ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
6位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

93:国の借金「4100兆円」でも大丈夫!

2009/09/18 (Fri) 12:52

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788




「国が財政危機と考えることこそ日本の危機」という考えを広めるという当ブログの趣旨にご賛同下さる方は、↓下記ブログランキングのクリックを賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

ブログランキング→ こちらをクリック

いつも、ありがとうございますm(_ _)m





既にイタリアについては、何度も触れていますが、

今までと若干違う見せ方をしてみたいと思います。


このブログをずっと読んで頂いている方は、

↓このアメリカ合衆国の公的債務が過去200年余で13万倍になっているグラフ






等を見て、すでに、

国の借金が増えた。だから、何なのさ?

というのが

あたり前田のクラッカー

だと思いますが、


今日は↓こちらのメニューをご賞味くださいませ


まずは、金額グラフ



出典:IMF


イタリアの場合、
1999年以前はリラですが、
IMFのデータベースでは通貨統合時のレートでそれ以前のリラの金額をユーロに換算しています。


とりあえず去年までのデータが最新ですが、

国の借金(公的債務)は絶賛増加中ですね。


はっきり言って、イタリア政府が公的債務を返す気があるとは毛頭感じられません

(正確には「返す気がない」のではなくて、「減らす気がない」と言うべきですが)


もちろん、
イタリアのみならず、よっぽど石油が有り余ってて左うちわな政府をのぞき、ほとんどの国の政府が減らす気など微塵も感じられないのですが。



さて、次に、同じグラフですが、

1980年の名目GDPで割り算したグラフです。






2008年のイタリア公的債務残高は、1980年の名目GDPで割ると818%

つまり、80年当時の名目GDPの8.2倍になっています。


今の日本の名目GDPは大体500兆円くらいですから、

28年後に、公的債務が

500兆円×8.2 = 4100兆円

という感覚です。


よく、

日本の公的債務は1000兆円もある。もうダメだー!

800兆円もある国の借金をどうにかしないといけません!

テレビで絶叫している方がいます(アナウンサーを含めて)が、

それがいかに無意味かが分かる、イタリア人の物語でした。



なお、イタリアは名目GDPも絶賛増加中ですが、

それはもちろん、

GDP = 民間消費 + 民間投資 + 政府支出 + 純輸出

の式と、

イタリアの政府支出がずーっと絶賛増加中

であることを考えれば当たり前の話ですね。


政府支出を減らし、名目GDP成長率 世界最低を驀進した某国とは正反対です。


そのあたりは、「国債を刷れ!」の最後の方に詳しく書いていますので、ここでは敢えて詳しくは書きません^^;


「国の借金が800兆円とか、1000兆円とか、だから何だってのよ。その借金の債権者は誰だと思ってんだ???」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたします

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 日本「経済」新聞
≫次の記事 新株発行マジック!

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。