ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

80:「財政赤字は成長を阻害」の大嘘! その2[1]

2009/10/16 (Fri) 13:25

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788




当ブログのランキング状況は→ こちらです

いつも、ありがとうございますm(_ _)m




昨日の続きを始める前に、


読者の方が財政問題について

民主党の政調に電話質問されたということで
コメントを書いてくださったので、

ご本人の了承を得て、紹介させて頂きたく思います:
faceoffactor様、ありがとうございます!

Q1.首相や財務相がいってるが、赤字国債発行はなぜダメか

A1.長期金利が上がるから。


Q2.過去、そんなデータはないのだが?

A2.民主党としては↑で述べた考えを元にしています。


Q3.大規模財政出動の麻生政権を批判し、補正凍結した理由は?

A3.自民党の政策は、天下り~略~とかがあるからダメだ。
  あと、実際補正予算で各省庁に金を廻しても、
  そこで資金が滞留して民間に金が回っていない。
  事業のアイデアがなく、どうしていいかわからないのだろう。
  だから子供手当とかで国民に所得を配分する政策を優先する。



#実際のやり取りは↓こちら(ニコ動。要ID(メールアドレス登録))
http://www.nicovideo.jp/watch/nm8521280


#ちなみに、
 上記「A1.」につきまして、
 過去に掲載した(「国債を刷れ!」にも掲載)
 国の借金と金利のグラフを再掲します









元の音声を拝聴致しますと、

民主党としては「市場関係者から国債を増発すると長期金利が上昇するからダメだと聞いている」という具合のようです。

現実には、国の借金が増えるなか、金利は低下し、世界最低水準をまい進中なのですが…


いずれにしても、民主党の政調の方はご自身の知り得る範囲内で、
 丁寧に答えておられるというのは間違いのないところであろうかと
 思われます。

#もちろん、自民党関係者や官僚の皆さんは、反論したいことが山ほどあろうか、とも思われますが…



さて、
昨日の続きですが、

まずは、ご要望のありました昨日のグラフで日本のデータだけ色づけしたものを:







日本の財政赤字GDP比の過去29年間における最大値

8%(2002年)

です。

これをグラフ上で赤点線で示しましたが、

グラフを見ると、
その日本の最大値よりも大きい赤字を経験した国はいくらでもあるわけです。

データがある中で最大の赤字は、

1981年イスラエルの17.4%

です。

これだけの大規模な赤字でしたが

実質成長率は4.7%となっています。


日本政府の財政赤字について、

大変だ~!

というのは、
GDP比17%を超えてからでも遅くはないように思いますが、いかがなものでしょうかね^^




さて、次に予告しておりました
5年以上連続で財政赤字になっているケース
データです。


あくまでも、前回と今回のテーマ
「長期的に財政赤字だと成長しない」というけど、ちゃんとキッチリ成長してますやんか
というのを検証することなので、
赤字が続いてもちゃんと成長してるよん
というデータさえ示せばそれで済む話なのですが、

一応ついでに、参考程度の位置づけで

5年以上連続財政黒字のケース

のデータも併せて示します。



まずは、

財政収支(横軸)と【実質】成長率(縦軸)のグラフ







↑5年以上連続で財政赤字
という場合でも
実質3%以上の成長(複利ベースの年平均成長率)
を遂げているケースは吐いて捨てるほどありますね^^


次に、

財政収支(横軸)と【名目】成長率(縦軸)のグラフ







日本の93年-08年(16年連続赤字)の名目成長率(複利ベースの年平均成長率)の低さが目立ちます。
これは構造改革が足りないからですね^^。


というのはもちろんウソです。


日本では97年以降、緊縮財政で政府支出が横ばい、または、減少しているのですが、

これだけ継続して政府の支出が増えないケースというのは私の知る限り、
近年の日本以外には存在しません。

GDP = 民間消費 + 民間投資 + 政府支出 + 純輸出

という
小学校低学年にも理解可能と思われる単純な足し算に従って考えれば、

近年、日本の名目成長率が世界最低水準であることは、あまりにも当然の帰結と言えるでしょう。

財政を拡大しながらの構造改革だってあるはずです
(私の言うところの「第三の道」)


我々が名目GDPの成長をなせるかどうかは、

上記の足し算を実践する意思を持つかどうかだけの問題と言えるでしょう。


実質GDPについても、
現在の供給過剰の状況を考えれば、
名目さえ伸びれば、実質も伸びるのは火を見るよりも明らかです
(いわゆる需給ギャップ、デフレギャップがあるので)。



さて、最後に

上記グラフを表にしたものを示します:

*見どころは後で書きますので、この表は読み飛ばしてください^^









↑この表では、

20年以上連続して財政赤字

のケースを

一番右の欄で太字

にしてあるのですが、


改めて、
20年以上連続して財政赤字のケースにおける
年平均実質GDP成長率(複利ベース)を↓書き出してみます

オーストリア 2.3%

ベルギー 2.2%

キプロス 4.2%

フランス 2.0%

ギリシャ 2.2%

イスラエル 3.8%

イタリア 1.7%

ポルトガル 2.7%

スペイン 3.0%

台湾 5.3%


20年以上連続という長期継続的な財政赤字であろうと、しっかり成長していますね。

特に、
台湾は08年まで20年継続して財政赤字ですが、平均実質成長率が5.3%という高度成長です。


一方、

アイルランド
07年まで5年連続して財政黒字でしたが、
危機的状況に陥ったことから、自国通貨を捨ててユーロに参加することを模索し始めました。


韓国
08年まで9年連続して財政黒字でしたが、
しっかり通貨危機に陥りました。



長期継続的に財政赤字であるからといって、長期的に経済成長できないということは、上のデータからして明らかに間違いです。

また、

継続的に財政黒字であったからと言って、万事安泰というわけでも何でもありません。

それが厳然たる事実なのです。

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「財政赤字は成長を阻害」の大嘘! その2[2]
≫次の記事 「財政赤字は成長を阻害」の大嘘! その1

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。