要なニュースがあったときだけ、というようにする方針です。

※私のツイッターは、当ブログのPC版の左上に表示しているツイッター窓で見て頂くか、「twitterでフォローして下さい」ボタンを押してツイッターを開いてみて下さい。







ijigen-hyoushi.png


『2016年、異次元大恐慌が始まる』
飛鳥新社 刊


 好評発売中


ちなみに、私自身が考えていたタイトルとオビの原案はというと、

タイトル 原案:『世界大恐慌2.0 ――世界と日本を激変させる、歴史的大波涛』

オビ文言 原案:「資本主義でも、共産主義でも、民主主義でもない、異次元な新時代の幕開け」


というような、もう少し穏当(?)なものでありました。少なくとも「大恐慌=この世の終わり」ではありません!


「世界大恐慌2.0」というのは、次に起こりそうなのは「1929年世界大恐慌のバージョンアップしたもの」になりそう、という意味合いです。
→なぜそうなるかというのは、経済的なカネ勘定の問題よりは、政治的な権力構造の問題ではなかろうか、という仮説になります。


目次項目の一覧はこちら





↑この『異次元大恐慌』のp.128に登場頂いた国際政治学者の藤井厳喜さんも、新著において『世界恐慌2.0』という結論に至っています:



世界恐慌2.0が中国とユーロから始まった』 徳間書店刊



私の本とはまた違う視点からの分析となっており、併せて読んで頂くと面白いのではないかと思います。

なお、藤井厳喜さんは1990年の日本の株式バブル崩壊、2008年の金融危機なども事前に予測しており、その点において私よりもずっと年季が入っていますが、この本の「まえがき」では以下のように書いていらっしゃいます:

「悪い見通しを声高に語りたくはない。しかし、我々が乗っている船が、大きな氷山に向かって突進しているのだとすれば、その予測される危険をより多くの人に知らせることは、言論人の責務であると考えている」



ちなみに、その藤井厳喜さんが私の『異次元大恐慌』についてラジオで紹介して下さっています:

KG Project@20160223
https://www.mixcloud.com/kennysuzuki18/kg-project20160223/



あと、私が以下のような見立て





…を立てるに至ったのも、最初のきっかけは藤井厳喜さんにアメリカでもTPP反対運動があるということを教わったことでした。





さて、本題です:

昨日ツイートした




に関連する話です。

ブルームバーグ(英語版)に興味深い記事があったので、大まかながら全訳しておきます。


-----

The Coming Default Wave Is Shaping Up to Be Among Most Painful
来るべき債務不履行の波は、過去最大級の苦痛に発展しつつある

http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-04-05/the-coming-default-wave-is-shaping-up-to-be-among-most-painful
Bloomberg
April 6, 2016 — 8:25 AM JST Updated on April 7, 2016 — 6:43 AM JST


Losses on defaults are growing higher as leverage rises
借入れ倍率が上昇する中、債務不履行による損失が増大している

Bond prices may not reflect the trouble that's brewing
債券価格は醸成されつつある困難を反映していないかも知れない




When the next corporate default wave comes, it could hurt investors more than they expect.
次の企業破たんの波がやって来たとき、それは投資家らを想定以上に傷つけ得る。

Losses on bonds from defaulted companies are likely to be higher than in previous cycles, because U.S. issuers have more debt relative to their assets, according to Bank of America Corp. strategists. Those high levels of borrowings mean that if a company liquidates, the proceeds have to cover more liabilities.
破たん企業による債券に関する損失は、前回のサイクルよりも大きくなりそうだ。なぜなら、バンク・オブ・アメリカのストラテジストによれば、米国の債券発行体が資産に対して相対的により大きな債務を抱えているからだ。(後略)

"We’ve had more corporate debt than ever, and more leverage than ever, which increases the potential for greater pain," said Edwin Tai, a senior portfolio manager for distressed investments at Newfleet Asset Management.
「我々はかつてないほどの企業債務、かつてないほどの借入れ倍率を抱えており、それらはより大きな痛みの可能性を高めている」と、ニューフリート・アセット・マネジメントでディストレスト投資(破たん企業への投資)のシニア・ポートフォリオ・マネージャーを務めるエドウィン・タイは述べた。

Loss rates have already been rising. The potential for them to climb further may mean that in general junk bonds are not compensating investors enough for the risk they are taking, said Michael Contopoulos, high yield credit strategist at Bank of America Merrill Lynch. The average yield on a U.S. junk bond is now around 8.45 percent, according to Bank of America Merrill Lynch indexes, about the mean of the last 10 years.
損失率は既に上昇している。さらなる上昇の可能性は、一般的に、ジャンク債(の利回り)が、投資家が取るリスクに見合わなくなることを意味する、とバンク・オブ・アメリカの高利回り債ストラテジストのマイケル・コントポロスは言う。バンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチ指数によれば、米国のジャンク債の平均利回りはいまや8.45%前後となっており、過去十年の平均に近い。

※ジャンク債:「通常、スタンダード・アンド・プアーズ社(S&P)の格付けで「BB」、ムーディーズ社(Moody's)の格付けで「Ba」、もしくはそれ以下の低格付けの債券のことを指します」(iFinance


In bad times, corporate bond investors on average lose about 70 cents on the dollar when a borrower goes bust. In this cycle, that figure could be closer to the mid-80s, Bank of America strategists said. Those losses would be the worst in decades, according to UBS Group AG’s analysis of data from Moody’s Investors Service.
不況時、借り手が破たんした場合には企業債の投資家は平均で1ドルあたり70セントの損失(つまり、70%の損失)を受ける(注:債券の発行企業が破綻しても、債券保有者が100%の損失となることは稀(まれ)です。その企業が保有資産を売却することで弁済するからです。好況時なら保有資産が高く売れるため損失率はもっと小さくなります)。今回のサイクル(景気サイクル)では、この数字は80%台半ばに近づき得ると、バンク・オブ・アメリカのストラテジストはいう。UBSによるムーディーズ・インベスターズ・サービスのデータの分析によれば、そのような損失率は過去数十年で最悪となる。

Junk-rated companies have debt equal to about 48 percent of their assets now, up 7.5 percentage points in the last 7 years, according to Bank of America Merrill Lynch data. The ratio of debt to assets is one of the main factors in how big losses will be when a borrower defaults, and it could be headed higher than in previous cycles.
バンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチのデータによれば、ジャンク級に格付けされている企業は、今や資産の48%に相当する債務を抱えている。これは、7年前の水準よりも7.5%高い。資産に対する債務の比率は、借り手の破たん時に生じる損失の大きさを決定する主要な要素の一つであるが、これが前の景気サイクルよりも高い水準へと向かっているのである。

Another factor is the rate of default, because when more companies are defaulting, more are looking to sell assets or otherwise restructure, leaving investors with lower recoveries. Default rates currently stand around 4 percent, according to Moody’s. The ratings company forecasts that the measure will rise to 5.05 percent by the end of the year in the best-case scenario, and could jump as high as 14.9 percent under the most pessimistic projection.
ほかの要素は破たん率である。というのは、より多くの企業が破たんした場合、より多くの資産が売りに出されるか、より大規模なリストラが進められ、投資家が回収できる資産がより小さくなるからだ。破たん率は現在、ムーディーズによれば4%前後である。ムーディーズの予測では今年(2016年)末にはその数値が最良のシナリオでも5.05%に上昇し、最悪のシナリオでは14.9%に上昇し得る。

※上のツイートで紹介しているCNBCの記事では、S&Pによる1991年からのジャンク債(投機的格付債)の破たん率(不履行率)のグラフが示されていますが、14.9%というムーディーズが想定している最悪のシナリオになるとすれば、それは1991年以降で最悪となり、リーマンショックを上回ることになります。


Default rates and debt-to-asset ratios explain 75 percent of the variation in observed recoveries, Bank of America strategists said.
破たん率と債務資産比率は、観察された資金回収における変化度合の75%を説明していると、バンク・オブ・アメリカのストラテジストはいう。


Shrinking Recoveries
目減りしている資金回収率


As debt-to-asset ratios and default rates have risen, recovery rates, or the percentage of principal that investors get back when a credit defaults, have already started falling. They stand at around 29 cents on the dollar, according to Bank of America Merrill Lynch data. Two years ago, that figure was closer to 44 cents. In other words, loss rates are already starting to rise.
債務資産比率と破たん率が上昇するにつれ、資金回収率、すなわち破たん時の投資元金の回収率は、すでに低下を始めている。バンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチのデータによれば目下、1ドルにつき29セント(=29%)である。2年前、この数値は44セント(=44%)に近かった。言い換えれば、損失率はすでに上昇し始めている。

The long-term average recovery rate for senior unsecured debt across the entire credit cycle is around 40 cents on the dollar, a level that falls to around 30 cents when times get bad. In downturns going back to the 1980’s, the lowest recovery rate was around 22 cents in 2001, according to UBS strategists’ analysis of Moody’s data.
全ての景気サイクルにわたる無担保上位債務の長期平均資金回収率は1ドルあたり40セント(=40%)であるが、不況時にはそれが30セント(=30%)に落ちる。UBSのストラテジストによるムーディーズのデータ分析によると、1980年代以降の不況を振り返ると、最低の資金回収率は2001年の約22%であった。

Bank of America strategists see possible recovery rates in the mid-teens in this cycle. While holding a portfolio of speculative-grade bonds to maturity at current yields may still result in a positive return for investors, higher defaults and losses on the securities will likely weigh on prices in the coming months, Contopoulos said.
バンク・オブ・アメリカのストラテジストは、今回の景気サイクルにおいて、10%台半ばの資金回収率があり得ると見ている。現状の利回り水準からすれば、投機的格付債を満期まで保有すれば、投資家にとってプラスの利益率をもたらすかも知れないが、より高い破たん率と損失率が、今後数か月において債券価格の重しになりそうだと、(バンク・オブ・アメリカの)コントポロスはいう。

Taking steps including buying secured debt can help mitigate investors’ trouble, Newfleet’s Tai said. Newfleet had $11 billion under management as of December 31.
担保付き債の購入などは、投資家の困難を和らげる助けとなり得る、とニューフリートのタイはいう。ニューフリートは昨年12月末時点で110億ドル(約1.2兆円)の資金を管理している。


The low price of oil is another factor that will likely hamper recoveries. Crude now trades at around $36 a barrel, down about 65 percent from its level in mid-2014, a decline severe enough that a few drillers have started missing payments on their debt.
原油価格の低迷も、資金回収を阻害するもう一つの要因となりそうだ。原油は現在、1バレル36ドル前後で取引されているが、2014年半ばの水準から65%下落している。この下落は2、3の石油掘削会社が債務に関する支払いを滞らせ始めるに十分厳しいものである。

Some energy companies will be able to negotiate with their lenders to cut their debt loads. But a chunk of them have production costs that are too high even ignoring borrowing costs, giving their creditors few options apart from liquidating the company.
一部のエネルギー企業は債務負担の削減につき貸し手と交渉することができるだろう。しかし、かなり多くのエネルギー企業は、借入れコストを無視した場合ですら生産コストが高過ぎ、貸し手にはその企業を清算させる以外の選択肢がほとんど残っていない。

For many liquidated energy companies, "there’s not a whole lot to recover in terms of cash," said Leonard Klingbaum, a partner at law firm Willkie Farr & Gallagher.
多くの清算済みエネルギー企業において、「現金による回収余地はあまり多くない」、と弁護士事務所ウィルキー・ファー&ギャラガーのパートナー、レオナルド・クリングバウムはいう。





以上、まとめると、

・今年、ムーディーズの最良のシナリオでもジャンク債の破たん率は上昇に向かい、最悪のシナリオではリーマンショック直後の水準を上回る

・バンク・オブ・アメリカの想定では、次の不況サイクルにおいては無担保上位債務の長期平均資金回収率が過去数十年で最悪になりそう


ということになります。

つまり、

ムーディーズやバンク・オブ・アメリカ、淡々とかなりヤバい想定を出しています。


しかしながら、

日本のメディアではあまりこういった景気の悪い話、ほとんど報じられないですね。

何か特別な事情があるのか、特にこれといった事情はないのか、よく知りませんが…。




さて、

アメリカの景気が実はかなり悪い、となると…












というわけで、

トランプ氏が大統領になる確率が高まる

ことになります。



 『2016年、異次元大恐慌が始まる』

 『世界恐慌2.0』

 が、いよいよ現実味を帯びてきたか…


と思われた方は、↓クリックをお願いいたします。


 人気ブログランキングへ YNHiromiyaをフォローしましょう

クリック、ありがとうございましたm(_ _)m  
関連記事
スポンサーサイト

『異次元大恐慌』コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「反ユダヤ主義(?)」騒動に揺れる英労働党とロンドン市長選+4日後に迫るロンドン市長選はイスラム教徒vsユダヤ人というかなり興味深い構図
≫次の記事 積極財政派、世界で急激に増殖中:ヘリコプターマネー(中央銀行の国債直接引受け+財政出動)で『異次元大恐慌』は回避されるか?

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。