ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

95:不動産、機械装置は「純資産」〔2〕

2009/09/16 (Wed) 16:08

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788




〔1〕 http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21678278.html からの続きです。





トヨタの現在の発行済株式数


です。


えーと…、

34億株ですね。

これに現在の株価を掛けると、時価総額になります。

さっき見たら株価が3730円なので、

3,447,997,492株 × 3,730円 = 12,861,031百万円

えーと、つまり、

12兆8千億円です。


しかし、です。


何も、この12.8兆円分の全部の株式が毎日取引されているわけではありません。


直近でトヨタ株の出来高(株数)が最も多かったのは09/09/11の

11,794,200株

です。1,200万株くらいですね。

ということは、この日に取引されたのは、全株式のうちたったの

0.34%分の株式だけです。


株式時価総額12.8兆円というのは、

このコンマ以下のパーセンテージ分の取引サンプルでついた価格(株価)を元に計算されているだけであって、

本当に12.8兆円の値段が付いているわけではありません。


だからこそ、

わずか半年くらいで国内の株式時価総額が年間のGDP以上に減ったにもかかわらず、

預金が減ることだって無かったのですが。


逆に、

こりゃバブルだ!

というような株式時価総額になっているときも、
所詮は上記のようなごくごく一部のサンプルに付いた株価全株式数を掛け算しているだけなので、

その意味で、まさに、ビールの泡のようなものなわけです。


これは、不動産価格も同じです。

不動産の評価額は、例えば、周辺の物件の直近の取引実績(サンプル)を参考にして算出されるわけです。

だから、
全ての不動産に実際に値段が付いているわけではありません

売り手と買い手が、その時の状況に応じて交渉し、合意形成をし、契約を交わして初めて最終的な値段が決まるわけです。


ということで、

株式時価総額、とか、日本の不動産の価値の総額、とかいったものは、あくまでも、景気動向を示すバロメーター程度のものでしかありません。

ビールをグラスに注いだとき、一番うまいのは、ビールと泡が7対3くらいの割合のときだそうです。

これが、10対0でも、4対6でも、よろしくないわけですね。


株や不動産もそうで、泡が多すぎても少なすぎても、経済は不安定になります。

なお、

泡が少な過ぎる、というのがバランスシート不況

ということになりますね。


明日も、この話題続きます。


新株発行→機械装置購入(設備投資)

というのをやりましょう。



※余談ですが、「適正株価」を判断する物差に、

 PER(株価収益率)とか、PBR(株価純資産倍率)

 と言ったものがあります。

 PERは、現在の株価が利益の何年分か、

 PBRは、現在の株価が、純資産の何倍か、

 というのを示しています。

 例えば、

 PERが100倍なら株価が利益100年分
 PERが5倍なら株価が利益の5年分です。

 これで、ある程度の〔割高、割安〕の目星を付ける事ができるわけです。
 (絶対的なものではありません。念のため)


「ビールの泡は適量が一番!ぷはーっ!!!」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたします

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 新株発行マジック!
≫次の記事 不動産、機械装置は「純資産」〔1〕

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。