ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

73:国の借金、教育、儒家、兵家[2]

2009/10/25 (Sun) 18:38

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788






現代日本はどうも「儒家」的発想、つまり観念論的な発想に偏り過ぎてはいないか

と、最近思っています。


たとえば、さっきも書きましたが、国の借金問題

【国の借金】も【軍事】も、むやみやたらに忌避しているような感があります。


国家財政についても、軍事についても、様々な事実関係を把握して分析するという「兵家」的な現実主義の発想が、ものの見事に欠落している、

というのが今の日本の姿と言えはしまいか?


と思うのです(国全体を覆う空気として)。




逆に、比較対照として中国について考えてみますと、

「兵家」的な発想、つまり現実主義的、あるいは実利主義的な発想に偏り過ぎのような気がします。


景気回復のために国家財政はガンガン拡大し、
海洋権益確保のために軍備をガンガン拡張し、
それに、
なんと言いますか儲かれば何でもありという風潮でコピー商品・有毒食品・環境汚染が大々的に横行していたり…


日本は「兵家」の発想をもっと持った方が良いし、中国はもっと「儒家」の発想を持った方が良い


そのように思う、今日この頃であります。




当ブログの一丁目一番地の主題は【国家財政】ですので、

最後に今一度、国家財政のお話を。



何度も書いていますが

民間純資産 = 政府純負債 + 対外純資産

です。これを変形すると

民間純資産 - 政府純負債 = 対外純資産

で、
【政府純負債】を【政府純資産】と置き換える

民間純資産 + 政府純資産 = 対外純資産

です。


借金は悪、節約は善、貯蓄は美徳

ということで、民間も政府も貯蓄にひた走るとしたら

民間純資産↑ + 政府純資産↑ = 対外純資産↑

のパターンしかありません。


日本の対外純資産はただでさえ、世界最大です。


これ以上を望むのが、果たして「美徳」でしょうか?



日本の対外純資産が増えるということは、他国の対外純負債が増えるということです。


それは、不均衡の増大であり、結局は世界経済の不安定をもたらし、巡り巡って日本経済に痛烈な打撃を与えることになります。



つまり、

借金は悪、節約は善、貯蓄は美徳

ということで、民間も政府も貯蓄にひた走る


ということは、


道徳的にも戦略的にも大間違い

です。


現実には、いま仮に政府の財政再建(=貯蓄を増やす)をするならば、対外純資産の増加よりもむしろ民間の貯蓄が減るだけになるだけになるでしょう。

というのは、

対外純資産の増加は、時価変動分を除いて経常黒字によってのみもたらされるものであり、外需の伸びには限りがあるのであるから、


対外純資産の増加が、政府の黒字と民間の黒字の両方をもたらすほどの水準になることは、まずあり得ません。



「『国の借金は悪だ』という道徳論を振りかざす皆さんにはまず、是非とも、『国の借金を減らすには、自分の財産を減らす必要がある』という単純な原理に気付いて欲しいものです。

それでも、どうしても『国の借金は悪だ』の道徳論を貫きたいというなら、ご自身の財産を国に供出し、その道徳論を貫徹して頂きたい。

『自分の資産が減るのは嫌だが、国の借金は減らすべきだ!』というワガママは、むしろ非道徳的ではなかろうか…」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「借金が税収を上回る」って?だから何なのさ?[1]
≫次の記事 国の借金、教育、儒家、兵家[1]

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。