ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

75:「子ども手当て」考[2]

2009/10/22 (Thu) 18:30

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788






(2)「子ども手当て」の意義・理念・目的

まず、大上段の話をしましょう。

もちろん、おなじみの↓これです。




要は

100年単位、1000年単位で国家の存続と繁栄に寄与するかどうか?

ということであります。


次に、
↑この最上位概念に基づいて、私が「国債を刷れ!」の中で取り上げた子育て支援の意義や理念についての検討をしてみましょう:


「子育て」も社会貢献である。

子育て支援は、子供の教育機会の均等化にもつながり、
 低所得層の家庭に生まれた潜在的に有能な人材を埋もれさせないという効果



子育て=国家の存続と繁栄に寄与する社会的活動

と見なせば、やはり

「子育て」も社会貢献

と見なせますね。まずこの点は問題なさそうですね。


次に、

子育て支援

子供の教育機会の均等化にもつながり、
低所得層の家庭に生まれた潜在的に有能な人材を埋もれさせないという効果

が期待できる、という事項について。


仮に、
潜在的に有能な人材を埋もれさせない

という目的が達成できるのであれば、やはり

国家の存続と繁栄に寄与

することになると思われますので、これも問題なさそうだと思いますがいかがでしょうか?


#ここまで、「子ども手当て」そのものの理念や意義ではなく、「子育て支援」という一般概念についての意義・理念・目的の検討です。

#「子育て支援」こそが上位概念であり、「子ども手当て」はその一手段に過ぎません。



さて、

じゃあ上記の意義・理念・目的を達成するための手段として、

「子ども手当て」は妥当かどうか

ということを検討して行きましょう。


「国債を刷れ!」では、
民主党が「子育て支援」を充実させようとしているようだな、という点で「子ども手当て」を高く評価するようなことを書いていたのですが、

「子ども手当て」そのものについて深く掘り下げることはしておりませんでした。

その点は素直にすみませんでした、という他はないですが…


さて、
今朝のNHKの番組(生活ほっとモーニング)
ちょうど「子ども手当て」の話でした。


1000人にアンケート調査してみたところ賛成7割だった

ということなのですが、

3割の反対の人たちの声を拾って、長浜厚生労働副大臣にぶつけてみる(生放送で)というなかなか興味深い構成になっていました。


番組では「子ども手当て」反対の意見
↓下記のような5点にまとめていました:


①支給の仕方に反対

②財源

③高校・大学生への支援が足りない

④保育所の整備が先

⑤甘やかすな!



①は、よく言われる「親がパチンコに使うだけ」になりかねないというような意見です。

②は、…まあ、当ブログでは当然のようにスルーです(笑)

③は、子供が高校や大学のときに一番カネがかかるのに、なんで中学卒業までしか支給がないねん、という、これもよく言われる話ですね。

④は、「子ども手当てに使うカネがあるなら、保育園を拡充して待機児童ゼロになるようにして欲しい。そうすれば働きに出られるので子供手当ては別に不要」というお母さんが多いというお話です。

⑤は、「私ら、貧しくてもちゃんと子供育てたっちゅうに」という中高年以上のお母様方の見解です。



この番組を見ていて、②以外

なるほど、そう言われると全くその通りでありますね

というものばかりという印象でありました。


で、副大臣の回答は、私の記憶によれば、

に関しては、私が見逃していたのか、ちょっと印象に残っておりません…

②はまあ、いいでしょう。

は、高校の授業料の実質無料化をやります、と言う話と、大学についても何らかの対策を講じますというような感じでした。

は、保育所についてはしっかり拡充させてゆく、子ども手当てと両方やります、という話でした。

は、是非とも子どもは国の宝、社会全体で育ててゆくという方向でご理解頂きますように、というような具合でした。



で、私、この番組を見た後、色々考えてみたのですが、


「子育て」も社会貢献である。

子育て支援は、子供の教育機会の均等化にもつながり、
 低所得層の家庭に生まれた潜在的に有能な人材を埋もれさせないという効果


という目的の子育て支援は、

あえて「子ども手当て」でなくても良いかも知れない

という印象を持ちました。



例えば、↓こんな政策パッケージです。

・低所得層の子育て世帯への減税や補助金を拡充させる

  現在、政権が推し進めようとしている、

  「給付付き税額控除」(=マイナスの所得税)

  はその強力な手段の一つと言えるでしょう。

  マイナスの所得税については、
  アメリカでは70年代から実施され、効を奏しているらしいです。  
  (Wave of Soundさん
   http://waveofsound.air-nifty.com/blog/2009/01/post-9f1a.html
   参照。HMさん、ご紹介ありがとうございました)



・低所得層への就学支援を充実させる

  例えば、
   小中学校の給食無料化とか
   高校や大学の奨学金を拡充させるetc




・規制緩和と予算拡大により保育所の増設を全面的に推し進める。



・低所得層の子どもの医療費支援の拡充
 (↑NHK番組によると、
   最近では親が経済的余裕が本気で無い親御さんが、
   病気になった子どもを病院に連れて行くこともなく学校に送り出す
   というケースが頻発しているそうですので、その対策)


というような具合であれば、

子育て支援のため政府支出が親のパチンコに使われることなく、
国際競争力強化のための教育の充実に周り、

かつ、

子育て世帯の家計の助けにもなる

ように思われますが、いかがでしょう?




あと、

国家の存続と繁栄

という観点からすると、

教育のやりかたそのものも色々工夫の余地があるようにも思われます。


つい最近、知人に教えてもらった↓下の動画が、一つの参考になるかも知れません。


#「こいつら超能力者か?」と思いたくなるような子供が一杯出てくるのですが、教え方さえうまくやれば、誰でもそうなるらしいです。しかも、強制することなく、自発的に。

#この動画は一見されることを強力に推奨致します。音声と映像が若干ずれているのが難点ではありますが…、この衝撃の内容に私は本気で度肝を抜かれてしまいました@0@








「一時的にも景気を悪化させることなく、かつ、【国家の存続と繁栄】を確保するための【子育て支援】求む。」と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 国の借金、教育、儒家、兵家[1]
≫次の記事 「子ども手当て」考[1]

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。