ツイッターで当ブログを共有

廣宮孝信 ツイッター

TPPアンケート

プロフィール

廣宮孝信 ひろみやよしのぶ

Author:廣宮孝信 ひろみやよしのぶ
工学修士(大阪大学)、都市情報学博士(名城大学)。
2009年、著書「国債を刷れ!」で「政府のみならず民間を合わせた国全体の連結貸借対照表(国家のバランスシート)」を世に送り出した経済評論家、"国家破綻セラピスト"です。
「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」、「日本とドイツは『破綻』後50年で世界で最も繁栄した」--財政赤字や政府債務GDP比は、国家経済の本質的問題では全くありません!
モノは有限、カネは無限。国家・国民の永続的繁栄に必要なのは、国の借金を減らすとかそんなことでは全くなく、いかにモノを確保するか。モノを確保し続けるための技術投資こそがカギ。技術立国という言葉は伊達にあるわけではなく、カネとか国の借金はそのための手段、道具、方便に過ぎません。
このように「モノを中心に考える」ことで、国の借金に対する悲観的常識を根こそぎ打ち破り、将来への希望と展望を見出すための”物流中心主義”の経済観を展開しております。”技術立国・日本”が世界を救う!
 お問い合わせは当ブログのメールフォーム(下の方にあります)やコメント欄(内緒設定もご利用ください)や、ツイッターのダイレクトメッセージをご利用ください。

著書

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

ブログランキング

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経済分析
7位
アクセスランキングを見る>>

お奨め書籍

WTI原油価格

金価格

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

99:国債減→あなたの預金減ります[1]

2009/09/11 (Fri) 16:32

※明日から火曜日まで不在にしておりますので、しばらく更新できません。あしからず…m(_ _)m



http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJ2bE3HTL._SL160_AA115_.jpg

「国債を刷れ!」「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」アマゾンでのご購入は こちらです→ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788




「国が財政危機と考えることこそ日本の危機」という考えを広めるという当ブログの趣旨にご賛同下さる方は、↓下記ブログランキングのクリックを賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m


ブログランキング→ こちらをクリック


いつも、ありがとうございますm(_ _)m






今まで、

国債増発+財政出動+ベースマネー増発(お札を刷る+当座預金を増やす)

をすると信用創造でお金(=現金+預金)が増える

ということの説明は色々としてきました

例えば、↓ここでは、その信用創造で預金が増える様子
簿記の仕訳を使って示しています。

【国の借金の限界は?【1】 】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/19296332.html


が、逆に

国債残高が減る→預金も減る

ということについては、まだやってなかったので、今日はそれをやります


さて、この場合、前提条件として

国債残高が減る と同時に 民間の借金が増える

であれば、預金は減りません


しかし、現在の日本では、銀行が「お金貸したるでー」という状況でも企業の方で「いや、せっかくですが今は借りたくないです」という、

いくら銀行の貸し出し態度が緩和しても民間の借金がマクロで増えない状況

ですので、

国債残高が減ると、そのまま直接預金が減少することになってしまう公算が大です。



一昨日、昨日と

バランスシート不況

お話をしてましたが、

実はそれは、今日の話をするための下準備のためだったのであります。



ところで、

バランスシート不況の話をしてたのは、

別にリチャード・クーさんが私と同じ神戸出身であることに由来する身びいきとかでは全くありません


10年くらい前、クーさんがよくテレ朝の「サンデープロジェクト」に出ていて
・戦艦大和を造ったって良いんですよ

と話していたときは、

このおっちゃん、おもろいこと言うけど、そんなんで景気良くなるなんて信じられん

と正直、思っていました。


一方、
竹中さんら構造改革派な人たちが言う


「構造改革を推し進めて生産性を上げなければ、日本経済は良くなりません」


という話は、実に魅力的に聞こえたものです。

おそらく、経済の知識ゼロなら、普通はそうなるのではないでしょうか…


さらにその後、


日本は国の借金が大変。だから、破綻。ご臨終。南無阿弥陀仏

というような内容の本をたくさん読んで、

「大変だー!日本円の貯金はできるだけ外貨建ての資産に変えておかなきゃだめだー!」

本気で思って、外貨投資、為替FX、先物、果てはヘッジファンドの投資手法までかなり頑張って調べたり研究しました。


例えば↓この本

-18_SH30_OU09_AA115_.jpg
トレンドフォロー入門 トレンドの魔術師たちの売買戦略と成功の秘密
http://www.amazon.co.jp/dp/4775970461/


ヘッジファンドの投資(というか投機)手法の中で

「トレンドフォロー」というやり方があります。

この本の中では、例えば、

エンロンが破綻したときに、マスコミ報道では大損をした人たちの話ばかりが話題になっていましたが、

その反対側で(下落のトレンドをフォローして)大儲け
した人たちもしっかりいるという話が紹介されています。

ちなみに、
松坂大輔投手を60億円で獲得したボストン・レッドソックスのオーナー、ジョン・W・ヘンリー氏も、

このトレンドフォロー型のヘッジファンドの運営
レッドソックスを買い取ってしまうほどの財を成しています。

さらには、
ヘンリー氏のファンドマネージャーらしい、独特な確率統計論的手法でレッドソックスを万年最下位から、強豪チームに生まれ変わらせた話も紹介されています。


この本、6000円くらいしますし、この本のとおりに自分でも投機したら儲かるかどうかは別問題ですが、


私にとって重要なのは、

この本を読むことで世の中を裏側から眺められるようになった

ということです。


エンロンで大損してる人がいっぱいいる反対側で、トレンドフォローのヘッジファンドは大儲けしていたし、今回のリーマンショックでも同じことが起こっています。


私個人にとって、この「トレンドフォロー入門」という本は、「孫子」と同じくらい重大な影響を受けた本なのであります。



ということで、
ジョン・W・ヘンリー氏同様、私も独自にデータを分析することで、日本は破綻するのかしないのか、ということについて結論を出したのが

「国債を刷れ!」

というわけなのです。


あくまでも冷徹に分析した結果

構造改革派寄りだったのが、積極財政派寄りに転じたわけです。

好き嫌いとか、感情論的なことは一切関係ないわけなのです。

ジョン・ヘンリー氏のような独自の分析をしていなければ、はっきり言って、いまだに構造改革派びいきでいたかも知れません。


それから、私はクーさんのいうことは何でも正しいと思っているわけではありません

クー氏

ヘリコプターマネー
お札を刷ってばら撒いたら、通貨の信認が完全に失墜して経済が麻痺する
といった具合に完全に否定されていますが、


もしそれが本当なら、江戸幕府の滅亡は100年くらい早まっていたはずです。

八代将軍は小判の金の含有量を1/2にすることで通貨を増発してばら撒いた(元文の改鋳)のですが、

もし、ヘリコプターマネー → 経済破綻が正しいのであれば、
江戸幕府は吉宗の代でご臨終です。

しかし、現実には、そのばら撒きによってデフレ不況は克服され、
江戸幕府は吉宗の死後も117年続き、吉宗は江戸幕府中興の祖と讃えられています。

日本銀行金融研究所 貨幣博物館
貨幣の散歩道 第27話 米将軍吉宗と元文の改鋳
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/feature_27.htm




すみません、長くなりましたが、

本題に戻ります。


スポンサーサイト

未分類コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 国債減→あなたの預金減ります[2]
≫次の記事 バランスシート不況[3]

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。