ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
8位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

97:[補足]国債減→あなたの預金減ります

2009/09/15 (Tue) 17:25

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788




「国が財政危機と考えることこそ日本の危機」という考えを広めるという当ブログの趣旨にご賛同下さる方は、↓下記ブログランキングのクリックを賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m


ブログランキング→ こちらをクリック


いつも、ありがとうございますm(_ _)m





帰ってまいりましたm(_ _)m




前回は、

「民間が借金を増やそうとしない状況」

という前提では、

政府が国債残高を減らせば預金が減る。ああ無情

となるという話でした。


そして、前回、お金のやり取りは全て

預金

でのやり取りという設定で検討しました。



これに関して、読者の方から、そのやり取りが

預金ではなく現金でなされれば、

最後には銀行に現金が残るので、それゆえに預金が減ることはないのでは?


というご質問を受けました。


つまり、↓こういう流れです。

1.国民が現金を銀行から引き出す

2.国民が現金で納税する

3.政府が現金で国債を償還する



私は、それについて、

きちんと仕訳→財務諸表作成

という工程を経ずに、お返事の内容を考えてしまい、コメント欄で不正確なことを書いていました(「その現金の量が小さければ預金は減らない」というような内容)。


ということで、以下、キッチリ仕訳→財務諸表作成をやってみたいと思います。


結論を先に書きますと、預金は前回同様に減ります。



まずは、仕訳から。





A(現金引き出し)→①(納税)→②(国債償還)

という流れです。


前回の「おカネのやりとりを預金で」の分よりも、

かなり直感的に分かりやすい仕訳になっていますね。


次に、財務諸表(バランスシート、損益計算書)です。








「国民」が「銀行」から現金を引き出す

という設定なので、


「銀行」の初期状態

資産側に現金、その相手方として、日銀からに借入金(日銀からベースマネーたる現金を借りているという設定)を追加しています。



さて、損益計算書は前回とまったく同じです。

連結で利益ゼロ。


貸借対照表が前回と異なりますが、

「銀行」と「連結」の、

国債が10兆円減って、預金が10兆円減る


つまり、

国の借金が10兆円減ったぜ、いぇい、と喜んでいたら、国民の預金も10兆円減っていた。「うぎゃー!お前はもう死んでいる。ひでぶー!!!」、ということです。

つまり、

資産、負債が両建てで10兆円ずつ減っているという結果は、なんら変わりません。



※今日はこれで終わりますが、

逆に、

国の借金が増えない

という前提のなかで、

民間の借金が減る(10兆円減る)

というのをやれば、もちろん全く同じ結果になります。

つまり、

民間の10兆円借金が減って、預金が10兆円減る。うぎゃー!!!

という結果です。念のため。


「国全体で借金が減れば、あなたの預金も私の預金も減る。民間の借金と国の借金の合計が減れば、あなたの預金も私の預金も減るのだよ。 あなた方は、あなた方自身の預金を、どうしても何とかして減らしたいのかね、新自由主義者および財政再建論者ならびにその工作員諸君!自発的に諸君が政府に寄付したいと言うのであれば、特に止めはせん。しかし、政府の財政再建という形で私の預金まで意味も無く無理やり減らそうという話を、あんた方が勝手に決めるのだけは断じて許さん!」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願いいたします

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 不動産、機械装置は「純資産」〔1〕
≫次の記事 国債減→あなたの預金減ります[2]

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。